雁えりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雁 えりか(かり えりか、12月10日 - )は、日本漫画家イラストレーター。女性。

略歴[編集]

ペルソナシリーズ』を含む『女神転生シリーズ』、『アンジェリークシリーズ』を始め、様々なゲーム4コマ・アンソロジーの執筆を経て、スタジオDNA(現・一迅社)刊のBLゲーム情報誌『微熱王子』では、『王子さまLv.1』の4コマを12号に渡り連載。その後、2002年コミックZERO-SUM』(一迅社)に掲載された 『バンパイアドール・ギルナザン』にてオリジナルデビュー。同作品は2008年に『コミックZERO-SUM増刊WARD』に移籍し、同年に完結した。『でんぱら!』を『まんがぱれっとLite』(一迅社)にて2008年から2009年まで連載。2011年には芳文社まんがタイムLovelyにて、同誌休刊まで『子執事は社長の夢を見るか?』を連載。他、ゼロサムオリジナルアンソロジーシリーズArcana(一迅社)やDNAメディアコミックス(一迅社)他にて、オリジナルやゲーム、アニメ、漫画のアンソロジーコミックを現在に至るまで多数執筆。

集英社Cobalt』、コバルト文庫にてイラストレーターとしても活動している。

2012年より、海外ロマンス「ハーレクイン」のコミカライズを手掛けるが、本人曰く「小学生でも読める」ハーレクイン作品としており、成人向け描写などを避けている。

近年は学研プラスにて小学生向け学習漫画も手掛ける。

『コミックZERO-SUM』で連載されている『ストレンジ・プラス』の作者・美川べるのらと交友があり、同人活動も行っていた。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

  • SON OF A DOLL(光文社、全1巻) - 同社より刊行された『女神異聞録ペルソナ』及び『ペルソナ2罪・罰』のアンソロジーに掲載された作品をまとめたもの。
  • バンパイアドール・ギルナザンコミックZERO-SUMコミックZERO-SUM増刊WARD一迅社、2002年 - 2008年、全6巻)
  • でんぱら!(まんがぱれっとLite、一迅社、2008年 - 2009年、全1巻)
  • 子執事は社長の夢を見るか?(まんがタイムLovely芳文社、2011年、未単行本化)
  • 許しの天使(原作:ロザリー・アッシュ、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2012年)
  • 突然シンデレラ(原作:ローリー・ハーター、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2013年)
  • クリスマスは愛のとき(原作:キャロル・モーティマー、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2015年)
  • 悲しみの館(原作:ヘレン・ブルックス、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2017年)
  • 愛を忘れたプリンス(原作:レイ・モーガン、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2018年)
  • シークに愛された一夜(原作:テッサ・ラドリー、株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン、2018年)

小説挿絵[編集]

  • 洞天茶房菜単 〜中華奇譚品書き〜 美男の供す佳き仙茶(真堂樹、コバルト文庫、集英社、2010年)
  • 洞天茶房菜単 〜中華奇譚品書き〜 絵に描いた妖しき桃(真堂樹、コバルト文庫、集英社、2011年)
  • おいしい乙女の作り方(椎名鳴葉、コバルト文庫、集英社、2013年)

学習誌[編集]

  • 検証!歴史ミステリー2 坂本龍馬暗殺の犯人はだれ?~真実はどれだ?歴史バトル~(学研プラス、2014年)
  • いのちと未来を守る防災③『噴火』(学研プラス、2016年)