雪花の虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雪花の虎
ジャンル 歴史漫画
漫画
作者 東村アキコ
出版社 小学館
掲載誌 ヒバナ
ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックススペシャル
発表号 ヒバナ:2015年4月号 - 2017年9月号
スピリッツ:2018年7号 - (隔週)
巻数 既刊7巻(2019年3月12日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

雪花の虎』(ゆきばなのとら)は、東村アキコによる日本歴史漫画。『ヒバナ』(小学館2015年4月号(創刊号)から[1]2017年9月号(最終号)まで連載された後、『ビッグコミックスピリッツ』へ移籍して2018年7号から隔週連載されている。

戦国武将・上杉謙信が女性であったという説を題材とした作品で、作者にとって初となる歴史漫画作品である[1]。詳細な歴史上の説明を要する際は、歴史が苦手な人に向けた「アキコのティータイム」という雑談や近況を交えた簡易な説明が同じページの下部で展開される[2]

以下、元服前の出来事については「虎千代」、元服後の出来事については「景虎」と記す。

登場人物[編集]

長尾家[編集]

長尾景虎(幼名:虎千代、後の上杉謙信
長尾家(府中長尾家)の次女。妊娠中の母の夢枕に毘沙門天が現れ、生まれる子は毘沙門天の化身だと予言したため、次期城主として頼りない嫡男・晴景に代わる立派な男子が生まれるものだと期待された。女子であったため、一度は気落ちした父が一転して姫武将として育てると宣言し、男子と同様に武道と学問を習い育った。
長尾為景
越後守護代春日山城主。景虎の父。百戦錬磨の猛将として、熾烈な領地争いに勝ち越後の多くを支配する戦国大名となったが、国内豪族との争いの火種を抱える。
長尾晴景
景虎の18歳年上の兄。越後守護代にして春日山城主。長尾家の嫡男。頭脳明晰というわけでもなく、体も弱いため、大将の器ではないと思われている。
景虎の母。娘を男として育てるという夫の方針に絶句し、妹を男として元服させようとする息子にも絶句する。
景虎の5歳年上の姉。14歳の時に坂戸城主・上田長尾家の嫡男で後に家を継ぐ長尾政景に嫁ぐ。
お仙 / お竹
春日山城の女中。お仙は空気を読まない言動が多い。
捨丸
お仙の弟。子供のころから景虎と共に春日山を馬で駆け回っていたため、馬の名手である。

林泉寺[編集]

天室光育
林泉寺の第6代住持
益翁宗謙(やくおう しゅうけん)
林泉寺の僧、後に第7代住持。幼くして寺に預けられた虎千代を厳しく、時には優しく導く。初潮を迎え混乱する景虎を慰め励ます。

長尾家の家臣[編集]

本庄実乃(ほんじょう さねより)
栃尾城城主。姫である景虎の男っぷりに惚れ込み、栃尾城に迎える。景虎に女子であることを隠して戦に臨むことを進言する。

揚北衆[編集]

阿賀野川以北に城を構える豪族を総称して「揚北衆(あがきたしゅう)」と呼ぶ。

中条藤資(ふじすけ)
鳥坂城城主。揚北衆の代表的な人物。
色部勝長
平林城城主。

越後の市井の人々[編集]

お凛
城下の茶屋の娘。お忍びで城下で遊ぶ「はるさん」こと晴景が心を許せる女。

甲斐国[編集]

武田晴信(後の信玄)
幼少時から利口で、父親から疎まれていた。
武田信繁
晴信の4歳年下の弟。利口で闊達な晴信に比べると、凡人であったが、父親からは可愛がられた。
武田信虎
晴信の父。老臣の諫言を聞き入れず、内政に取り組もうとしなかったため、晴信に謀られて国外追放され、の嫁ぎ先である駿河今川義元の下に身を寄せ隠居の身となる。

書誌情報[編集]

  • 東村アキコ 『雪花の虎』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、既刊7巻(2019年3月12日現在)
    1. 2015年9月11日発売[3][4]、ISBN 978-4-09-187188-6
    2. 2016年2月12日発売[5]、ISBN 978-4-09-187565-5
    3. 2016年9月12日発売[6]、ISBN 978-4-09-187565-5
    4. 2017年1月12日発売[7]、ISBN 978-4-09-189444-1
    5. 2017年11月10日発売[8]、ISBN 978-4-09-189752-7
    6. 2018年8月9日発売[9]、ISBN 978-4-09-860103-5
    7. 2019年3月12日発売[10]、ISBN 978-4-09-860276-6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新青年マンガ誌・ヒバナ、本日発刊!東村アキコらの特典や複製原画展も”. コミックナタリー (2015年3月6日). 2016年4月18日閲覧。
  2. ^ 『雪花の虎』注目ポイント・その1【マンガ界初!? 歴史が苦手な女子も歓迎!堅苦しい解説パートのワープゾーン完備】”. Woman Insight. 小学館 (2015年9月11日). 2016年4月18日閲覧。
  3. ^ 雪花の虎 1”. 小学館. 2016年4月18日閲覧。
  4. ^ 東村アキコが女・上杉謙信を描く「雪花の虎」1巻、「ひまわりっ」新装版も”. コミックナタリー (2015年9月11日). 2016年4月18日閲覧。
  5. ^ 雪花の虎 2”. 小学館. 2016年4月18日閲覧。
  6. ^ 雪花の虎 3”. 小学館. 2016年9月12日閲覧。
  7. ^ 雪花の虎 4”. 小学館. 2017年1月12日閲覧。
  8. ^ 雪花の虎 5”. 小学館. 2017年11月12日閲覧。
  9. ^ 雪花の虎 6”. 小学館. 2018年8月9日閲覧。
  10. ^ 雪花の虎 7”. 小学館. 2019年3月12日閲覧。