修辞学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
演説の練習をするデモステネス

修辞学(しゅうじがく、: ρητορική, rhētorikē: rhetorica: rhetoric)は、弁論・叙述の技術に関する学問分野。弁論術雄弁術説得術レートリケーレトリックともいう。

西洋に古くからある学問分野で、その起源は古代ギリシアにさかのぼる。中世ヨーロッパでは大学自由七科の一つに数えられた[1]。現代でいうレトリック修辞技法文彩)とはやや意味が異なり、基本的には演説技術で、聴衆の説得扇動感化を目的とするかなり政治的なもの[2]。そのため修辞学では、聴衆を丸め込む心理操作の技術が大きな位置を占め、さらに演説者の身ぶり発声法なども重要視された。つまり、修辞学は文彩だけでなく、言語学政治術・思考法・感情分析・演技論などの総体だった。

歴史[編集]

古代ギリシア[編集]

レートリケー(希: ρητορική)という学問は、紀元前5世紀ポリス社会のギリシアで生まれた。元々はシケリア法廷弁論において発達した技術であり[3]、創始者はコラクス英語版とその弟子のテイシアス英語版とされる[4]。当時のギリシアでは、法廷だけでなくアゴラ(広場)やプニュクスアテナイ民会の政治演説台の丘)など、様々な場面で弁論・演説が行われていた。そのため、レートリケーを生業にするロゴグラポスという職業、あるいは雄弁家という肩書きが存在した。なかでも、イソクラテスら当時のアッティカ地方(アテナイ周辺)で活躍した雄弁家たちは、「アッティカ十大雄弁家」として後世に語り継がれている。そのようななかで、ソフィスト達はレートリケーを教育科目の一つとして世に広めていた。

プラトンは、そのような当時のレートリケーの流行に反発した。プラトンはその著作群(対話篇)のなかで、ソクラテスにレートリケーの手法ではなくディアレクティケー問答法弁証法)の手法で語らせることにより、真理正義の探求ではなく聴衆の誘導を目的とするレートリケーに対抗した。とくに『ゴルギアス』や『パイドロス』では、レートリケーを主題的に取り上げて批判している。

一方、アリストテレスは師匠のプラトンとは異なり、レートリケーとディアレクティケーを相通じる技術として捉えた。アリストテレスの著書『弁論術』では、先行する諸学説をまとめてレートリケーを体系化した。そのほか、『弁論術』の関連著作に『詩学』『トポス論』『ソフィスト的論駁について』などがある。アリストテレスはレートリケーを論理学と似て非なるもの、えせ論理学のようなものと捉えていた(エンテュメーマ)。

古代ローマ[編集]

アリストテレスやイソクラテスの影響のもと、古代ローマでも修辞学(羅: rhetorica)は流行した。とりわけ、キケロ『弁論家について』やクィンティリアヌス『弁論家の教育』によって体系化が進められた。

修辞学の五分野が確立したのもこの時代である。五分野とはすなわち、1.「発見」(Inventio)2.「配列」(Dispositio)3.「呈示」(Elocutio)4.「記憶」(Memoria)5.「発話」(Pronuntiatio)をさす(定訳は無い)[5]。特に、「発見」は主題を選別し決定するという技法を指し、トポス(演説のための常套句)を収集し、演説のときの助けにするというのが欧州中世の教養の大部分を占めた。

また、古代ギリシアへの憧憬から、アッティカ方言のギリシア語弁論を模範とする弁論も流行した(第二次ソフィスト思潮)。そのような流行を継ぐ形で、ビザンツ帝国においても、コンスタンティノープル大学を中心地として修辞学が扱われた(Byzantine rhetoricビザンティン哲学)。

中近世[編集]

中世前期のヨーロッパでは、ボエティウスカペッラカッシオドルスらによって修辞学が扱われ、のちの大学の自由七科に繋がった。

中世イスラム世界イスラム哲学においても修辞学は扱われた。とりわけ、アリストテレスの『弁論術』が他の著作と同様にファーラービーイブン・ルシュドに受容された。その後、12世紀ルネサンスを経てトマス・アクィナスにも受容された。『弁論術』はルネサンス期に度々印刷翻訳され、17世紀ホッブズに注目されたりした。[6]

14世紀ルネサンス期には、ペトラルカをはじめとする人文主義者によって、イソクラテスやキケロの伝統の復興が進められた[7]16世紀には、イエズス会の教育計画において修辞学が中心に位置付けられた[7]。近世にはそのほか、ヴィーコの思想において修辞学的な思考法が重要視されたり[8]ラモン・リュイジョルダーノ・ブルーノらによって上述の「記憶」(記憶術)が、修辞学から半ば独立すると同時にヘルメス主義などと合わさって流行したりした[9][10]

近世ヨーロッパの修辞学は、様々な美術に影響を与えることもあった。例えば、記憶術の思考法が、ルネサンス期の庭園植物園の造園や建築に影響を与えることもあった[9][10]。あるいは、バロック音楽音楽理論に修辞学が取り入れられることもあった(音楽修辞学)[11]

現代[編集]

近代以降、修辞学はさまざまな学問に分化し、あくまで言語表現に磨きをかける技術、という領域に押し込められていった。

ただし、20世紀後半以降、様々な観点から伝統的な修辞学が再注目されることもある。具体的には、現代言語学文学理論ディベート術、プレゼンテーション術、コミュニケーション学非形式論理学議論学クリティカルシンキングアカデミックライティング英語版などの観点から再注目される[12][13]。とりわけ、ロラン・バルトポール・リクールカイム・ペレルマングループμ英語版が修辞学について詳細に論じている[14]。また、マクルーハンメディア研究に影響を与えたり、ビジュアルコミュニケーションにおける「ビジュアル・レトリック」として転用されたりしている。そのような背景のもと、日本でも、佐藤信夫三輪正澤田昭夫中村明ら多くの学者がレトリックについて論じている[14]

主な原典文献[編集]

以下のほかにも、主要文献の日本語訳が、主に1990年代から京都大学学術出版会「西洋古典叢書」の一環として順次刊行されている[15]。2010年代には、岩波書店から「新版アリストテレス全集」も刊行されている[15]

脚注[編集]

  1. ^ cf. Conley, T.M. (1990). Rhetoric in the European Tradition. University of Chicago Press  Kennedy, G.A. (1994). A New History of Classical Rhetoric. Princeton University Press. ISBN 9780691034430 
  2. ^ The definition of rhetoric is a controversial subject within the field and has given rise to philological battles over its meaning in Ancient Greece. See, for instance, Johnstone, Henry W. Jr. (1995). “On Schiappa versus Poulakos”. Rhetoric Review (Spring) 14:2: 438-440. 
  3. ^ 『プラトン全集 10』 p239 岩波書店
  4. ^ 『パイドロス』 プラトン/藤沢令夫, 岩波文庫 p181
  5. ^ 奥山 2008, p. 49.
  6. ^ 堀尾耕一「解説 弁論術」『新版 アリストテレス全集18』岩波書店、2017年。ISBN 9784000927888。
  7. ^ a b 浅野 2018, p. 206.
  8. ^ 浅野 2018, p. 207.
  9. ^ a b フランセス・イエイツ著、玉泉八州男監訳、青木信義訳『記憶術』水声社、1993年。
  10. ^ a b 桑木野幸司『記憶術全史 ムネモシュネの饗宴』講談社〈講談社選書メチエ〉、2018年。
  11. ^ 堀江英一「音楽修辞フィグーラの概念による小学校歌唱共通教材の表現法」『富山国際大学子ども育成学部紀要』第2巻、2011年。
  12. ^ Groarke, Leo (2020). “Informal Logic”. In Zalta, Edward N.. The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Spring 2020 ed.). Metaphysics Research Lab, Stanford University. https://plato.stanford.edu/archives/spr2020/entries/logic-informal/ 
  13. ^ 『メディア・レトリック論』青沼智、池田理知子、平野順也 共編、ナカニシヤ出版、2018年。ISBN 978-4779512711。
  14. ^ a b 浅野 2018, p. 209.
  15. ^ a b 『論証のレトリック』文庫版解説|ちくま学芸文庫|納富 信留|webちくま” (日本語). webちくま. 2020年9月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 浅野楢英 『論証のレトリック』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2018年 [初出 1996年 講談社現代新書]。ISBN 978-4480098603。 納富信留 解説)
  • 奥山藤志美 「西欧の弁論・修辞学概論」 『秋田英語英文学』 50号 秋田英語英文学会、2008年http://hdl.handle.net/10295/1527 
  • 菅野盾樹編 『レトリック論を学ぶ人のために』 世界思想社、2007年。ISBN 978-4790712671。 
  • 廣川洋一 『イソクラテスの修辞学校』 講談社〈講談社学術文庫〉、2005年 [初出 1984年 岩波書店]。ISBN 978-4061597181。 

関連項目[編集]