雨あがる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雨あがる』(あめあがる)は、山本周五郎短編小説。映像化もある。

小説[編集]

1951年7月にサンデー毎日増刊号に掲載。「おごそかな渇き」(新潮文庫)に所収。

映画[編集]

道場破り[編集]

道場破り (映画)」参照。

雨あがる[編集]

雨あがる
After the Rain
監督 小泉堯史
脚本 黒澤明
原作 山本周五郎
出演者 寺尾聰
宮崎美子
三船史郎
原田美枝子
音楽 佐藤勝
撮影 上田正治
編集 阿賀英登
配給 東宝アスミック・エース
公開 日本の旗 2000年1月22日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.5億円[1]
テンプレートを表示


あらすじ[編集]

職もなくあてのない旅をする武士「三沢伊兵衛」、そしてその妻「たよ」。 ある日大雨で足止めを喰らい、立ち寄った宿で、さまざまな人々の喧嘩に出くわす。 命危険を顧みず、仲を取り持つ伊兵衛。その一部始終は藩主の目に届くこととなる。 藩主は伊兵衛の人柄を気に召し「剣術指南番」として城に迎い入れようと申し出る。 職にありつけるかもしれない、大きな期待を胸に吉報を約束する伊兵衛。 しかし、事態は望まぬ方向へと進んでしまう・・・・・・・。 ・・・そして、雨上がる・・・。 晴々とした空、青青とした緑に誘われ再び当てのない旅に出る運びとなった三沢夫婦。 しかしながら、二人の心はいつにもまして晴れやかだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

黒澤は脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった。助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉が黒澤から聞いた構想や残されたノートを参考に補作して完成させたのが、この脚本である。

黒澤の通夜の時、黒澤久雄が「長年黒澤の側にいて尽くしてくれた小泉さんに、恩返しの意味も込めてこの作品の監督をしてほしい」と漏らしている。さらに数日後の黒澤のお別れ会のとき、黒澤組の皆を前に、小泉さんに監督をぜひやってもらいたいので皆協力してほしいと呼びかけ、その後監督として小泉は準備し、8ヶ月後にクランクインする。[2]

受賞[編集]

  • 第24回日本アカデミー賞
    • 最優秀作品賞
    • 最優秀脚本賞(黒澤明)
    • 最優秀主演男優賞(寺尾聡)
    • 最優秀助演女優賞(原田美枝子)
    • 最優秀音楽賞(佐藤勝)
    • 最優秀撮影賞(上田正治)
    • 最優秀照明賞(佐野武治)
    • 最優秀美術賞(村木与四郎
  • 優秀監督賞(小泉堯史)
    • 優秀助演男優賞(三船史郎)
    • 優秀主演女優賞(宮崎美子)
    • 優秀録音賞(紅谷愃一)
    • 優秀編集賞(阿賀英登)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2000年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2001年平成13年)2月下旬号、キネマ旬報社、2001年、 150頁。
  2. ^ 『黒澤明「夢は天才である」』文藝春秋1999年