難波作之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

難波 作之進(なんば さくのしん、慶應元年5月21日[1]1865年6月14日) - 大正14年(1925年5月25日)は、日本実業家政治家1923年虎ノ門事件で死刑となった難波大助は4男[2]

来歴[編集]

代議士当選まで[編集]

慶応元年周防国に生まれる。難波市蔵の長男[3]備中清水氏の後裔であり、地元では有名な名家であった。

幼いころから尊王思想を強く受け、子供たちにも厳しく教えてきたという。周防村の村長、県会議員などを経て、防長農工銀行取締役となる[2]1920年第14回衆議院議員総選挙に山口8区から出馬し、立憲政友会の加納庫三らを破って衆議院議員に当選[4]庚申倶楽部に所属する。

このころから、四男・大助の共産主義思想への傾倒が激しくなり、度々激しい論争をするようになる。

虎ノ門事件[編集]

1923年12月27日、大助が虎ノ門において皇太子摂政宮裕仁親王を狙撃するという事件を起こす(虎ノ門事件)。銃弾は外れ、皇太子は難を逃れるが、作之進は即日衆議院議員の辞表を提出。地元へ帰り蟄居した。周防村の村民は、難波家を見れば目が汚れる、と周りに高い土手を築いたといわれる。また、難波家は毛利輝元から拝領したとされる刀と感状などの文化財を多数所蔵していたが、持ち主の分かるものについては全て返還している(この時津山立石家との間で交わされた1925年4月8日付の葉書が残っている)。

大助は1924年11月15日に死刑を執行された。作之進は遺体の引き取りを拒み、自邸の門に青竹を打ちすべての戸を針金でくくって、三畳間に閉じこもり食を断ったという。その後、約半年後に餓死した。61歳没。選挙の地盤はのちに松岡洋右が引き継いだ。

難波家屋敷[編集]

難波家の屋敷は2015年現在も光市立野宮河内に存在するが、長らく住人はおらず、難波家は事実上断絶している。 屋敷傍に難波家の墓地があり、作之進らも葬られているが、墓碑に大助の名はない。

屋敷の土蔵である「向山文庫跡」(こうざんぶんこあと)は、先祖の難波覃庵が1883年に開設した文庫であり、1906年には一般開放し私立図書館となった。山口県初の図書館として1976年、光市指定史跡となっている。しかし整備はされておらず、解説板は立てられているが常駐の管理人等はいない[5]。土蔵は往時の姿を辛うじて留めているものの、屋敷全体の廃墟化が進んでおり、母屋は荒れ果て、板塀は倒壊、庭は自然に還りつつあるなど状態は悪い。「向山文庫」の扁額三条実美、その下方に位置する「仰高」の額は萩藩毛利元徳の筆である。なお向山文庫旧蔵書はすべて山口県立図書館、ついで山口県文書館に移され、1980年には光市文化センターに寄託された。

家族・親族[編集]

難波邸

難波家[編集]

山口県熊毛郡周防村(現在の光市))
  • 父・市蔵[3]
  • 弟・本蔵[3]
明治6年(1873年)8月生[3] - 没
  • 同妻・フサ(山本梅治長女[3]
明治14年(1881年)1月生[3] - 没
  • 妻・ロク[3]
明治4年(1871年)7月生[3] - 没
  • 男・正太郎[3]
明治24年(1891年)9月生[3] - 没
  • 三男・義人(吉田駒三郎の長女である登代の婿養子となる[6]
明治29年(1896年)8月生[6] - 没
虎ノ門事件の報に接し、吉田はただちに辞表を書いて提出したが、社長の岩崎小弥太から「その必要なし」と突き返された[7]

以来、吉田は小弥太が地方の事業所の視察に出かけると、小弥太の泊まった部屋の廊下に端座し、夜の白むまで動かなかった[7]

戦後、GHQの指令で三菱重工が23社に細分されかけた時、高官に接近して贈賄し、東日本・中日本・西日本の3社にとどまらせたのも吉田であった[7]。その後、吉田は新三菱重工業社長となった。

明治32年(1899年)11生 - 大正13年(1924年)11月没
  • 五男・健亮[3]
明治35年(1902年)9月生[3] - 没
  • 女・安喜子[3]
明治39年(1906年)11月生[3] - 没

脚注[編集]

[ヘルプ]