電子増倍管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
連続ダイノード型電子増倍管

電子増倍管(でんしぞうばいかん、: Electron multiplier tube、EM管)とは、二次電子放出英語版と呼ばれる現象を利用して、入射した電荷を増加させる構造の真空管の事である[1]

原理[編集]

入射された荷電粒子(イオン、電子)を酸化ベリリウムなどの二次電子放出材料でコーティングされたダイノードに衝突させる事で、衝突した箇所から2個以上の二次電子の放出を繰り返させ、増幅された電子を陽極で電流として検出する。

ダイノードの種類による分類
  • ディスクリート・ダイノード型
Left
光電子増倍管の図(光電効果によって放出された電子をディスクリート・ダイノード型の電子増倍管で増幅し、陽極で検出している)
  • 連続ダイノード型(チャンネル型エレクトロンマルチプライヤー:CEM)
連続ダイノード型電子増倍管
抵抗をもったダイノードによって作られた連続ダイノード型の図

用途[編集]

用途の一例

出典[編集]

  1. ^ Allen, James S. (1947), “An Improved Electron Multiplier Particle Counter”, Review of Scientific Instruments 18 (10): 739, Bibcode 1947RScI...18..739A, doi:10.1063/1.1740838 

関連項目[編集]

  • ゾルターン・バイ英語版:電子増倍管を発明したハンガリー人物理学者