雅慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雅慶(がきょう・がけい、生年不詳 - 長和元年12月25日1013年2月8日))は、平安時代中期の真言宗。父は宇多天皇の皇子敦実親王。渚ノ僧正とも称される。生年については、924年・926年・932年とする説がある。

寛朝僧正のもとで得度し、寛朝から灌頂を受けて勧修寺長吏となった。ついで元杲(げんこう)から灌頂をうけ、真言宗広沢流・小野流双方の法を受けた。986年寛和2年)に仁和寺別当998年長徳4年)に東寺一長者兼高野山座主となり、翌999年(長徳5年)には東大寺別当に任じられた。1002年長保4年)に僧正、1011年寛弘8年)には大僧正に任じられ、一条院で大蔵経供養を行い、宝満院を創建した。