雄州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

雄州(ゆうしゅう)は、中国にかつて存在した五代十国時代から初にかけて、現在の河北省保定市東部に設置された。

概要[編集]

959年顕徳6年)、後周が北伐により関南の地を奪回すると、瓦橋関が雄州と改められた。易州容城県涿州帰義県が分割されて、雄州に属した[1]

1113年政和3年)、北宋により雄州は易陽郡の郡号を受けた。雄州は河北東路に属し、帰信・容城の2県を管轄した[2]

1129年天会7年)、により雄州に永定軍節度使が置かれた。雄州は河北東路に属した。1154年貞元2年)、雄州は中都路に転属した。雄州は帰信・容城・保定の3県を管轄した[3]

のとき、雄州は保定路に属し、帰信・容城・新城の3県を管轄した[4]

1368年洪武元年)、により新城県が北平府に転属した。1369年(洪武2年)、州治の帰信県が廃止され、雄州に編入された。1374年(洪武7年)、雄州は雄県に降格され、容城県は廃止された。雄県は保定府に属した。1380年(洪武13年)、容城県が再び置かれ、保定府に属した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 旧五代史』郡県志
  2. ^ 宋史』地理志二
  3. ^ 金史』地理志上
  4. ^ 元史』地理志一
  5. ^ 明史』地理志一