集団生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

集団生活(しゅうだんせいかつ)とは人間が行う生活の形式であり、多くの人間と関わり合いながら生活をするというものである。このような生活を行う場合には、そこでの個人というのは他者の存在意識し、自己を抑制しようという気持ちが求められる。集団生活というのは、人間の教育においても設けられる事柄である。人間にとっての初めて集団生活を行う場というのが幼稚園保育所といった教育機関であり、そこで自分を受け入れてくれる先生との信頼関係を基として、自分の居場所を確保して、安心感を持って自分のしたいことを行うようになるわけである。幼稚園・保育所という場では、友達と関わる機会も増し、その関わり合いの中で自己主張のぶつかり合いを経験したり、先生や友達と共にいる楽しさや充足感を味わい、社会性を育んでいくわけである[1]。集団生活を行ってきた度合いが、大人になってからの人間の能力にも影響を及ぼしているとのことである。社会人に求められている能力であるコミュニケーション能力であるが、これが高い人材というのが学生寮で集団生活を行ってきた者であるとのこと。大学生になれば、高校までのようなクラス単位での行動がなくなった時期であり、その時の学生寮という固定された場での集団生活が人間付き合いでのメリットになるとのこと。そのため学生寮に入っている学生ならば大学にすぐになじむことができたり、友達ができやすい。そして近年に問題となっている、大学で友達ができずに孤独感を持っているという心配も寮生は少ない。これらのことから就職活動においても社会人生活においても学生寮出身者が強いというわけである[2]

脚注[編集]