雄二・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雄二ゴメス
基本情報
本名 ユージニオ・ゴメス
階級 フェザー級
スーパーバンタム級
身長 165cm[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1972-06-11) 1972年6月11日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 21
KO勝ち 20
敗け 5
テンプレートを表示

雄二ゴメス(ゆうじゴメス、1972年6月11日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サウスブロンクス出身の在日アメリカ人AV男優

プロボクサー。本名はユージニオ・ゴメス (Eugenio Gomez)。元日本フェザー級王者、石川ボクシングジム所属。日本記録7連続1ラウンドKOの記録保持者。

経歴・人物[編集]

ニューヨーク、サウスブロンクス地区で出生。父親はプエルトリコ人で、母親がドミニカ共和国人であることから、自身のトランクスにはルーツでもある2つの国旗を張っていた。

高校時代はパワーリフティングの選手(初めて出場したフロリダの大会では、ベンチプレスで150キロを記録し優勝。現在でも、その記録は破られていない)であったが、高校卒業後、アマチュアボクシングを始めた。

1998年に来日後、八王子中屋ジムに入門。1999年3月30日にユウジ・ゴメスリングネームでプロデビューすると、東日本、全日本の各新人王を獲得。第5戦目から11戦目まで7連続初回KO勝利の日本新記録を樹立し、これを機にリングネームを雄二ゴメスに変更した。その後も第13戦目まで連勝を続け、デビューから2年で日本フェザー級王座を獲得するも防衛はできなかった。

2004年に一度は引退したが、石川ジムに移籍し、リングネームを雄二ゴメスIIと改め、階級をスーパーバンタム級に下げて、2007年7月12日に3年半振りにリングに復帰し、復帰後3戦行ったが、2009年6月11日に37歳に達し、ライセンス失効。

2013年、AV男優に転身[2]。2013年10月31日に最初のDVDが発売され、現在3タイトルのDVDにAV男優として出演中。売り文句は「サルサをこよなく愛する男。極上のラテン製28センチのイチモツをひっさげて富と名声、全てを捨てて人生を女に賭ける天性の女好き!そこには愛がある!」[3]

戦歴[編集]

  • 1999年3月30日、八王子中屋ジムからフェザー級でプロデビュー。鴇田孝信(本多)と対戦し、初回KO勝ちを収める。
  • 5戦目(1999年11月6日)、東日本新人王決勝戦で阪東ヒーロー(Hカドタ)と対戦し、初回KO勝ちにより、第56回東日本フェザー級新人王を獲得。
  • 6戦目(1999年12月18日)、全日本新人王決定戦で廣瀬淳(福岡帝拳)と対戦し、初回KO勝ちにより、第46回全日本フェザー級新人王を獲得。
  • 11戦目(2000年10月8日)、ディノ・オリベッティ(フィリピン)と対戦し、初回KO勝ちにより、7連続初回KO勝ちの日本新記録を達成。
  • 13戦目(2001年3月11日)第22回チャンピオン・カーニバル横浜アリーナで木村鋭景(帝拳)の日本フェザー級タイトルに挑戦し、8回TKO勝ちにより、第48代日本フェザー級王者となる。
  • 14戦目(2001年6月16日)、李東国(韓国)とノンタイトル10回戦を行い、初回KO負けで初黒星を喫する。
  • 15戦目(2001年9月1日)、日本フェザー級の初防衛戦で洲鎌栄一(尼崎)の挑戦を受け、6回KO負け。日本王者陥落。
  • 20戦目(2003年3月23日)、大之伸くま(福間S)の日本フェザー級タイトルに挑戦するも、初回KO負け。
  • 23戦目(2004年1月21日)、福原力也ワタナベ)と対戦。8回KO負け(この後9月18日に後楽園ホール引退セレモニーを行っている)。
  • 24戦目(2007年7月12日)、3年半振りにリングに復帰。モンコンノーイ・ポルクラハン(タイ)と対戦し、再起戦を3回TKO勝ちで飾る。
  • 26戦目(2008年4月10日)、梶山友揮(平石)と対戦し、8回判定負け(1-2)。最後の試合となる。

獲得タイトル[編集]

  • 第56回東日本フェザー級新人王
  • 第46回全日本フェザー級新人王
  • 第48代日本フェザー級王座(防衛0)

出演作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

2013年
  • 雄二ゴメス loves 001 人妻 羽月希 28歳(10月31日発売 プラム
  • 雄二ゴメス loves 002 AV女優 水澤まお 25歳(11月30日発売 プラム)
2014年
  • 雄二ゴメス loves 003 人妻 青木真希 38歳(1月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 004 人妻 小池絵美子 39歳(2月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 005 秋葉原メイド喫茶店員 小司あん 20歳(3月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 006 人妻 小野麻里亜 27歳(4月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 007 新橋OL 京野結衣 24歳(5月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 008 現役ナース 遠藤あいこ 26歳(7月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 009 片瀬○奈っぽい現役CA 26歳(8月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 010 M体質な婦警さん 横山みれい 29歳(9月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 011 JKエビぞり 石原あい 18歳(10月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 012 AIKA(11月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 013 宮澤みほ(12月1日発売 プラム)
2015年
  • 雄二ゴメス loves 014 OL 篠田ゆう 23歳(1月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 015 秋葉原で働く地下アイドル りえ 20才(2月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 016 わたし処女。まり 1●才(3月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 017 栃木県ご当地アイドル みおり 19才(4月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメス loves 018 人妻 静香さん 38歳(5月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメスと7人の女たち Vol.1(6月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメスと7人の女たち Vol.2(7月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメスと7人の女たち Vol.3(8月1日発売 プラム)
  • 雄二ゴメスと7人の女たち Vol.4(9月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.1 椎名綾、神田美咲、藤井凜(11月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.2 小嶋なな、椎名綾、神田美咲(12月1日発売 プラム)
2016年
  • 月刊 エロごめす Vol.3 藤井凜、神田美咲、白河里奈(1月8日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.4 藤井凜、八咲唯、小嶋なな(2月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.5 朝桐光、小嶋なな、白河里奈(3月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.6 高瀬杏、白河里奈、八咲唯(4月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.7 可愛まゆ、朝桐光、八咲唯(5月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.8 今宮なな、高瀬杏、朝桐光(8月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.9 今宮なな、高瀬杏、可愛まゆ(10月1日発売 プラム)
  • 月刊 エロごめす Vol.10 今宮なな、高瀬杏、可愛まゆ(12月1日発売 プラム)
2017年
  • ラクロス・アスリート女子校生 裕木まゆ(中田氏)シン・ゴメス 処女なのに28cmの黒チ◯ポ (2月1日発売 プラム)

出版関連[編集]

  • 東京スポーツ(月刊ゴメス)連載中
  • メンズ ナックル(エロトーーーク)
  • ザ・ベストSpecial
  • 実話ナックルズ
  • 週刊実話
  • 週刊実話ザ・タブー

Web関連[編集]

  • メンズサイゾー「俺はAV女優を尊敬している…」
  • ニコニコ生放送「AV向上委員会〜妄想研究所〜」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雄二・ゴメス(ボクシング) 第76回 21世紀の骨のあるヤツ (2001年6月12日)
  2. ^ ボクシング元フェザー級チャンプがAV男優に転身 日刊SPA! 2014年4月12日
  3. ^ ゴメスさん(○´∀`○) AV女優・モデル 羽月希 オフィシャルブログ 2013年07月29日23:30


前王者
木村鋭景
第48代日本フェザー級王者

2001年3月11日 - 2001年9月1日

次王者
洲鎌栄一