雪が降る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雪が降るTombe la neige
アダモシングル
リリース
規格 Vinyl, 7", EP, 45 RPM
録音 1963
ジャンル ポップス
時間
レーベル La Voix de Son Maître HMV系)
(現ワーナー・ミュージック・グループ)
作詞・作曲 サルヴァトール・アダモ
アダモ シングル 年表
"Tombe la neige"
(1963)
ミュージックビデオ
"Tombe la neige" - YouTube
テンプレートを表示

雪が降る」(ゆきがふる、フランス語: Tombe la neige)は、イタリア生まれのベルギー人歌手サルヴァトール・アダモが歌った、有名なフランス語の歌。この歌はアダモ自身が書いたもので、1963年にリリースされ、各国で大きなヒット曲となり、アダモにとって最もよく知られた代表曲のひとつとなった。

アダモ自身の歌唱によるリリース[編集]

45 rpm フランスの旗 フランス
  • A-side: Tombe la neige (2:55)
  • B-side: Car je veux (2:40)
EP フランスの旗 フランス
  • A1: Tombe la neige (2:55)
  • A2: J'ai raté le coche (2:35)
  • B1: Car je veux (2:40)
  • B2: Le train va (2:50)
諸言語での歌唱

アダモは、いくつもの言語でこの曲をリリースし、世界中にこの曲を広める一助とした。

カバー[編集]

この曲は、オリジナルのフランス語の歌詞でも、また他の諸言語のバージョンでも、数多くのカバーを生んだ[2]

  • 1969年ダニエル・ビダルは、アルバム『L'amour est bleu』にこの曲を収録した。
  • 1971年ポール・モーリアは、インストゥルメンタル・バージョンをアルバム『Tombe la neige』に収録した。
  • 2008年、アダモはローラン・ヴールズィ (Laurent Voulzy) とのデュオでこの曲を再録音し、アルバム『Le bal des gens bien』に収録した。
  • 2018年、「平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦」にてカバー桑田佳祐
諸言語での歌唱
  • トルコの歌手アジダ・ペッカン (Ajda Pekkan) は、フェクリ・エブシオグル (Fecri Ebcioğlu) が「雪が降る」を編曲した「Her Yerde Kar Var」を、1965年の初レコーディングで歌った。
  • ドイツでは、アレクサンドラ (Alexandra) がドイツ語で歌った「Grau zieht der Nebel」がヒットした。
  • 1968年、エミール・ゴロヴェッツ (Эмиль Го́ровец, Emil Gorovets) は、ロシア語で、「И падает снег」としてこの曲を録音し、アルバム『Вдали (Vdali)』に収録した。
  • 2010年、アダモはマリオ・バラベッキア (Mario Barravecchia) とのデュエットで、アダモ自身のイタリア語版に基づく「Cade la neve」としてこの曲を歌った。このバージョンは、アルバム『Intimo - Le più belle canzoni italiane』に収録されている。
  • 日本語での歌唱には、アダモ自身も用いた安井かずみの歌詞によるもの、尾崎紀世彦がリリースした安井による一部歌詞の異なる版がヒットした。ほか、越路吹雪が歌った岩谷時子の歌詞によるものがある[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ ADAMO 雪が降る 歌詞”. J-Lyric.net. 2014年2月4日閲覧。
  2. ^ Second Hand Songs - Tombe la neige
  3. ^ 越路吹雪 雪が降る 歌詞”. J-Lyric.net. 2014年2月4日閲覧。