雲形定規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
雲形定規

雲形定規(くもがたじょうぎ) は、曲線定規の一種。のような形をしている定規のセットで、CADにより曲線が自在に扱えるようになる以前にはよく使われていた、自由曲線の作図用の道具である。

使用法[編集]

雲形定規はコンパステンプレートでは描くことのできない曲線を描画する際に用いられる[1]。複数の曲線をもつ複雑な形状の定規が数枚で一組になっている[1]

作図の際、曲線を通過させたい点列のうちで、連続する4点に一致する部分をさがしてあてがい、中央の2点間に線を引く、という操作をくりかえして、曲線を作図する。

製品[編集]

最も普及しているのは、特に用途を定めておらず、全長十数センチメートル程度の手頃な大きさで十枚程度がセットになったものだが、その他に、通常よりも曲線が多く枚数が少ない万能雲形定規、大型のものを描く造船定規、円弧を描く鉄道定規、などがある。

また雲形定規ではないが似た目的の定規に、任意の曲線に曲げることができ、描きたい曲線を自由に描いたり、連続した曲線を描いたりする自在曲線定規(自在定規)がある。

以前は木製であったが、ほとんどが透明の合成樹脂製となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 雇用・能力開発機構『改訂 木工製図』職業訓練教材研究会、2007年、6頁