雀龍門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雀龍門
ジャンル PCオンライン麻雀ゲーム
対応機種 PC/AT互換機
Windows XP (SP3) / Vista (SP1) / 7
開発元 エヌ・シー・ソフト
運営元 エヌ・シー・ジャパン
人数 1〜4人
メディア ダウンロード
運営開始日 2009年12月11日
利用料金 未定
デバイス キーボードマウス
必要環境 CPU:Pentium4 1.6GHz 以上
メモリ:512MB以上
グラフィック:GeForce FX シリーズ以上 / Radeon 9000 シリーズ以上(VRAM 64MB以上)
通信速度:256Kbps以上
Microsoft DirectX 9.0c以上

雀龍門(じゃんりゅうもん、JanRyuMon)は、韓国のオンラインゲーム会社であるエヌ・シー・ソフト (NCsoft Corporation) が開発し、エヌ・シー・ジャパン (NC Japan K.K) が運営するオンラインゲーム

毎週火曜日午前7時〜午前10時に定期メンテナンスが行われる。2009年12月11日午後4時より正式サービスを開始した。

目次

特徴

エヌ・シー・ジャパンが運営する3Dの麻雀ゲームである。
3Dで繊細に描かれた麻雀牌と雀卓に、捨て牌の動き等に物理エンジンを搭載しており、に打牌した捨て牌同士がぶつかり合い牌がずれたりするなどの表現がなされている。また、プロ雀士の手さばきをモーションキャプチャーされたプレイヤーの対局者の手(3Dハンド)が精細に描画されており、打牌でドラを叩きつけて捨てる等、きめ細かい演出が盛り込まれている。副露や和了などで予め設定(性別など)しておいた声が流れるほか、多種多様な和了演出も多く、リアリティと臨場感を追求した作りになっている。

2010年4月15日現在、他のオンラインゲームで置かれているような複数のサーバは存在せず、ユーザはログイン時に相互移動可能なチャットチャンネル「雀龍門001」〜「雀龍門009」に自動で振り分けられる。対局時や対戦相手のマッチングを行う時など、チャット以外の要素はチャンネルに依存しない造りになっている。

ゲームシステム

対局モード

公式戦、友人戦、チュートリアルの3つのゲームモードが用意されており、そのうち公式戦と友人戦では半荘戦と東風戦を選択できる。
また、公式戦と友人戦では「雀珠(じゃんたま)」という雀龍門独自の仮想通貨をやりとりする。雀珠が一定ラインより少なくなると対局はできなくなるが、エヌ・シー・ジャパンのポータルサイト「plaync」[1]で一定数(5000)までチャージ(回復)することができる。雀珠の回復は一日に無料で何度でも行えるため、システム的に「対局ができなくなる」ことはない。

公式戦

メインとなる対局モード。公式戦に参加した時点で自動的に他の対局者とマッチングされ、雀龍門公式のルールで対局する。通常モードと昇龍モードにわかれていて、それぞれ東風戦と半荘戦を選択できる。 対局によって獲得した経験値によって等級が上昇する。 昇龍モードへの参加には、6級以上、雀珠25,000以上を所有することが条件となっている(雀珠の所持量が15,000を下回った時点で、この参加条件が取り消される)。

友人戦

知り合い同士でコードを設定することで知り合いとの対局ができるモード。ルーム作成者がいくつかのルールを変更できる(ぶっとび無し等)。 参加人数が4人に満たない場合は参加者を募集することもできる。公式戦モードと違い戦績に結果は記録されず、経験値の変動もない。参加制限は2500雀珠と公式戦モードより低い。

チュートリアル

麻雀や雀龍門の経験が浅いプレイヤーに向けたモード。 CPU戦では、公式東風戦のルールでコンピュータとの対戦が行える。戦績は残らず、経験値の変動や雀珠のやりとりは行われない。 雀龍門のマスコットキャラとも言える「メイリン」が麻雀の基本的なルールなどを教えてくれる「麻雀講座」も閲覧できる。

ルール

以下は公式戦(通常卓・昇竜卓)でのルール。友人戦ではこれらの一部ルールを変更することができる。

喰い断あり。友人戦で変更可能。
後付けあり。友人戦で変更可能。
喰い換えなし。友人戦で変更可能。
振聴立直あり
リーチ後の見逃しあり
数え役満あり、重ね役満あり
大四喜はダブル役満
国士無双十三面待ちはダブル役満
純正九蓮宝燈はダブル役満
四暗刻単騎待ちはダブル役満
人和大車輪あり。友人戦で変更可能。
人和、大車輪以外のローカル役はなし
緑一色は發なしでも成立
国士無双は暗槓槍槓あり
四槓子は雀頭まで揃えて成立
包(パオ)は大四喜と大三元にのみ適用
和了
親聴牌で連荘あり
形式聴牌あり。友人戦で変更可能。
二翻縛りなし。友人戦で五本場からありに変更可能。
三家和あり。友人戦で変更可能。親が和了していれば連荘する。
流局
九種九牌による流局あり、親の連荘あり。
四風連打による流局あり、親流れ。
四開槓による流局あり、親流れ。
四家立直による流局なし続行。
三家和による流局なし。
得点計算
配給原点・返し点は東風戦では20000点持ちの25000点返し、半荘戦では25000点持ちの30000点返し。友人戦で変更可能。
はゴットー。友人戦でワンツー若しくはなしに変更可能。
ピンヅモあり、20符として計算。友人戦で変更可能。
七対子は25符二翻として計算
喰い平和形は30符として計算
切り上げ満貫なし
ぶっとびあり、0点ジャストはとび。友人戦で変更可能。持ち点1000点以下でのリーチはできない。
ドラ
裏ドラあり。友人戦で変更可能。
槓ドラあり。友人戦で変更可能。
裏ウラあり。
赤牌3枚あり。友人戦で4枚若しくはなしに変更可能。

雀珠

雀珠とは、雀龍門内での仮想通貨で、各種対局によって獲得、消費するほか、後述する装飾アイテムの購入に使うこともできる。
雀龍門を初めてプレイする時に10000雀珠が支給されるほか、専用ページ[2]にて所持雀珠が5000未満の場合には一律5000雀珠まで無料でチャージできる。 各モードにおいての変動公式は以下の通り。

種類 参加資格 雀珠変動
通常卓 5000雀珠以上所持 (終了時の得点 - 原点)/10がプラスされる。
 昇龍卓 東風  6級以上かつ、25000雀珠以上所持
(15000より少なくなると資格停止)
通常卓の3倍の変動。加えて、トップ以外は全員、浮き終了なら-1000、沈み終了なら-2000の「場珠」を支払う。
昇龍卓 半荘 通常卓の3倍の変動。加えて、トップ以外は全員、浮き終了なら-1500、沈み終了なら-3000の「場珠」を支払う。
友人戦 東風 2500雀珠以上所持 トップ以外は全員、-1500の「場珠」を支払う。得点などによる変動はなし。
友人戦 半荘 トップ以外は全員、-2500の「場珠」を支払う。得点などによる変動はなし。

プレイスタイル

ユーザーの打ち筋によって、「攻撃」「防御」「策略」のパラメータが変動し、その割合によって以下の7種類あるプレイスタイルが振り当てられる。

「攻撃」「防御」「策略」が平均的な場合。雀龍門を初めてプレイする時はこのプレイスタイルになる。
「攻撃」のパラメーターが高い場合
「防御」のパラメーターが高い場合
「策略」のパラメーターが高い場合
「攻撃」と「防御」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「策略」は低い場合
「防御」と「策略」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「攻撃」は低い場合
「策略」と「攻撃」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「防御」は低い場合

アバター

ゲーム画面に表示されるアバターは、「plaync」[1]で設定するものと同一となる。
このアバターは同サイトで装飾でき、衣服や髪型などの購入には同サイトの仮想通貨である「パール」を消費する。「パール」を獲得するには、同社が運営する月額制のゲームの決算やアイテムの購入に用いる別の通貨である「カイモ」(1カイモ=1円相当)をチャージする必要があり、雀龍門のゲームアイテムは後述する「雀珠」を消費して購入するため、そのようなゲームをプレイしていないユーザは実質的に(plaync初回登録時に獲得できるものを除いて)パールを得ることができない。

ゲームアイテム

現在、雀龍門に存在するゲームアイテムは以下のとおりとなる。
装飾アイテムには男性用、女性用、共用のものが存在し、カイモ(課金制のplaync内仮想通貨)で購入する永久利用のものと、雀珠を消費して交換する期間制のものがある。

  • 指輪 … 指に装着する装飾アイテム。人差し指、中指、薬指に装着するものがある。
  • 腕輪 … 腕に装着する装飾アイテム。他に、ブレスレット、プレート、腕時計も存在する。
  • 刻印 … 手の甲に装着する装飾アイテム。刺青のようなもの。
  • ネイル … 爪に装着する装飾アイテム。ネイルのみ、共用が存在しない。
  • 名前変更チケット … 雀龍門ニックネームを変更することができる対局アイテム。
  • 戦績イレーザー … 公式戦での対局記録を初期化することができる対局アイテム。使用時の経験値、級および段は初期化されない。
  • 長考チケット … 副露や摸打の制限時間を長くすることができる対局アイテム。1局につき1度しか使用できない。

脚注

今日は何の日(10月18日

もっと見る

「雀龍門」のQ&A