雨 (ジリオラ・チンクェッティの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジリオラ・チンクェッティシングル
初出アルバム『Il treno dell'amore
B面 ゼロ・イン・アモーレ
リリース
規格 シングル
ジャンル ポップ
レーベル CGD (N 9706)
作詞・作曲 ダニエレ・パーチェ、ジャンニ・アルゲニオ、マリオ・パンツェリ、コラード・コンティ
チャート最高順位
ジリオラ・チンクェッティ 年表
「Giuseppe in Pennsylvania/
Come una foglia」
(1968年)
La pioggia/
Zero in amore

(1969年)
「Romantico blues/
Ti amo lo stesso」
(1970年)
テンプレートを表示

」(La pioggia) は、1969年に発売されたジリオラ・チンクェッティシングル

解説[編集]

ジリオラ・チンクェッティの最も有名な曲のひとつで、作詞はダニエレ・パーチェイタリア語版とジャンニ・アルゲニオ (Gianni Argenio)、作曲は同じくパーチェとマリオ・パンツェリイタリア語版、コラード・コンティ (Corrado Conti) によるものである。1969年のサンレモ音楽祭イタリア語版では、チンクェッティとフランス・ギャルが披露し、6位に入賞した[2]。(当時の同音楽祭は入賞曲をオリジナル歌手とゲストでそれぞれ歌唱する形式であった)

イタリア語以外の言語による吹き込みも、日本語フランス語スペイン語ドイツ語英語などで行われた。1984年の映画Arrapaho』では、作詞作曲のひとりであるダニエレ・パーチェが、スクアロールイタリア語版と一緒に、この曲を伴奏なしのアカペラで披露する場面がある。

イタリア盤[編集]

ミラノ音楽出版社 Edizioni musicali Tevere が出版している。

カバー写真は、植物を背景に、歌い手であるチンクェッティを写したもので、撮影はダニエレ・ウセリーニ (Daniele Usellini) であった.

オーケストラは、フランコ・モナルディイタリア語版が指揮していた。

このシングルはヒット作となり、ヒット・パレードで最高2位となり[2]、11週にわたってトップ10にとどまった[3]

B面は『ゼロ・イン・アモーレ (Zero in amore) 』。作詞はフランコ・カリファーノイタリア語版とアルマンド・アンブロシーノ (Armando Ambrosino)、作曲はトト・サヴィオイタリア語版で、愛を歌った曲である。

Hit Parade Italia[1]
日付 2/22 3/1 3/8 3/15 3/22 3/29 4/5 4/12 4/19 4/26 5/3
順位
5
4
4
4
3
2
5
7
8
10
10

日本における普及[編集]

「雨」は、日本では、同年のサンレモ音楽祭でともに入賞曲となったマッシーモ・ラニエリイタリア語版の「愛の詩 (Quando l'amore diventa poesia)」をB面にシングルが発売された[4]。このシングルは、チンクェッティの曲として初めてオリコンチャートに入り、最高6位まで上昇し32万枚を売り上げる大ヒットとなった[2]。さらに、柴野未知の歌詞による日本語盤も制作され、「愛の太陽 (Se Deciderai)」をB面にシングルが発売された[4]

この日本語詞による歌唱は、カバー・ポップスを得意とした伊東ゆかりや、当時カンツォーネの日本語による歌唱を数多く手がけていた岸洋子など、多くの歌手によって行われた[5]南沙織は、カバー曲を中心とした1971年のアルバム『潮風のメロディ』に、この曲を収録している。

2002年には、トヨタ・ヴィッツのテレビCMに、チンクェッティのバージョンが使用された[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Hit Parade Italia - Top Settimanali Single
  2. ^ a b c d e 主な演奏予定曲”. CLUB CITTA'Co.,Ltd.. 2017年9月17日閲覧。
  3. ^ チャートの順位などについてのデータは、ダリオ・サルヴァトーリイタリア語版の著作(Dario Salvatori, Storia dell'hit parade, edizioni Gremese, 1989, pag. 108)、および、1969年当時の定期刊行物『Ciao 2001』、『TV Sorrisi e Canzoni』による。
  4. ^ a b 国内盤シングル”. CLUB CITTA'Co.,Ltd.. 2017年9月17日閲覧。
  5. ^ 二木紘三 (2008年8月6日). “雨(La Pioggia)”. 二木紘三. 2017年9月17日閲覧。
  6. ^ トヨタ「ヴィッツ」CM曲/ジリオラ・チンクェッティ「La Pioggia」” (2002年1月15日). 2017年9月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • Autori Vari (a cura di Gino Castaldo), Dizionario della canzone italiana, ed. Curcio, 1990; alla voce Cinquetti Gigliola, di Nicola Sisto, pagg. 389-390
  • Autori Vari, Discografia italiana, ed. Raro!, 2006; alla voce Cinquetti Gigliola, pagg. 144-145
  • Christian Calabrese, Prima essere poi apparire. Intervista a Gigliola Cinquetti, pubblicata su Musica leggera, n° 5)