雲州 (内モンゴル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雲州(うんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から隋代にかけて、現在の内モンゴル自治区フフホト市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

北魏太武帝により設置された朔州を前身とする。524年正光5年)、雲州と改称された。533年永熙2年)、州治は帰順県に移された。雲州は盛楽郡・雲中郡・建安郡・真興郡の4郡9県を管轄した[1]

北斉のとき、雲州は廃止された。

隋代[編集]

585年開皇5年)、隋により陽寿県に置かれた楡関総管府が雲州総管府と改められた。600年(開皇20年)、雲州総管府は大利県に移された[2]605年大業元年)、雲州総管府は廃止され、雲州とされた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、雲州は定襄郡と改称された[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 魏書』地形志二上
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 『隋書』地理志中