電撃マオウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

電撃マオウ』(でんげきマオウ)は、KADOKAWAアスキー・メディアワークスブランド発行の雑誌2005年10月27日創刊。毎月27日発売。「ゲームとコミック・ノベルの融合」がキャッチフレーズに用いられており、コンピュータゲームを題材にした漫画作品やノベライズコラムが主な掲載コンテンツとなっている。

創刊当初は『電撃「マ)』という特殊文字を使用した題字が使用されており(読みは同じ)、当初は公式サイト上で「電撃「マ)王」と表記されていたが後に「電撃マ王」と簡略化され、2011年12月号で現表記に変更されたが、現在もロゴの右上には以前の表記が記載されている。

2008年10月27日発売の12月号より創刊3周年を迎え、「3周年リニューアル」として雑誌サイズがA4判からB5判になり、2010年9月号より更に新装刊リニューアルとして大幅なページ数の増量、特にリニューアル号は1000ページ超のページ数となる、2011年12月号に3度目のリニューアルとして現誌名に変更。2014年3月号をもって通巻100号を達成。

姉妹誌として『電撃黒「マ).svg』が刊行されていたが、2010年6月19日発売のVol.12をもって本誌に統合され、一部作品が移籍連載となった。

2011年2月25日に電撃「マ)王増刊号として、『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』が創刊。出張掲載していた「テイルズ オブ マガジン」の後継誌の扱いだったが2012年12月号のリニューアルにより独立刊行となった。

2015年10月27日発売の12月号で創刊10周年を迎えた。

概要[編集]

  • 「ゲームとコミック・ノベルの融合」をキャッチフレーズに、ゲーム作品やオリジナル作品の連載や多方面からのジャンルのコラム、そしてゲーム情報などを掲載している。価格は、690円(創刊時)→630円(3周年リニューアル(A4→B5)→680円(新装刊リニューアル)→690円(紙面変更リニューアル)と移行。
  • 本誌は特にゲーム作品のコミカライズに力を入れており、連載から短期集中連載、読み切りと、様々なゲーム原作作品を掲載している。
  • 本誌では『テイルズ オブ ジ アビス』、『テイルズ オブ デスティニー[1]が連載されていたが、同一雑誌でナムコテイルズ オブ シリーズのコミカライズが2作品同時に掲載されたのは、本誌が初となる[2]

連載作品[編集]

  • 連載中作品は連載開始順、終了作品は連載終了順に記載。同一号で複数作品が終了した場合は、該当号での掲載(目次)順。
  • ゲーム等のコミカライズの際、予告コミックの先行掲載によって読者の目を引かせる手法を用いている雑誌につき、予告編等を併せ持ったり付録に先行で連載を開始する作品が多い。そのため、[ ]内にて予告編等が掲載された号も併記している。
  • 近年は連載本数の増加に伴い、一部の連載作品が入れ替わりによる隔月掲載を行っている

連載中[編集]

隔月連載・季刊連載[編集]

長期休載[編集]

  • グリードパケット∞榎宮祐) (2008年2月号 - 2011年8月号から長期休載)
  • タヌキでポン!(しおやてるこ)(2006年10月号 - 2011年8月号で長期休載告知)
  • 魔界戦記ディスガイア4超肉、原作:日本一ソフトウェア)(2011年4月号 - )
  • 拷問塔は眠らない -ナイトメア ドリーム-(崎由けぇき、原作:mothy_悪ノP、キャラクターデザイン:マルイノ)(2013年9月号 - )
  • モノノケクロックワーク(昼間行燈)(2015年11月号 - )
  • プリンス・オブ・ストライド GALAXY RUSH(新井テル子、原作・デザインワークス・脚本:曽我部修司(FiFS)、キャラクターデザイン:ののかなこ(FiFS))(2016年1月号 - )
  • ゲキドル アライヴ(関谷あさみ、原案:畑澤和也(オッドエンタテインメント))(2017年2月号 - )※隔月連載。

連載終了[編集]

オリジナル作品[編集]

  • 黄泉比良坂へようこそ(来栖達也)(創刊号 - 2006年5月号) - 単行本未発売
  • ぷちまに(杏奈月)(創刊号 - 2006年5月号) - 単行本未発売
  • あるいて一歩!!(武田すん)(創刊号 - 2007年11月号、全3巻)
  • 新三国志 雷霆の如く(篠崎司、原作:秋野めぐる)(2006年10月号 - 2007年4月号、全1巻)
  • エンブリオ(鳴瀬アツシ)(2006年12月号 - 2008年1月号、全2巻)
  • ハミ+コン!(ほんだありま)(2007年2月号 - 2007年8月号、全1巻) - 読み切り「ハミかみ」のリニューアル連載
  • ユグドラシルの果実(睦月れい)(創刊号 - 2008年1月号、全3巻)
  • 夢を叶える72の間違ったやり方(松村龍一)(2007年7月号 - 2008年2月号、全1巻)
  • プリンセス破天荒(田中圭一)(創刊号 - 2008年4月号、全1巻)
  • さざんかさっちゃん(林正之)(創刊号 - 2008年1月号、全1巻)
  • 百年鋼女(喜尚藤吉)(2007年5月号 - 2008年4月号、全3巻) - 作者急病で連載終了。第3巻に描き下ろしで最終話まで収録。
  • われは剣王っ!!(城爪草、原作:芝村裕吏)(2007年3月号 - 2008年8月号、全3巻)
  • ハングドマン(新井テル子)(2008年1月号 - 2008年8月号、全1巻) - 本誌では途中終了、単行本で完結編が収録された。
  • イチ・らぶ・キュウ遠山えま)(2008年3月号 - 2010年4月号)
  • ヒのカグツチ(さらちよみ)(2009年1月号 - 2010年5月号)
  • アンチ(羽衣リカ、原作:里尾昴)(2009年10月号 - 2010年8月号)
  • 琥珀姫(睦月れい)(2008年12月号 - 2010年9月号)
  • 半熟てんちょ!(あかざわRED)(2010年10月号・2010年11月号)
  • ななつさ(浅見百合子)(2010年9月号 - 2011年1月号)
  • 明日からがんばる!もりちか)(2010年2月号 - 2012年2月号) - 2度の読み切りを経て、連載スタート
  • ALBOX 〜永遠を買えたら〜(ハネイリカ)(2012年3月号 - 9月号)
  • 閃紅のクレドネイラ(玲衣)(2011年12月号 - 2012年11月号)
  • 忍弾(ひよひよ)(2011年6月号 - 2013年1月号)
  • 殴女と魔王(仮)(飯島俊規、原作:小野瀬幸一、演出:神林中)(2010年10月号 - 2013年3月号)
  • ななほし天道(黒瀬浩介)(2012年5月号 - 2013年4月号)
  • ジュクボックス(蛇足せんたろう)(2012年10月号 - 2013年5月号)
  • 世界の果てで愛ましょう武田すん)(2009年1月号 - 2013年7月号)
  • サラカエル(六道神士)(2010年9月号 - 2013年9月号)※季刊連載
  • 金魚鉢ホロスコープ(森井しづき)(2011年12月号 - 2013年12月号)
  • ロッテのおもちゃ!葉賀ユイ)(2007年8月号 - 2014年2月号)
    • 2011年4月より「アスタロッテのおもちゃ!」のタイトルにて、本誌オリジナル作品として初のアニメ化作品となった。
  • 南風だいありー(樹人、原作:斎藤ゆうすけ)(2013年6月号 - 2014年2月号) - 第1部完
  • フィギュアシフターズ(里好)(2013年2月号 - 2014年3月号)
  • 忌火のダキニ(sigama)(2013年2月号 - 2014年5月号)
  • てんしちゃんとあくまくん(石坂ケンタ)(2013年5月号 - 2014年10月号)
  • 空想科学Xsaxyun)(創刊号 - 2014年11月号)
  • 僕らはイタい生き物だ。(赤井吟行)(2012年12月号 - 2015年3月号)
  • シンメトリーズ(シバユウスケ)(2014年7月号 - 2015年8月号)
  • ib -インスタントバレット-赤坂アカ)(2013年9月号 - 2015年10月号)
  • 巨像少年VS.新世界少女(倉橋ユウス)(2015年11月号 - ) - 長期休載後単行本で完結
  • 魔法女まほな(田中久仁彦)(2016年1月号 - 6月号) - 短期集中連載
  • 王道楽土のビジランテ(sigama)(2015年8月号 - 2016年7月号)
  • えい! えい!! 営業ちゃん(ウシハシル)(2015年10月号 - 2016年10月号)
  • HATRED(六甲島カモメ)(2015年12月号 - 2016年10月号)
  • MEMENTO -archivez-(南高春告、協力:AXsiZ)(2015年9月号 - 2016年11月号)
  • 真夜中のX儀典(馬鈴薯、原作:山口ミコト)(2014年6月号 - 2017年1月号)
  • でいとりっぱー(長月みそか)(2015年10月号 - 2017年6月号)
  • 西王子くんに告白されました。(イチヒ)(2016年6月号 - 2017年7月号)
  • NOEL(大岩ケンヂ)(2016年7月号 - 2017年12月号)
  • サクラ*ナデシコ(葉賀ユイ)(2015年10月号 - 2018年1月号)
  • 一撃殺虫!!ホイホイさん LEGACY田中久仁彦)(2010年9月号 - 2011年9月号で長期休載告知、2016年2月号 - 2017年3月号で休載告知、2017年12月号 - 2018年3月号) - 作品公式twitterでの不定期掲載に移行
  • 悪食王(村下玖臓)(2017年8月号 - 2018年6月号)
  • コーヒーカンタータ(からあげたろう)(2017年1月号 - 2018年7月号)
  • 文武両闘 最強才智の育て方(内々けやき、原作:河本ほむら)(2017年6月号 - 2018年8月号)
  • 稲川さんの恋と怪談(ヨゲンメ)(2017年11月号 - 2018年9月号)
  • 坂本先生は逃げ出したい!(遠田マリモ、原作:更伊俊介)(2018年1月号 - 10月号)
  • 超常探偵X(saxyun)(2015年7月号 - 2019年1月号)
  • バージンロードで会いましょう(りんごくらぶ)(2018年8月号 - 2019年6月号)
  • 真月プロトコル(佐藤敦紀)(2018年10月号 - 2019年7月号)

コミカライズ作品[編集]

連載休止[編集]

  • うねうね(きむらじゅんこ、原作:芝村裕吏、協力:萌葱風のりお)(創刊号)

※2006年1月号(第2号)から休載→2006年4月号告知消滅で連載休止

短期集中連載[編集]

- 単行本未発表

企画・コーナー[編集]

  • 「マ)王の柱
創刊号より存在していたコーナーで、ページ毎の両端に編集者の他愛のない雑談日記から編集者や読者のオススメ漫画・小説・CD・映画などの紹介コーナーが存在していた。しかし、3周年記念リニューアルに伴い、雑誌のサイズがB5判となり、削られる形で柱コーナーは2008年11月号を以って最終回となった。
  • スペランカー先生
創刊号より連載している、伝説のFCゲーム『スペランカー』の主人公を題材にした毎月1ページに1コマ掲載の4コマ漫画コーナー。超虚弱体質の主人公・スペランカー先生の日常を描いた4コマ漫画で有名なわずかな段差で死亡するなど本作のシステムをネタに使用している。作画は高は車。なお、本作ははアイレムホームページ内の「ふる里4コマ小唄」がオリジナルであり本誌へはそれとは別の新作描き下ろしとなっている。

コミック連動コーナー[編集]

一部の連載作品にはコミック連動コーナーがある。主にその作品の情報・コラム・企画・読者からのおたよりなどが掲載される。もちろん連載作品が終了すれば、この連動コーナーも最終回を迎えることとなる。

コミック連動コーナー一覧(現在連載中)[編集]

()内に関連する連載作品を表す。

  • 狼と香辛料 旅のしおり(狼と香辛料)
  • 八十神高等学校 掲示板(ペルソナ4)
  • ぷちどるフィーチャー★(ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-)

コミック連動コーナー一覧(連載終了)[編集]

  • テイルズ オブ ジ アビス交響楽団♪(テイルズ オブ ジ アビス)
  • 集え!ソーディアンマスター(儚き刻のリオン)
  • マンスリーマビノギ通信(マビノギ スタッカート)
  • ガンパレード・マーチ Briefing Room(ガンパレード・マーチ 萩 幽霊前線)
  • 月刊MINATOKU MAGAZINE -COMIC SIDE-(ペルソナ3)
  • 星海Station(スターオーシャン2 セカンドエヴォリューション)
  • らぶきゅーおうじ(イチ・らぶ・キュウ)
  • デュアルアース 神宮学園TODAY(デュアルアース 〜忘却のコギト〜)
  • グリパケ∞機構(グリードパケット∞)

読者参加コーナー[編集]

『電撃「マ)王』の読者参加コーナー。様々なお題を出してハガキを募集する「三丁目のお笑いマンガ道場」や、読者の悩みをゆるく解決する「ヘルプ!!「マ)王」などのコーナーがある。ハガキが掲載される度にポイントが加算されていき、特定のポイントを超えると特製グッズがもらえるシステムになっている。現在10ポイントで「特製缶バッジ」、20ポイントで「三丁目オリジナルマグネットステッカー」が貰えることが確認されている。

小説[編集]

創刊号から小説が連載されていたが、小説枠は2007年4月号より一時期消滅した。2008年7月号より『テイルズ オブ ジ アビス』のメインシナリオライター実弥島巧が担当した小説で1年3か月ぶりに復活、2009年9月号に全作品の掲載が終了した。

連載作品[編集]

連載休止[編集]

※2007年5月号から休載、8月号より休載告知が無くなり自然消滅により終了。

ゲーム4コ「マ)王[編集]

2007年1月号からスタート。その時の発売したばかりのゲーム、または人気作の4コマを短期連載するコーナー。1作品にだいたい2ページでそのゲームのギャグ4コマを掲載するがスタート直後は若干異なる掲載形式だった。1作品につき2 - 3か月の連載が基本である。ただし大人気作は伸びる傾向があり、過去の最長連載は「ひぐらしのなく頃に 第1巻・崇&第2巻・想」の7か月[9]、一作品としての最長連載期間は「ひぐらしのなく頃に祭」の6か月。2009年7月号で掲載された「戦国BASARA バトルヒーローズ」では、6月27日に発売されるアンソロの先行掲載ではあるが本コーナー初の複数作家による掲載となった。2007年8月号ではコーナー休載の代わりに、新作4コマと過去の作品を再収録した「ゲーム4コ「マ)王夏トクスペシャル!」が付録となった。2008年12月号のリニューアルに伴い、各作品3ページに増設され、4コマ掲載数は6個→5個と減少。2010年11月号では初めての休載、その後は掲載ページも縮小され2012年6月号掲載の「マビノギ」を最後にコーナーは消滅した。

以下は連載されたゲーム作品、全64作品である

タイアップ[編集]

  • 2007年2月22日に発売された『モンスターハンター ポータブル 2nd』及び2008年3月27日に発売された『モンスターハンター ポータブル 2ndG』のタイアップとして、本誌に掲載された『モンスターハンター2』で主人公・ギレルが最終回で装備していた防具「ディアソルテシリーズ」が本作で登場している。また彼が依頼主のタイアップクエストもある。
    • また、集会所クエストでもタイアップとして「「マ)王 片角のマオウ」と言うクエストがあり、ギレルが依頼主となっている。これをクリアするとディアソルテシリーズの生産に必要な素材の一つ「「マ)王チケット」が貰える。またオンライン内のダウンロードクエストでも「「マ)王 マオウ再び!」というクエストもある。
  • 2009年1月29日に発売された『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』のタイアップとして、2009年4月号のP15にて公表されたパスワードを使用し、連動サイトにてパスワードを入力すると、本誌のコーナー「テイルズオブFesta」のタイトルロゴがプリントされた「電撃マ王Tシャツ」が貰える。現在はパスワード不要で無料ダウンロードが可能。
  • 2009年8月6日に発売された『テイルズ オブ バーサス』のタイアップとして、2009年10月号のP13にて公表されたパスワードを入力するとスペシャルバトル「電撃「マ)王 バトル!」がダウンロードでき、そのスペシャルバトルに打ち勝つことができればアーチェ専用武器「馬の頭つき棒」を入手できる。なお、現在ではパスワード入力が不要となり、誰でもダウンロードが出来るようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ディレクターズカット版を題材とした、「儚き刻のリオン」が誌上タイトル
  2. ^ 過去にスクウェア・エニックス発行の漫画誌が同シリーズのコミカライズを3作品連載していたが、同時連載は2008年2月まで実現せず、後のテイルズオブマガジン(角川書店刊)刊行まで本誌が唯一のシリーズ同時連載となっていた。
  3. ^ 本編は2009年12月号で終了、2010年1月号は番外編が掲載
  4. ^ 最終回のみ『KADOKAWA エンターブレイン』名義
  5. ^ 2011年12月号に【森島はるか編スペシャルエピローグ】掲載。
  6. ^ セガハード擬人化アニメを田中圭一らマンガ化”. ナタリー (2014年8月27日). 2014年8月28日閲覧。
  7. ^ 『電撃黒「マ)王』で連載していた『ペルソナ4』とのトレードで本誌から移籍。同誌の本誌との統合後は『ペルソナマガジン』に移籍した。そして本誌に復帰し2013年7月号から不定期連載を開始、その後毎号連載に移行した。
  8. ^ 吉原基貴(伊達政宗編/2017年5月号 - 7月号、真田幸村編/2017年12月号・2018年2月号)・大賀あさぎ(石田三成編/2017年6月号 - 8月号、猿飛佐助編/2018年3月号・4月号)・堤芳貞(松永久秀編/2017年9月号・11月号)・土方悠(毛利元就編/2018年5月号・6月号)
  9. ^ 最終回の告知はしていないので両作品が継続して連載しているのだと思われる

関連項目[編集]

  • 月刊ComicREX - 『電撃「マ)王』と同時期に創刊。こちらもテイルズ作品を2009年1月号まで掲載していた。
  • テイルズ オブ マガジン - テイルズオブシリーズをメインにしていた雑誌。テイルズ作品は歴代最大の連載本数を誇り、広告も雑誌内に掲載、また本誌も出張で広告が毎号掲載されていた。2009年11月号であるVol.14を最後に休刊した。
  • ビバ☆テイルズ オブ マガジン - 電撃「マ)王増刊号、テイルズオブマガジンの後継誌。