雲野かよ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雲野 かよ子(くもの かよこ、本名:川口華子[1]、旧姓:鳥居、1908年明治41年)8月20日 - 1991年平成3年)[2])とは元宝塚少女歌劇団月組主演娘役クラスの人物である。東京都神田区(現・千代田区)出身[3]。愛称は華ちゃん[4]。姉は元歌劇団理事の天津乙女である。

略歴[編集]

1921年11期生として、宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学し、1923年に初舞台を踏む。当時は入学=入団で学校と劇団は一体であった。

1942年、宝塚歌劇団を退団。

退団後に川口正と結婚[5]。戦時中は上海におり、戦後に引揚者として上海から日本に引き揚げ[5]。日本に引き揚げ後は、宝塚コドモアテネ日本舞踊講師、宝塚音楽学校古典演劇講師、宝塚歌劇団日本舞踊振付家として活動した。

没後、2014年に姉・乙女とともに宝塚歌劇団の殿堂入りを果たした。なお、歴代タカラジェンヌで姉妹で殿堂入りを果たしたのは天津乙女・雲野かよ子姉妹の二人のみである。

実家の隣には手塚治虫一家が住んでいた。

宝塚少女歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『琵琶記』『あこがれ』(月組)(1923年3月20日 - 4月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『兄さん閉口』(月組)(1923年5月11日 - 6月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『政岡の局』(月組)(1924年3月1日 - 3月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『身替音頭』(月・花組)(1924年7月19日 - 9月2日、宝塚大劇場
  • 『鏡の宮』(月組)(1925年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『車供養』(月組)(1925年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『陽春』(月組)(1926年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『飴』(月組)(1926年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『我等の世界』(月組)(1926年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『喧嘩は止めろ』(月組)(1926年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『厳島物語』『阿七狂熖』(月組)(1927年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『小野道風』『愛の復活』(月組)(1927年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『國性爺』『一條大蔵卿』(月組)(1927年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『夕顔の巻』『兜』(月組)(1927年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『三人静』(月組)(1928年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『若紫の巻』『慈光』(月組)(1928年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『絶えざる動き』『ハレムの宮殿』(月組)(1928年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『夢殿』(月組)(1928年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『江戸名物詩』『石馬寺の怪異』(月組)(1929年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『後の景清』『落葉』(月組)(1929年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『敦盛』『賣家』(月組)(1930年2月1日 - 2月28日、中劇場)
  • 『玉蟲祈願』(月組)(1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『若き日の時平』(月組)(1930年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『王朝華かなりし頃』『唐人お吉』『とんだ間違ひ』(月組)(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『鞠争ひ』(月組)(1931年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『紅葉狩』『かたきうち』(月組)(1931年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『お弓始』(月組)(1932年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 『フービーガール』(月組)(1932年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『狂乱橋供養』『ブーケ・ダムール』(月組)(1932年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『追儺物語』『鏡獅子』(月組)(1933年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『ヴォルガの船唄』『お夏幻想曲』(月組)(1933年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『日本花笠始』『花詩集』(月組)(1933年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • ロミオとジュリエット』- ジュリエット 役(月組)(1933年10月1日 - 10月22日、中劇場)
  • 『春のをどり』『トウランドット姫』(月組)(1934年3月26日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『滄海秘曲』『竹柴道中記』(月組)(1934年5月5日 - 5月20日、中劇場)
  • 『人形』(月組)(1934年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『鳩姫里歸り』『青春』(月組)(1934年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『仇討以上』『宝塚むすめ祭』(月組)(1935年9月25日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『火坑』『になひ文』『ミュージック・アルバム』(月組)(1936年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 『気まぐれジュリア』(月組)(1936年3月10日 - 3月25日、中劇場)
  • 『戀に破れたるサムライ』(月組)(1937年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『出世の牛若』(花組)(1937年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『祭禮の夜』(月組)(1939年5月26日 - 6月25日、宝塚大劇場)
  • 『春怨』(花組)(1939年10月26日 - 11月24日、宝塚大劇場)
  • 『清姫』(月組)(1940年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
  • 『竹生島龍神記』(月組)(1940年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場)
  • 『忘草忍ぶ草』『満潮』(月組)(1940年9月26日 - 10月24日、宝塚大劇場)
  • 『夢見曾我』(月組)(1941年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P170
  2. ^ 宝塚歌劇の殿堂 第一会場『殿堂ゾーン』の雲野かよ子本人の展示パネルから
  3. ^ 『寳塚』平井房人著、啓方閣、1934年10月5日、P196
  4. ^ 『寶塚グラフ』、宝塚少女歌劇団、1937年4月15日号
  5. ^ a b 『宝塚スター物語』丸尾長顕著、實業之日本社、1949年5月15日