雪舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雪舟自画像(模本) 重要文化財 藤田美術館

雪舟(せっしゅう、応永27年(1420年) - 永正3年8月8日(諸説あり)(1506年))は、室町時代に活躍した水墨画家・禅僧。「雪舟」は号で、は「等楊(とうよう)」と称した。

概要[編集]

備中国に生まれ、京都相国寺で修行した後、大内氏の庇護」らのもと周防国に移る。その後、遣明船に同乗して中国()に渡り、李在より中国の画法を学んだ。

現存する作品の大部分は中国風の水墨山水画であるが、肖像画の作例もあり、花鳥画もよくしたと伝える。の古典や明代の浙派の画風を吸収しつつ、各地を旅して写生に努め、中国画の直模から脱した日本独自の水墨画風を確立した点での功績が大きい。後の日本画壇へ与えた影響は大きい。

作品のうち6点が国宝に指定されており、日本の絵画史において別格の高評価を受けているといえる。このほか、花鳥図屏風など「伝雪舟筆」とされる作品は多く、真筆であるか否か、専門家の間でも意見の分かれる作品も多い。代表作は、「四季山水図(山水長巻)」「秋冬山水図」「天橋立図」「破墨山水図」「慧可断臂図」など。弟子に周徳、等悦、秋月、宗淵、等春らがいる。

生涯[編集]

生誕地に立つ碑文
雲谷庵(復元)(2005年5月撮影)
天橋立図(京都国立博物館)

応永27年(1420年)、備中国赤浜(現在の岡山県総社市)に生まれる。生家は小田氏という武家とされている。幼い頃近くの宝福寺に入る。当時、文芸で身を立てるには、寺に入るのが唯一の道であり、室町時代は禅僧が学問・文芸の分野を担っていた。10歳頃京都相国寺に移り、春林周藤に師事して禅の修行を積むとともに、天章周文に絵を学んだ。禅にも絵にも、当時最高の師を持ったということは、雪舟もまたよほどの人物だったに違いない。ことに水墨画は禅とともに起こった芸術である。描くことはまた、禅の修行でもあった。

享徳3年(1454年)頃、周防国に移り、守護大名大内氏の庇護を受け、画室雲谷庵(山口県山口市天花【てんげ】)を構える[注釈 1]寛正6年(1465年)頃、楚石梵琦(そせきぼんき)による雪舟二大字を入手し、竜崗真圭に字説を請。この頃より雪舟を名乗ったと考えられている。これ以前は拙宗等楊と名乗っていたようで、拙宗と雪舟が同一人物であることを示す確実な史料はないが、拙宗と雪舟の活躍時期が重ならないこと、両者の溌墨系山水画を詳細に比較検討した結果、共に飛躍がありつつも共通性が認められることから、同一人物説が定説となりつつある[注釈 2]

応仁元年(1467年)に遣明船へ渡航。各地を廻り、約2年間本格的な水墨画に触れ、研究した。天童山景徳禅寺では「四明天童山第一座」の称号を得る(以後、雪舟の作品の署名には度々この称号を書き入れている)。更に北京に赴き、政府の建物に壁画を書いて、大いに評判になったという。弟子に送った「破墨山水図」にある文面に、「明の画壇に見るべきものはなく、日本の詩集文や叙説を再認識した」と書かれている様に、明の時代の画家よりも夏珪や李唐等の宋・元時代の画家に興味を持ち、模写して勉強した(彷夏珪山水図・彷李唐牧牛図はいずれも重文)。大陸の自然は、雪舟に深く影響した。「風景こそ最大の師」と悟った様に、彼は帰路、揚子江を下りつつ貪欲に各地の風景を写生した(雪舟の書いた風景画の景観は、現在、中国の各地に今も残っている)。

文明元年(1469年)に帰国し、周防国のほか豊後国石見国で創作活動を行う。文明13年(1481年)秋から美濃国へ旅行。文亀元年(1501年)頃には天橋立に赴き作品を残している。

没年は確実な記録はないが永正3年(1506年)に87歳で没したとするものが多い。文亀2年(1502年)とする説もある。命日も8月8日(『古画備考』)、9月16日(雪舟伝)など諸説あり、最期の地は石見国・益田の大喜庵とされ、雪舟と親交があったとされる益田兼堯の子孫・益田牛庵(元祥)執筆の「牛庵一代御泰公之覚書」には次の記述がある[5]

「雪舟(中略)極老候而石見之益田へ罷り越され彼地落命候(後略)」
(雪舟…老い極まり石見益田へ参り彼の地で落命する…)。

雪舟の生涯には謎とされる部分が多い。墓所と伝わる場所も複数箇所ある。

涙で描いた鼠[編集]

雪舟についてこんな伝説が残っている。

宝福寺に入った幼い日の雪舟が、絵ばかり好んで経を読もうとしないので、寺の僧は雪舟を仏堂の柱にしばりつけてしまいました。しかし床に落ちた涙を足の親指につけ、床に鼠を描いたところ、僧はその見事さに感心し、雪舟が絵を描くことを許しました。

これは雪舟について最もよく知られた話である。但し初出は江戸時代狩野永納が編纂した『本朝画史』(1693年刊)で、後年の創作という説もある。

神格化[編集]

雪舟の神格化は江戸時代から始まった。当時画壇を支配していた狩野派が、雪舟を師と仰ぎ、ゆえに諸大名が雪舟の作品を求めたからであるとされる。そのために以後「雪舟作」と号する作品が急激に増えたと言われる。雪舟の人気を反映して、『信仰祇園祭礼記』[注釈 3]のような作品が上演された。日本文化の一つを生んだ雪舟は、今や日本を代表する歴史人物の一人となっている。

主要作品[編集]

「紙本墨画秋冬山水図」(冬景図)(東京国立博物館)
「山水図全図」牧松周省、了庵桂悟賛(個人蔵)

雪舟作品の画像については以下のページも参照。

山口県立美術館岡山県立美術館香雪美術館出光美術館益田市立雪舟の郷記念館

国宝[編集]

重要文化財[編集]

雪舟作品
伝雪舟筆花鳥図
「拙宗」印のある作品
その他
  • 題雪舟山水図詩(了庵桂悟筆) 附:雪舟自画像(模本)(藤田美術館
四季山水図(山水長巻)(毛利博物館)(部分) (同左)
四季山水図(山水長巻)(毛利博物館)(部分)
(同左)

その他(国宝・重要文化財以外)[編集]

  • 破墨山水図 景徐周麟賛(出光美術館
  • 倣夏珪 山水図(個人蔵、山口県立美術館寄託) -元は上記の「倣〇〇」掛軸6点とセットで、江戸時代の狩野常信の模本から最低でも12図あったことが知られている。1933年の入札図録に掲載された後、所在不明となっていたが、2017年に84年ぶりに再発見された[14][15][16][17][18]。)
(伝雪舟)四季花鳥図(東京国立博物館)左隻 同右隻
(伝雪舟)四季花鳥図(東京国立博物館)左隻
同右隻

雪舟庭[編集]

常栄寺庭園(山口県山口市)

雪舟が築いたものと伝えられる庭園は各地にあり、医光寺、萬福寺、常栄寺、旧亀石坊庭園の雪舟庭は雪舟四大庭園と呼ばれる。

  • 芬陀院 京都府京都市東山区 東福寺
  • 医光寺 島根県益田市染羽町 (国の史跡及び名勝)
  • 萬福寺 島根県益田市東町 (国の史跡及び名勝)
  • 小川家雪舟庭園 島根県江津市和木町
  • 西方院跡 広島県廿日市市宮島 大聖院付近
  • 常栄寺 山口県山口市宮野下 (国の史跡及び名勝)
  • 普賢寺 山口県光市室積
  • 旧亀石坊庭園 福岡県田川郡添田町 英彦山 (名勝)
  • 魚楽園 福岡県田川郡川崎町 (名勝)
  • 吉峯家雪舟庭 大分県中津市山国町中摩

墓所[編集]

  • 島根県益田市の大喜庵は雪舟が晩年を過した東光寺の焼失した跡に建てられ、雪舟の墓所がある[19]
  • 岡山県井原市の重玄寺跡には雪舟のものと伝えられる墓が残る[20]
  • 雪舟の遺骸は崇観寺(医光寺)で火葬にふされ、灰塚に納められたと伝わっている[21]

参考事項[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山口市の雲谷庵跡には庵が復元されている[1]
  2. ^ 同一人物説[2][3]に対し、当時「拙宗」は「せつじゅう」と発音された可能性があり、江戸初期の画伝書『丹青若木集』では「拙宗」を独立した画人として取り上げており、また『本朝画史』でも拙宗等楊を雪舟等楊に改めた可能性に触れつつも実否を知らずとし、やはり「拙宗」は別項を立てている。これらの点から、同人説は安易な解釈だとして、拙宗は雪舟と同時代で周防と関係をもった老成した画人、「等揚」印の作品は、雪舟には見られない軽妙さがあることから後世の別の画人とする説もある[4]
  3. ^ 『信仰祇園祭礼記』[6]人形浄瑠璃歌舞伎作品。宝暦7年12月(1758年1月)初演。雪舟の孫娘、雪姫が活躍する「金閣寺」の場が有名。
  4. ^ 大内氏の旧蔵で全長15メートル余りの画面に四季の風景を描いた巻物。毛利氏が所有以降、家の宝として大切に保存された。奥書の記述から67歳の1486年(文明18年)の作品とわかり、生年が1420年(応永27年)と確かめることができる[8]。毛利博物館では毎年11月頃に公開している。キヤノンが綴プロジェクトにより制作した高精細複製品の画像を公開[9]
  5. ^ 斉年寺収蔵の「慧可断臂図」[11]は、明代戴進中国語版英語版(1388-1462)筆「達磨至慧能六代祖師図」の構図に倣ったと見られる[12]
  6. ^ 紙本墨画『芦葉達磨図』竺心慶仙賛。「若き日の雪舟」展の会期は2016年5月26日(木)–7月10日(日)[25]

脚注[編集]

  1. ^ 観光スポット > 雲谷庵跡”. 山口県観光連盟. 2018年7月4日閲覧。
  2. ^ 河合正朝「「拙宗」・「雪舟」、「雪舟等楊」 ─室町時代水墨画研究の再検討をあたって」」、『墨の彩 ─大阪・正木美術館三十年』、根津美術館1998年
  3. ^ 島尾新「「山水長卷」以前」」、『國華 <特輯>雪舟(上)』第1275号、2002年
  4. ^ 金澤弘、京都国立博物館 [編集]「雪舟との出会い」、『学叢』第32号、2010年
  5. ^ 雪舟の風景 第八部・晩年編(37. 山寺東光寺)”. 益田市立雪舟の郷記念館. 2018年7月3日閲覧。
  6. ^ 信仰祇園祭礼記(しんこうぎおんさいれいき)”. 日本芸術文化振興会. 2018年7月3日閲覧。
  7. ^ 雪舟等楊 [筆] (15世紀末–16世紀初). “「秋冬山水図」2幅”. 2018年7月7日閲覧。
  8. ^ 収蔵品一覧「四季山水図(雪舟筆)」”. 2018年7月7日閲覧。
  9. ^ 「山水長巻」”. キヤノン株式会社; キヤノンマーケティングジャパン株式会社. 2018年7月7日閲覧。
  10. ^ 雪舟 [自序]; 月翁周鏡等六僧 [賛] (1495年). “「山水図(破墨山水図)」”. 2018年7月7日閲覧。
  11. ^ 「慧可断臂図」”. 2018年7月7日閲覧。
  12. ^ 絹本墨画、縦33.8cm×横220cm(瀋陽、遼寧省博物館収蔵。「达摩至慧能六代祖师图」” (中国語). 遼寧省博物館. 2014年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  13. ^ 紙本墨画淡彩「天橋立図」” (室町時代・16世紀). 2018年7月7日閲覧。
  14. ^ 荏開津道彦 河野通孝編集 『雪舟発見!展』 雪舟発見!展実行委員会、2017年10月31日。
  15. ^ 雪舟の幻の作品 84年ぶりに確認 山口県立美術館”. NHK News Web (2017年9月19日). 2018年7月4日閲覧。
  16. ^ 雪舟の水墨画を84年ぶりに発見 山口県立美術館”. 京都新聞 (2017年9月21日). 2018年7月4日閲覧。
  17. ^ 雪舟の水墨画を84年ぶりに発見 山口県立美術館”. 中日新聞 (2017年9月19日). 2018年7月4日閲覧。
  18. ^ 雪舟作、80余年行方不明だった「倣夏珪山水図」を発見”. 産経新聞 (2017年9月19日). 2018年7月4日閲覧。
  19. ^ 歴史・文化 > 大喜庵(たいきあん)”. 益田市役所. 2018年7月3日閲覧。
  20. ^ 重玄寺跡(ちょうげんじあと)”. 井原市観光協会. 2018年7月3日閲覧。
  21. ^ 雪舟について”. 益田市立雪舟の郷記念館. 2018年7月3日閲覧。
  22. ^ 林教屑 (模) (1840年). “芦葉達磨図(模本)”. 東京国立博物館. 2018年7月7日閲覧。紙本墨画。
  23. ^ “米で発見、若き雪舟の水墨画”. 産経新聞. (2016年4月7日). https://www.sankei.com/life/news/160407/lif1604070017-n1.html 2018年7月3日閲覧。 
  24. ^ 読売新聞栃木版2016年3月23日37面掲載。
  25. ^ 若き日の雪舟――初公開の「芦葉達磨図」と拙宗の水墨画”. 根津美術館. 2018年7月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『雪舟等楊 「雪舟への旅」展研究図録』(山口県立美術館 中央公論美術出版 2006年) ISBN 4-8055-0529-X
  • 『明代絵画と雪舟』(図録、根津美術館、2005年)
  • 『没後500年特別展「雪舟」』(図録、東京国立博物館、京都国立博物館、2002年)
  • 『雪舟の芸術・水墨画論集』(金沢弘 秀作社出版 2002年) ISBN 978-4-882-65308-0
  • 『画聖雪舟』(沼田頼輔田中優子、『論創叢書』1、論創社、2002年3月、ISBN 4-8460-0241-1)古典 ISBN 978-4-846-00241-1
  • 『雪舟応援団』(山下裕二赤瀬川原平 中央公論新社  2002年) ISBN 978-4-120-03249-3
  • 『雪舟はどう語られてきたか』(山下裕二編・監修 平凡社ライブラリー 2002年) ISBN 978-4-582-76424-6
  • 『雪舟 水墨画の巨匠 第1巻』(中島純司ほか 講談社 1994年) ISBN 978-4-062-53921-0
  • 『雪舟 新編名宝日本の美術14』(中島純司 小学館 1991年) ISBN 978-4-093-75114-8

関連項目[編集]