雄勝町 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おがつちょう
雄勝町
Flag of Okatsu Miyagi.JPG
雄勝町旗
Okatsu Miyagi chapter.JPG
雄勝町章
1964年10月制定
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
雄勝町河南町桃生町河北町北上町牡鹿郡牡鹿町
石巻市
現在の自治体 石巻市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
桃生郡
市町村コード 04563-2
面積 46.12km2
総人口 4,695
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 桃生郡河北町
牡鹿郡女川町
町の木 ユズリハ
町の花 ハマユリ
町の鳥
町の魚
イソヒヨドリ
どんこ(エゾイソアイナメ
雄勝町役場
所在地 986-1334
宮城県桃生郡雄勝町大字雄勝字伊勢畑84-1
座標 北緯38度31分22.1秒
東経141度28分14.2秒
Ogatsu-Miyagi.PNG
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

雄勝町(おがつちょう)は、宮城県北東部にあった、太平洋に面したである。2005年4月1日市町村合併により新生石巻市の一部となった。

雄勝硯の産地として有名である。

地理[編集]

宮城県北東部、太平洋に面する町である。町の面積の80%以上を山林が占める。雄勝半島は南三陸金華山国定公園に指定されている。気候は海洋性気候で、平均気温は約13℃である。

  • 山:硯上山、小渕山、明神山、石峰山、小富士山

歴史[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行により、雄勝浜村、明神浜村、名振浜村、船越浜村、大須浜村、熊沢浜村、桑浜村、立浜村、大浜村、小島浜村、水浜村、分浜村が合併し、十五浜村が成立する。
  • 1941年4月1日 - 十五浜村が町制施行し、雄勝町となる。
  • 1964年10月 - 町章を制定する。[1]
  • 2005年4月1日 -石巻市桃生町河南町河北町北上町牡鹿町と合併し、新制「石巻市」となった。

行政[編集]

  • 閉町時の町長:山下壽郎

経済[編集]

産業[編集]

  • 産業別就業人口(2000年国勢調査
    • 第一次産業:704人(28.9%)
    • 第二次産業:656人(27.0%)
    • 第三次産業:1,074人(44.1%)

地域[編集]

  • 2004年7月31日当時の世帯数は1,721世帯だった。

教育[編集]

中学校
雄勝町立雄勝中学校
雄勝町立大須中学校
小学校
雄勝町立雄勝小学校
雄勝町立船越小学校
雄勝町立大須小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内を鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR石巻線女川駅

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

レジャー[編集]

祭り・イベント[編集]

  • 春祈祷
  • 春季例大祭
  • 名振のオメツキ(宮城県指定無形民俗文化財
  • おがつクラフトフェア
  • おがつウニまつり
  • 三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング
  • おがつの芸祭 鼓舞
  • おがつホタテまつり

地域・伝統芸能[編集]

名産品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石巻地域合併協議会 慣行の取扱いについて