雲ながるる果てに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雲ながるる果てに
KumoNagaruruHate.jpg
監督 家城巳代治
脚本 家城巳代治八木保太郎、直居欽哉
製作 重宗和伸伊藤武郎、若山一夫
出演者 鶴田浩二木村功高原駿雄清村耕次田中和彦沼田曜一金子信雄沼崎勲織本順吉加藤嘉神田隆原保美岡田英次山岡久乃山田五十鈴朝霧鏡子利根はる恵
音楽 芥川也寸志
撮影 中尾駿一郎、高山弥
配給 松竹
公開 日本の旗 1953年6月9日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

雲ながるる果てに』(くもながるるはてに)は、1953年に重宗プロと新世紀映画が製作し、松竹と北星映画が配給した家城巳代治監督の日本映画

概要[編集]

原作は、海軍飛行専修予備学生として出撃して亡くなった青年たちの遺稿集『雲ながるる果てに 戦歿飛行予備学生の手記』である。『花のおもかげ』を松竹で撮った後、レッドパージにより松竹を追放された家城監督の復帰第1作。また、円谷特殊技術研究所がミニチュアを使った航空機などの特撮を担当した。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

1945年(昭和20年)春、本土の南端にある特別攻撃隊基地では、命を棄てる覚悟をした若者たちが今生の思い出となるべき日々を過ごしていた。勇ましく死を覚悟しながらも、この世に残すものに対する愛着や未練がかれらを包み込んでしまう。やがて仲間がひとりひとり大空に向って飛び立っていく。