雨宮淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

雨宮淳(あめのみや あつし、1937年4月18日 - 2010年2月8日[1])は、彫刻家、日本芸術院会員。

人物[編集]

雨宮治郎の子、雨宮敬子の弟として東京に生まれる。父、姉とともに芸術院会員となっている。

日本大学芸術学部を卒業後、彫刻家北村西望に師事し、1963年日展初入選、1984年西望賞受賞、1991年内閣総理大臣賞受賞、1997年日本芸術院賞受賞、2001年日本芸術院会員。日展常務理事。

2010年2月8日心不全のため死去[1]。72歳没。

日本政府は死亡した2月8日付にて雨宮淳を従四位に叙し、旭日中綬章を授けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 雨宮淳 :: 東文研アーカイブデータベース”. 2017年2月24日閲覧。