集積型金属錯体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

集積型金属錯体(しゅうせきがたきんぞくさくたい)とは、複数の金属錯体部位を有し、かつ単核錯体では発現しない機能を有する物質群の総称。現在のところ厳密な定義づけはなされていない。複核錯体、クラスター錯体、錯体結晶、配位高分子プルシアンブルー型錯体などが含まれる。

集積型金属錯体の機能として代表的なものに、ガス吸蔵能、分子包接能、電気伝導性、強誘電性磁性プロトン伝導性などが挙げられる。