雑記帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

雑記帳(ざっきちょう)とは一般には他人が読んでも構わない程度の個人の感想や意見などを記載するものである。

職場・教室学級クラス)・大学サークル等、限られた範囲で使用されるものはその仲間内での連絡に使われる場合もあるが一般には名所無人駅など直接的に管理するものがいない場所に設置されているものは、訪問者が自身の出身地やその場所に関する想い等を一般的に記載する(無人駅にあるものは主に駅ノートと呼ぶ)。しかし、中にはペンションホテル等の宿帳の補完の意味合いでその場所の「目安箱」という意味で設置されている場合もある。

また個人のそれは例えば夕食の書きつけや予定の覚え書きを記載することが多く、備忘録(びぼうろく)として使用している場合もある。

主に、大学ノート手帳が用いられる。

関連事項[編集]