雨畑ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雨畑ダム
雨畑ダム
所在地 山梨県南巨摩郡早川町
位置
河川 富士川水系雨畑川
ダム湖 雨畑湖
ダム諸元
ダム型式 アーチ式コンクリートダム
堤高 80.5 m
堤頂長 147.6 m
堤体積 72,000
流域面積 99.7 km²
湛水面積 0.6 ha
総貯水容量 11,000,000 m³
有効貯水容量 11,000,000 m³
利用目的 発電
事業主体 日本軽金属
電気事業者 日本軽金属
発電所名
(認可出力)
角瀬発電所 (13,000kW)
施工業者 鹿島建設
着手年/竣工年 ?/1967年
出典 [1] [1] [2]
テンプレートを表示

雨畑ダム(あめはたダム)は山梨県南巨摩郡早川町にある富士川水系早川支流雨畑川に建設された発電専用のダムである。

概要[編集]

日本軽金属アルミニウム製造の電力確保のために柿元ダムに続いて建設した民間企業所有ダムであるが、柿元ダムが重力式コンクリートダムなのに対し地形上の理由でこちらはアーチ式コンクリートダムとなっている。

柿元ダム同様このダムより発電された電気は静岡県静岡市清水区にある蒲原製造所へ送られアルミニウムの精錬に使われている。

近年ダム底の堆砂が進んでおり、2016年の堆砂率は93%と総貯水量500万m3以上のダムではトップとなっている[2]。また、この堆砂や土砂の不法投棄などで雨畑川から早川、さらには富士川を経て駿河湾へ濁水が流れ、サクラエビの不漁の原因になっていると見られているが、因果関係は定かではない[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]