雲の墓標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

雲の墓標』(くものぼひょう)は、阿川弘之小説1956年新潮社から出版された。

戦時中、特攻隊員になるべく訓練を積み、出撃していく海軍予備学生の苦悩を描いた作品で、阿川の代表作の一つである。

1957年に『雲の墓標より 空ゆかば』として映画化された。

あらすじ[編集]

昭和18年京都帝国大学の学生・吉野次郎は学友らと共に海軍に召集され、予科練に配属され、特攻隊員になるべく訓練を積み、やがて出撃していく。

映画[編集]

雲の墓標より 空ゆかば
監督 堀内真直
脚本 堀内真直
高橋治
原作 阿川弘之
出演者 田村高廣
田浦正巳
岸惠子
音楽 池田正義
撮影 小原治夫
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1957年1月9日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

雲の墓標より 空ゆかば』(くものぼひょうより そらゆかば)は、1957年制作の日本映画。製作は松竹

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]