電子科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

電子科(でんしか)は、電子機器製作などの基本的な知識技術を修得させる学科工業科の専門科目のうち、「電気基礎」、「電子回路」「通信技術」などを中心に学習し情報技術者、通信技術者、回路設計技術者の育成を行う。工業高等学校では、電気科と併設または一体になっている場合が多い。

電波法電気通信事業法に基づき、無線従事者電気通信主任技術者工事担任者の取得または国家試験の科目免除が得られることもある。

一年時は電気回路直流分野や情報技術の基礎とする科目を勉強し、二年時から電気回路の交流分野やネットワーク技術、電子回路や通信技術を学習する。実習ではプログラミング電子回路の作成、シーケンス制御などを行う。最終的に工事担任者の試験合格を目標としている学校が多い。

電気科に比べて強電分野・弱電分野・情報システム分野をまんべんなく履修する形態である。さらには電子制御の分野も履修する。

専門教科[編集]

以下のものは基本的な場合であり、各学校によって学習する教科や学年は一部異なる。

一年時[編集]

二年時[編集]

  • 電気基礎
  • 電子回路
  • 電子情報技術
  • 電子実習
    • 1年次に工業技術基礎で学習したものを、より発展させた内容を体験する。また、ネットワークの実習などもこの学年で行う学校が多い。

三年時[編集]

関連項目[編集]