雨の朝の少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雨の朝の少女
ジャッキー吉川とブルー・コメッツシングル
B面 哀愁のパリ
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル 日本コロムビア
(17cmEP)
ミュージックグリッド/
日本コロムビア
(12cmMEG-CD)
作詞・作曲 作詞:なかにし礼
作曲:鈴木邦彦
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ シングル 年表
希望にみちた二人のために
1972年
雨の朝の少女
1972年
哀しい少女
1973年
テンプレートを表示

雨の朝の少女」(あめのあさのしょうじょ)は、1972年8月10日に発売されたジャッキー吉川とブルー・コメッツの楽曲である。作詞はなかにし礼、作曲は鈴木邦彦、編曲は青木望による。

前作「希望にみちた二人のために」から6ヶ月後の発売であり、日本コロムビアから発売されたブルー・コメッツの最後のシングル。

シンプルな8ビートの曲に仕上がっている。

今作も前作に引き続いてオリコンシングルチャートの100位圏内にランクインすることなく、ブルー・コメッツは、このシングルの発売から2ヶ月後の1972年10月に日本コロムビアとの契約を打ち切り、大幅なメンバーチェンジ(=GSとしてのブルー・コメッツの、実質的な解散)を迎え、GS時代も名実共に幕を下ろした。

なお、2014年6月11日にはミュージックグリッドから12cmMEG-CDCD-R)シングルとして発売された。

B面(C/W)は「哀愁のパリ」(あいしゅうのパリ)。井上忠夫のボーカルを中核とした楽曲にしてマイナーコードのメロディーを用いた歌謡曲風のスローバラードの楽曲となっている。

収録曲[編集]

※ 全作詞:なかにし礼、全作曲:鈴木邦彦、全編曲:青木望

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「雨の朝の少女」  
2.「哀愁のパリ」  
合計時間:


関連項目[編集]