難波小野王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
難波小野王
続柄 丘稚子王?石木王?の皇女
称号 日本の皇后
身位 内親王皇后
出生 不詳
死去 仁賢天皇2年(489年)9月
配偶者 顕宗天皇(第23代)
子女 なし
父親 丘稚子王?石木王?(第21代雄略天皇皇子
母親 素性不詳
テンプレートを表示

難波小野王(なにわ の おののみこ、生年不詳 - 仁賢天皇2年(489年)9月)は、顕宗天皇皇后。難波小野女王とも。古事記には難波王(なにわのみこ)とある。

父はに丘稚子王(磐城皇子の子、磐城皇子は雄略天皇皇子)、石木王(磐城皇子と同一人物と考えられる)とある。母は未詳。子女無し。

顕宗天皇元年1月1日(485年2月1日)、顕宗天皇の即位と同日に皇后に立った。仁賢天皇2年(489年)9月崩御(自殺)。

系譜[編集]

  • 父方の祖父:磐城皇子(記では雄略天皇)
  • 父方の祖母:未詳(記では吉備稚媛
  • 父:丘稚子王(記では石木王)
  • 母:未詳
  • 夫:顕宗天皇