雲の上団五郎一座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

雲の上団五郎一座』(くものうえだんごろういちざ)は、1962年に東宝系で公開された日本映画、1965年・1978年・1979年にテレビ放送された舞台である。

映画[編集]

1962年4月15日公開。宝塚映画製作。カラー。東宝スコープ。上映時間84分。映倫No.12753。

1963年7月28日には続編として『続 雲の上団五郎一座』が公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビ番組[編集]

NET版[編集]

概要[編集]

1965年10月1日から同年12月31日までNETテレビ(現・テレビ朝日)で放送。放送時間は毎週金曜 20時00分 - 21時00分(日本標準時)。

榎本健一が座長を務める貧乏な旅回り一座「雲の上団五郎一座」による劇中劇を柱に、旅先でのハプニングを織り交ぜた喜劇として有名だが[要出典]、1962年・1963年に青柳信雄により映画化された後、その勢いに乗る形でスタートした番組である[要出典]。第1回放送は渋谷公会堂での録画中継、それ以降は日比谷芸術座等の劇場での録画というように、当時のテレビ局事情からしてスタジオの数が少なく劇場をスタジオ代わりにしていたこともあり[独自研究?]、客席に人を入れない非公開放送の形を採っていた。

往年のエノケンギャグの集大成とも言える番組であるが[独自研究?]、榎本は右足切断による車椅子生活を余儀された[要説明]ことにより、舞台でも車椅子もしくは座ったままでの演技が目立つようになった。かつてのはちゃめちゃぶりが発揮されず、番組は3か月で終了した。事実、番組後期はスローテンポなストーリーであった[独自研究?]

出演者[編集]

エピソード[編集]

番組スタート時の榎本は既に60代であったこともあり、視聴者の中には彼を知らない世代(特に若い世代)が半数[なぜ?]であったが、その世代を中心にエノケンギャグが再評価されるという現象が起きていたという[要出典]

当時高校生だった志村けんこの番組のファンだったようで、特にお気に入りは『切られ与三郎』とのこと[要出典]

日本テレビ版[編集]

1978年12月28日日本テレビ系列の『木曜スペシャル』で、『年忘れ!爆笑公演!笑いの大旋風!雲の上団五郎一座』として放送。東京日本劇場12月爆笑公演『雲の上団五郎一座』から、劇中劇「お手狂香」「早まくり天保六花撰」「母恋三度笠」「弁天小僧女白浪」を中継録画で放送[1]

出演者[編集]

関西テレビ版[編集]

年忘れ
雲の上団五郎一座
原案 菊田一夫
企画 澤田隆治
脚本 前川宏司
ディレクター 緒方陽一
演出 澤田隆治
出演者 由利徹
音楽 森岡賢一郎
はやしはじめ
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 澤田隆治
村上健治(関西テレビ)
制作 東阪企画
関西テレビ
放送
放送チャンネル フジテレビ系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年12月30日
放送時間 日曜21:00 - 21:54
放送枠 花王名人劇場
放送分 54分
回数 1回
テンプレートを表示

1979年12月30日関西テレビ制作・フジテレビ系列の『花王名人劇場』で『年忘れ 雲の上団五郎一座』として放送[2]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

NETテレビ 金曜 20:00 - 21:00
前番組 番組名 次番組
スリラー
(1965年8月6日 - 1965年9月24日)
雲の上団五郎一座
(1965年10月1日 - 1965年12月31日)
われら九人の戦鬼
(1966年1月7日 - 1966年4月8日)
日本テレビ 木曜スペシャル
奇跡の猛獣使い!
グンターサーカスがやってきた!
(1978年12月21日)
年忘れ!爆笑公演!
笑いの大旋風!雲の上団五郎一座
(1978年12月28日)
関西テレビ 花王名人劇場
蝶々の三味線一代
(1979年12月16日 - 1979年12月23日)
年忘れ 雲の上団五郎一座
(1979年12月30日)
王将森繁久彌版)
(1980年1月6日 - 1980年1月13日)

関連図書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 下野新聞 縮刷版』 下野新聞社、1978年12月28日付テレビ欄。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 年忘れ 雲の上団五郎一座”. テレビドラマデータベース. 2020年7月16日閲覧。[出典無効]