雅樹ちゃん誘拐殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
雅樹ちゃん誘拐殺人事件
場所 日本の旗 日本東京都杉並区上荻窪一丁目118番地[注 1](加害者M宅・殺害現場)[1]
日付 1960年昭和35年)5月
16日8時過ぎごろ(被害者を誘拐)[2]18日6時ごろ(殺害)[3] (UTC+9)
概要 多額の借金を重ねた元歯科医師の男が、身代金を得るために裕福な家庭の子供を誘拐することを企て、登校中の男児を誘拐[4]。男児の家族に身代金を要求したが失敗に終わり、2日後に男児を殺害した[5]
攻撃手段
  • (誘拐方法)言葉巧みに被害者を騙して誘拐し[1]睡眠薬で眠らせる[3]
  • (殺害方法)ガスを吸入させて一酸化炭素中毒死させる[3]
攻撃側人数 1人
凶器 都市ガス一酸化炭素を含有)
死亡者 1人
被害者 小学生男児(当時7歳・慶應義塾幼稚舎2年生)[3]
犯人M・S(元歯科医師[6]・事件当時32歳)
対処 加害者Mを警視庁が逮捕・東京地検が起訴
刑事訴訟 死刑上告棄却により確定[7]執行済み[8]
影響 誘拐事件における報道協定締結のきっかけとなった[9]
管轄
テンプレートを表示

雅樹ちゃん誘拐殺人事件(まさきちゃんゆうかいさつじんじけん)は、1960年昭和35年)5月16日 - 18日にかけ、東京都で発生した身代金目的の男児誘拐殺人事件[10]

歯科医師の男M・S[6](本事件当時32歳/以下「M」)が、裕福な家庭の子供を誘拐して家族から身代金を脅し取ることを考え[2]、東京都世田谷区玉川等々力町在住の小学校2年生男児(当時7歳・慶應義塾幼稚舎に登校中/以下「被害者」)を誘拐[1]。Mは杉並区上荻窪[注 1]の自宅で、男児を睡眠剤で眠らせていたが[11]、思うように身代金を得ることはできず、誘拐事件を詳細に報道した新聞記事を読んで狼狽していたところ、男児の呼吸・脈拍が弱くなっていることに気づいたため、殺害を決意[3]。男児に都市ガスを吸入させて一酸化炭素中毒死[注 2]させ、死体を積んだ車を杉並区上高井戸の路上に放置した[3]

登校中の児童が誘拐・殺害された本事件は、被害者と同じ学校に通う児童やその父兄だけでなく、日本各地の児童やその父兄をはじめ、社会に異常な衝撃と深刻な不安を与えた[12]。また、報道各社は本事件を教訓に、誘拐事件が発生した際は犯人逮捕か、人質の安否が確認されるまで報道を自粛する方針(報道協定)を締結した[9]

事件の経緯[編集]

以下、時刻はUTC+9 (JST) の24時間表記で統一する。

1960年5月16日 慶應義塾幼稚舎の2年生であった、世田谷区のカバン製造会社の社長の長男である被害者が、幼稚舎に登校するため自宅近くのバス停を出る。
幼稚舎の栄養士が、目黒駅付近のバス停で1人の男(以下「M」)に連れられて学校とは反対方向に歩く被害者を目撃(栄養士は翌17日捜査員に証言した)。
11時過ぎ 被害者宅にMから電話。
「メモを用意してください。お宅の息子さんを預かってます。女中さんに200万円を包んだ風呂敷包みだけを持たせて、15時(午後3時)ごろ信濃町駅に来させて、神宮外苑を一周し、千駄ケ谷駅に出て、タクシー池袋に出て、そこから西武電車大泉学園駅を降り、都民農場行きのバスに乗って、終点で降りて、バス通りを川越鉄道まで出てから、都民農場まで後戻りさせなさい。警察に届けないこと。約束さえ守れば1時間以内に子供(被害者)を返します。200万円は新札ではダメです」
電話を受けた被害者の母親は、幼稚舎に問い合わせて被害者が登校していないことを知る。
12時30分過ぎ 被害者の父親と幼稚舎が各々被害届を提出、秘密裏に捜査を開始。
14時30分ごろ Mから被害者宅に電話。
「お金は用意できましたか?お子さんは大丈夫ですよ。何もひどいことはしてないし、女がそばにいるから大丈夫です。子供さんは眠っています。睡眠薬を飲ませたので」
この電話の後で被害者宅のお手伝いの女性が、現金に見せた新聞紙を風呂敷に包み(1回目の脅迫電話の指示通り)移動。捜査員が張り込んだものの犯人は現れず、この日は何の連絡もなく終わる。
15時30分ごろ ある女性が杉並区上荻窪在住の歯科医師M宅を訪問。玄関に鍵がかかっておらず、M宅の家主の夫人と二人でM宅に入ったところ、玄関に児童用レインコートや白襟の付いた上着や紺色のフェルト帽子が放りっぱなしになっており、奥の四畳半に7つぐらいの男の子が寝ていた。女性はその男の子に「どうしたの?」と尋ねたところ「病院のおじさんと目黒から来た」と返事をする。
1960年5月17日 11時30分 新宿区柏木に住む『太田芳男』と名乗る人物から「300万円を持って1時より新宿地球座(映画館)で連絡を待て。約束を守らないと取引を打ち切る」という内容の電報が届く。新宿電報局に照会したところ、9時57分ごろ送信されたことが判明。
13時 被害者宅のお手伝いの女性が電報の指示に従って地球座に行くものの、Mは接触せず。
19時ごろ Mから電話。
「約束を破った。警察官が付いていた。今度は約束を守ってください。20時(午後8時)30分に大泉学園からバスで大泉風致地区で降り、左に折れて突き当たったら戻ってください。そこで取引をする」
20時ごろ 被害者宅のお手伝いの女性が脅迫電話通りに移動。捜査員も張り込むが、またもMは現れず。
23時20分ごろ Mから被害者宅に電話。
「尾行させていた。今度金を取引する場所、時間は後で連絡する」
これ以降、Mは一切の接触を断つ。
一方、捜査本部には「被害者らしい子どもがテレビを見ている」というM宅のお手伝いの通報があったものの、捜査陣はあまり重要視しなかった。
1960年5月18日 朝方、マスコミが誘拐事件を報道。16日午後にM宅を訪ねた女性が、目撃した男の子は被害者なのではと近所の派出所へ通報。これを受けて捜査陣がM宅への張り込みを開始。
20時30分ごろ M宅前に停まっていたルノーが突如急発進、捜査員が乗用車で追跡するも見失う。
1960年5月19日 朝方 M宅前に停まっていたルノーが杉並区上高井戸の路上で放置されているのを主婦が発見、被害者は後部座席から米俵状のものに包まれた遺体で見つかる。

事件の解決[編集]

犯人である男M・S1928年昭和3年)4月3日生まれ[6]・本事件当時32歳]は殺人などの被疑者として全国に指名手配されたが、7月13日、大阪府布施市(現:東大阪市)の工員の男性から「同居する男が指名手配犯に似ている」と交番に連絡があった。ハンドバッグの口金製造業に勤める「山田正五」なる人物が指名手配犯と顔がそっくりであるという。犯人のMには盲腸の手術痕があるという情報を得ていた警察は、「山田」と名乗る人物にもそれがあるのかを確認してほしいと依頼する。7月14日、工員の男性は「山田」と公衆浴場に誘ったが、それらしい跡は確認できなかった。

更にその3日後の17日、工員は「山田」の所持品を探ってみる。その「山田」のジャンパーのポケットにある手帳を見ると「誘拐事件に荷担(かたん)した」というメモが書かれてあり、「山田」と名乗ったMがその日の夕方警察に誘拐殺人の罪で逮捕された。

Mは多額(約170 - 180万円)の借金を抱え、金に困っていた1960年(昭和35年)5月上旬、フランスで起きた自動車王プジョー(同名自動車会社の経営者)の孫・エリックが誘拐され、多額の身代金を要求された事件[注 3]のことを偶然思い出し、エリック誘拐事件を手本に身代金を目当てにした誘拐事件をしようと企てる[2]。「狙うなら金を払いそうな金持ちの家の子供がいい」と思い付き、慶応幼稚舎の生徒を狙うこと[2]、さらに多くの児童が鉄道からバスへ乗り換える国鉄(現:JR東日本目黒駅周辺で連れ去るということも計画に挙げていた[注 4]

そして事件当日、Mは被害者に対し目黒駅で「お母さんに頼まれたので病院に行こう」と声を掛けて誘拐を図る。被害者は麻酔薬で眠らせたという。被害者宅の使用人に対し、場所を指定してあるので、そこに行くように指示を出した。都民農園付近は事件を起こす前日までに入念な下見を行い、逃げやすそうな場所に車を停めておいた。使用人の女性がバスでやってくると、逆の方向からバスで女性とMを追尾する警官を見つけたため、この日は受け取りを中止した。

事件2日目、指定した場所で女性を待ち合わせていると、Mは足を滑らせて肥溜めに落ちてしまい、ズボンとサンダルが汚れてしまったため家路に着く。そして3日目、犯人を特定しようと事件の詳細に至るまで過熱した報道を繰り返したメディアによって精神的に追い詰められたMは、薬の影響で衰弱状態となっていた被害者を殺害しようと決断。口にゴムホースを使ってガスを入れ[注 2]、その上で首を絞めて殺害。自宅を監視されていることを知って、あわてたMは死体を乗せて逃走するが、パトカーとすれ違い、杉並区内で車を乗り捨てると、横浜市から大阪市へと逃亡。最後は布施市で住み込みの工員として仕事をしていたという。

Mが手帳に記した内容は虚偽であった。これは、逮捕された際にも自分以外に主犯がいると思わせて捜査を撹乱し、また裁判で有利になるための欺瞞工作として準備したものであった。しかし皮肉にも、この手帳を工員に発見されたことで逮捕に至ることになる[9]

この事件は誘拐事件において過熱した報道を繰り返したメディアに深い反省を与え、報道協定が定着するきっかけにもなった[9]。この報道協定は、1963年(昭和38年)3月31日に東京都台東区で発生した吉展ちゃん誘拐殺人事件の際に初めて締結された。

判決[編集]

加害者Mは、営利誘拐恐喝未遂罪殺人罪死体遺棄罪被告人[7]として起訴された。刑事裁判第一審では、弁護人が「被告人Mは各犯行当時、(特に、殺人行為に至った当時は強度の)心神耗弱状態にあった」と主張し[13]精神鑑定が実施された。しかし、島崎敏樹東京医科歯科大学教授医学博士)が1960年10月4日 - 1961年(昭和36年)2月24日にかけ、144日間の精神鑑定を実施した結果[14]、「Mが事件当時、精神病に罹患していた形跡は認められず、Mは周囲の事態を十分に弁識し、自己の行動を制御する能力および、行為の是非を判断する能力を十分に有していた」[注 5](=責任能力に問題はない)とする鑑定書が提出された[13]東京地方裁判所刑事第4部は[6]、その鑑定結果を採用して弁護人の「心神耗弱」主張を退け[15]、1961年3月31日の判決公判で被告人Mに死刑判決を言い渡した[6]

被告人Mは死刑判決を不服として控訴自身の大便を食べるなど、精神異常者のふりをした。控訴審では、改めて土井正徳による精神鑑定が実施され、「Mは犯行時、固有のヒステリー精神病質を基礎として、ヒステリー性偏執病(急性偏執病)の範疇に入るヒステリー性感動に罹患しており、知能(社会的是非善悪の弁識判断の機能)は普通の状態だったが、情意の統制機能(先述の弁識判断によって、自己の行為を抑制する機能)が普通の状態より著しく劣るものだった」(=Mは事件当時、心神耗弱状態だった)とする結果が出た[16]ため、控訴審の公判はいったん中断された。しかし、東京高等裁判所第1刑事部は[17]、「Mは本件により勾留された1961年1月中旬ごろから、拘禁反応と思われる症状を発症しているが、事件当時は心神耗弱状態だったとまでは言えない」として、弁護人の訴えを退け[18]1966年(昭和41年)8月26日に被告人Mの控訴を棄却する判決を宣告した[17]。翌1967年(昭和42年)5月25日最高裁判所第一小法廷岩田誠裁判長)も原判決を支持して被告人Mの上告を棄却する判決を言い渡した[7]ため、死刑が確定した。

死刑囚Mは拘禁反応によって一時的に冷静さを欠くような精神状態になり、収監先の東京拘置所から八王子医療刑務所へ移送された時期もあったが、その後治癒[8]1970年(昭和45年)10月29日10時、東京拘置所で死刑を執行された[8](42歳没)。

その他[編集]

本事件から9年後となる1969年(昭和44年)9月10日に東京都渋谷区で発生した正寿ちゃん誘拐殺人事件の刑事裁判では、東京地検検察官が被告人に死刑を求刑した際の論告で「同事件は本事件や、吉展ちゃん誘拐殺人事件と並ぶ三大凶悪事件」と陳述した[19]

死刑確定後、死刑囚Mが拘禁反応による異常行動を示したことから、精神鑑定としてロールシャッハ・テストが行われた。しかし、後に空井健三がその鑑定結果を数人の分析家に示したところ、全く見当違いの結果しか出なかったことため、それがテストの妥当性を疑う一つの論拠となっている[20]

奇跡体験!アンビリバボー』(制作:フジテレビジョン)の2015年3月12日放映分で、本事件が特集された[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 同住所は住居表示実施前のものであり、現住所とは異なる。杉並区の町名#旧町名も参照。
  2. ^ a b 当時、東京ガスが供給していた都市ガス石炭ガスの3Cで、ガス中に0.1 - 4%程度の一酸化炭素が含まれていた。
  3. ^ 同年4月に発生したが、同事件の被害者であるエリックは無事だった。
  4. ^ 当時はまだ地下鉄日比谷線は開通しておらず、慶應義塾幼稚舎の校舎へ向かうには、目黒駅か恵比寿駅のいずれかからバスに乗り換える必要があった。
  5. ^ 島崎は鑑定書で、「Mは冷情・利我欲求・顕示欲及び爆発性を濃厚に潜在させていた精神病質的人格者であって、犯行はすべてこの潜在的な以上欲求の源泉を有していたMが、生活の破綻を収拾しようと望んで着想・計画・実行した」と指摘した[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c 刑事裁判資料 1970, p. 242.
  2. ^ a b c d 刑事裁判資料 1970, p. 241.
  3. ^ a b c d e f 刑事裁判資料 1970, p. 244.
  4. ^ 刑事裁判資料 1970, pp. 241-242.
  5. ^ 刑事裁判資料 1970, pp. 242-244.
  6. ^ a b c d e 刑事裁判資料 1970, p. 239.
  7. ^ a b c 最高裁 1967.
  8. ^ a b c 名古屋矯正管区 1971, p. 16.
  9. ^ a b c d e "実録事件スペシャル★青年が体験した恐怖の6日間". 奇跡体験!アンビリバボー. 12 March 2015. フジテレビ系列. フジテレビジョン. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  10. ^ 刑事裁判資料 1970, 事件一覧表23頁.
  11. ^ 刑事裁判資料 1970, pp. 242, 244.
  12. ^ 刑事裁判資料 1970, p. 247.
  13. ^ a b c 刑事裁判資料 1970, p. 245.
  14. ^ 刑事裁判資料 1970, p. 323.
  15. ^ 刑事裁判資料 1970, pp. 245-246.
  16. ^ 刑事裁判資料 1970, p. 253.
  17. ^ a b 刑事裁判資料 1970, p. 249.
  18. ^ 刑事裁判資料 1970, pp. 253-254.
  19. ^ 毎日新聞』1972年2月5日東京夕刊第4版第二社会面8頁「正寿ちゃん殺しに死刑を求刑」(毎日新聞東京本社) - 『毎日新聞』縮刷版 1972年(昭和47年)2月号160頁
  20. ^ 村上宣寛『「心理テスト」はウソでした。受けたみんなが馬鹿を見た』日経BP、2005年3月30日、[要ページ番号]ISBN 978-4822244460。

参考文献[編集]

刑事裁判の判決文

新聞記事以下の参考文献において、記事名に実名が使われている場合、この箇所を伏字ないしイニシャルとする

  • 毎日新聞』1960年5月17日夕刊5頁「「天地堂」の長男を誘かい」
  • 『毎日新聞』1960年5月18日11頁「女づれの「オオタ」追及」
  • 『毎日新聞』1960年5月18日夕刊7頁「前に父を襲った犯人と同一人か」「ただもう帰して」
  • 『毎日新聞』1960年5月19日11頁「他の二学童もねらう」「雅樹ちゃん誘かい同じ男女?ニセ電話」
  • 『毎日新聞』1960年5月19日夕刊7頁「前日、近所の人が一報"M宅があやしい"」「警視庁、慎重すぎて黒星」「〝捜査の欠点〟と思えぬ 新井刑事部長」「おとなしそうな「M」金ほしさからの犯行」「悲しみの(雅樹宅)家」「前夜に「殺す」と予告」
  • 『毎日新聞』1960年5月20日10頁「雅樹ちゃんの悲劇は教える」「捜査が一本調子」「子供に悲しい警戒心」「地域の人の協力を〝マネ〟されるのが心配」
  • 『毎日新聞』1960年5月20日11頁「「母親の命も…」と電話」「雅樹ちゃん殺し昨夕また「M」から?」「18日、ガスで凶行?警官とスレ違いに逃走」「胃の中はカラ…ヒタイにコブ二つ」「Mにも三児 愛人つくり金ほしさ」
  • 『毎日新聞』1960年5月20日夕刊7頁「「M」都内に潜伏か 雅樹ちゃん殺し昨夜、三度も脅迫電話」「警官、店員らが警戒 不安におののく(雅樹宅)家」

関連項目[編集]