雲林駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雲林駅
雲林駅外
雲林駅外
雲林
ユンリン
Yunlin
彰化 (24.594km)
(33.104km) 嘉義
所在地 台湾雲林県虎尾鎮站前東路301号
駅番号 YUL
所属事業者 台湾高速鉄路股份有限公司
(台湾高速鉄道)
所属路線 台湾高速鉄道
キロ程 221.778km(南港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
3,521人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
7,046人/日
-2018年-
開業年月日 2015年12月1日
テンプレートを表示
雲林駅
雲林車站興建中.JPG
各種表記
繁体字 雲林站
高鐵雲林站
簡体字 云林站
高铁云林站
拼音 Yúnlín Zhàn
注音符号 ㄩㄣ ㄌ一ㄣˊ ㄓㄢˋ
発音: ユンリン ヂャン
台湾語白話字 Hûn-lîm Tsām
日本語読み: うんりんえき
英文 Yunlin Station
THSR Yunlin Station
テンプレートを表示

雲林駅(うんりんえき、ユンリンえき)は、台湾雲林県虎尾鎮にある台湾高速鉄道である。

駅構造[編集]

台湾高速鉄道
高速鉄道開業時から駅舎・ホーム用地は確保されており、側線は軌道、架線柱とも準備済である
地上3階にホームができる。駅舎は総面積20,177平方メートル、高さ21mで、設計は大元建築設計事務所(ARRTEC)姚仁喜[1]
駅全体は地元の地名である虎尾を意識した、トラの尾やトラの縞模様をモチーフに、それぞれ形の異なる波状の柱の列37組で流線型を形作った建築になるという。
また建材には軽金属、ガラスを用い、太陽光パネルも取り入れ、自然の光と風を最大限に利用、省エネで環境に配慮するエコの象徴としている。
植樹により「林」、カーブを描く歩道部分の形状で「雲」、合わせて「雲中之林[2]をコンセプトにしている。[3]

駅階層[編集]

地上
三階
身障者用エレベーター相対式ホーム、左側のドアが開く
1番線 台湾高速鉄道 左営方面へ嘉義駅
通過線 台湾高速鉄道 南下通過列車 左営方面へ
通過線 台湾高速鉄道 北上通過列車 台北南港方面へ
2番線 台湾高速鉄道 台北南港方面へ彰化駅
身障者用エレベーター相対式ホーム、左側のドアが開く
地上
二階
機電階層 機械室、駅事務所
地上
一階
ホール
コンコース
身障者用エレベーターエスカレーター改札口、トイレ、AEDWi-fi待合スペース
チケットカウンター、自動券売機、案内カウンター、トラベルデスク
セブンイレブンスターバックスモスバーガー売店
トイレ、鉄道警察、出入口、バス乗り場、タクシー乗り場、駐車場、駐輪場

利用状況[編集]

年度別乗降人員は以下の通りである(2015年は12月1日からの31日分の統計となる。)
雲林駅利用人員
年間[4] 1日平均[5]
乗車 降車 乗車 乗降
2015 139,300 141,362 280,662 4,493 9,053
2016 1,014,732 1,020,548 2,035,280 2,788 5,591
2017 1,256,931 1,252,261 2,509,192 3,444 6,874
2018 1,285,223 1,286,448 2,571,671 3,521 7,046

接続する他の交通機関[編集]

バス[編集]

路線 運行事業者 区間 経由する郷鎮 総距離
201

高鉄快速専車

雲林客運中国語版 高鐵雲林駅 - 台鉄斗六駅 - 国立雲林科技大学 斗六市莿桐郷虎尾鎮 19.6km
301 台西客運中国語版 高鐵雲林駅 - 北港
  • 公路客運[7]
路線番号 運行事業者 区間
7101 台西客運 虎尾 - 麦寮 - 長庚医院
7102 高鐵雲林駅 - 斗南
7103 斗南 - 麦寮
7104 虎尾 - 麦寮
7112 虎尾 - 麦寮(下街経由)
7117 西螺 - 虎尾(下湳経由)
7118 西螺 - 虎尾(二崙経由)
7120 斗六 - 高鐵雲林駅(大学路経由)
7122 斗六 - 高鐵雲林駅
7701 嘉義 - 麦寮

アクセス鉄道構想[編集]

現在県都である斗六市から高速鉄道台中駅(台鉄新烏日駅)までは区間車莒光号で約1時間を要しており、2013年6月に県内の主要市、出身立法委員、財界などを中心に「台鐵斗六—虎尾支線推動連盟」が設立され、県・市の拠点駅である台鉄縦貫線斗六駅から当駅を結ぶ約15kmの支線開通を早期実現すべく中央政府に対して招致活動を開始した。同連盟によると、台鉄支線を新設した場合の事業費は137億台湾ドルとされているが、台湾糖業鉄道斗南線の廃線跡を再利用し、台鉄斗南駅へ接続した場合は8kmで約65億台湾ドルで済むと試算している[8][9][10][11]

駅周辺[編集]

高鉄雲林駅特定区[編集]

交通部高鉄局が主導する総面積421.93ヘクタールの開発区画。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

台湾高速鉄路
台湾高速鉄道
彰化駅 - 雲林駅 - 嘉義駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)高鐵雲林站決標
  2. ^ (繁体字中国語)15日動工很在地 高鐵雲林站受期待-台灣醒報
  3. ^ 台湾新幹線・雲林駅建設 1月15日起工式-フォーカス台湾
  4. ^ (繁体字中国語)高速鐵路各站旅客人數” (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。交通部統計查詢網
  5. ^ 営業日数:364日(2016年2月6日から7日美濃地震により台中以南はそれぞれ半日、7月8日台風1号(ニパルタック)の影響で終日運休)
  6. ^ 高鐵4線接駁車 僅虎尾-斗六站擬免費
  7. ^ 客運/快捷公車資訊
  8. ^ (繁体字中国語)雲林爭取 斗六至虎尾建台鐵支線
  9. ^ (繁体字中国語)立委盼興建台鐵斗六-虎尾支線 串聯高鐵站
  10. ^ (繁体字中国語)催生斗六虎尾支線 民代連署
  11. ^ (繁体字中国語)運用廢棄鐵道》地方爭闢台鐵斗六─虎尾支線
  12. ^ (繁体字中国語)高鐵雲林站決標 料3年後通車
  13. ^ 台灣高鐵雲林站終於動工了-雲林県政府,Youtube
  14. ^ 呉敦義副総統が台湾新幹線の新駅「雲林駅」の起工式に出席-台湾週報
  15. ^ (繁体字中国語)交通部高速鐵路工程局施工現況-雲林站
  16. ^ 台湾高速鉄道の新駅、苗栗・彰化・雲林が12月開業-Taiwan Today/聯合報
  17. ^ “台湾新幹線、3つの新駅開業”. 日本経済新聞. (2015年12月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX01H1A_R01C15A2FFE000/ 2015年12月2日閲覧。 
  18. ^ “台湾新幹線3駅が開業=07年開始後初の新設”. 時事通信社. (2015年12月1日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120100862&g=int 2015年12月2日閲覧。