電波少年に毛が生えた 最後の聖戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
電波少年に毛が生えた
最後の聖戦
ジャンル バラエティ番組
演出 土屋敏男
出演者 松本明子
チューヤン
製作
プロデューサー 鈴木雅人
関根崇史
長濱薫
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2002年10月12日 - 2003年1月11日
放送時間 土曜 22:00 - 22:54
放送分 54分

電波少年に毛が生えた 最後の聖戦』(でんぱしょうねんにけがはえた さいごのせいせん)は、2002年10月12日から2003年1月11日まで日本テレビ系列で、毎週土曜22:00 - 22:54(JST)に放送されたバラエティ番組

概要[編集]

日曜22時台後半(初期は『笑撃的電影箱』枠)にて放送されていた「電波少年シリーズ」(『進め!電波少年』および『進ぬ!電波少年』)の後継番組であり、『THE夜もヒッパレ』の後番組として土曜22時台に移動するのに伴い1時間番組としてリニューアルされた。「1クール(3か月)の平均視聴率が13%に載らなければ終了する」、という厳しい課題を設ける形で開始した本番組ではあったが、番組企画のマンネリ化や相次ぐ不祥事(後述)でモラルが問われていたという状況は『進ぬ!』の後期から依然変わっておらず、目標達成はおろか週によっては1桁を記録する回も出るなど結局は公約通り1クールで終了することとなった。

2003年1月11日放送分の最終回では『電波少年に毛が生えようが、抜けようが強引にでも全部ゴールさせるぞスペシャル』と題し、放送枠を2時間に拡大しての生放送が行わた。オープニングでは司会の松本明子チューヤンに扮したダウンタウン松本人志が登場し[1]、進行中であった企画の最終回などが放送され、3か月という短い放送期間であったため無理やりゴールという形にはしたもののいずれも満足いく形でゴールすることはできなかった。チューヤンは電波少年で唯一行っていない大陸・南極大陸を旅し[2]、最後には松本が番組に対する思いと関わった人物への感謝を涙ながらに語った後、中継先で残りのネタを釣り上げていた杉やんと入れ替わったチューヤンが別れを告げて番組を締め括った。

本番組の終了をもって1992年7月から約11年間(10年9か月)続いた「電波少年シリーズ」にもピリオドが打たれたが、後番組である『雲と波と少年と』の早期終了により、番組終了から2か月後の2003年3月1日と8日の2週にわたってつなぎ番組として『電波少年 恥ずかしながら帰って参りました…終ったから言ってまえ 涙の全ゴールシーン&裏話&秘話』と題された総集編スペシャルが放送された。

主な企画[編集]

ボスはホームレス、人間は何度だって立ち上がれる[編集]

前身の『進ぬ!電波少年』より引き継がれた企画。ホームレスから社長候補を探し、資本金300万円を集めて有限会社を設立する。
3人の芸人が挑戦したが、山田(剣聖剣士)は企画の苛酷さと子どもが小銭を恵んでくれようとすることにショックを受けリタイアとなった。ムネ(オーディン)もホームレス生活に馴染んでしまい、スタッフから番組の打ち切りと企画終了を告げられ「帰っていいよ」と言われたが、「帰らなくてもいいんですよね」とホームレスタウン残留を希望し、「ボクはホームレス」ともじられた。
ハイテンション石原(現・THE石原)はまとまったお金(30万円)を持ってきたら社長就任も考えるという元会社経営者のホームレスに出会うが、そこで番組終了を告げられる。最後までやりたいと石原が希望したため、カンカラの杉やんが最後のネタとして釣り上げたマグロで一攫千金を狙うという「回転寿司生活」との合同企画が行われたが、結局マグロは釣れず終了となった。
当時は今ほど触れられることの無かったホームレスの生活などを結果としていち早くテレビ番組で取り上げることとなった。
なお、『進ぬ!』時代に放送された初回ではショッカーが3人の芸人を拉致するくだりがあったが、遅れネットの地域では北朝鮮による日本人拉致問題が大きく取り上げられた時期と重なったこともあり、不謹慎と判断され放送されなかった。

杉やんの回転寿司生活[編集]

かっぱ寿司のCMに出ている杉やん(杉林功、カンカラ)がかっぱ寿司のネタを自ら漁や野菜畑で手に入れ、それを食料として生活する企画である。ゴールはメニューの50品目を全て食べることで、移動手段は原付だったが企画開始直後に杉やんは原付免許を取得していない事が発覚し、原付免許を取得することになってしまった。同企画は寿司以外のものは食べてはいけないというルールだったが、ガリは自由に食べてよいとされ、飲み物はお茶が用意された(お茶以外の飲み物も飲んではいけない)。
しかし、14品目をクリアしたところで番組終了を告げられ、杉やんの希望で最後にマグロを釣って企画を締めることになった。青森県大間に出向き、「ボスはホームレス」に挑戦していた石原とともにマグロ釣りに挑んだが結局釣ることは出来なかった。最終回の生放送では杉やんがとある漁港で残りのネタを釣り上げる様子が中継された。そこではシーチキンの缶やパックの魚といった“ネタ”が釣り針にかかっており、最後はなぜか杉やんがチューヤンに入れ替わっているという結末となった。

日本ポッチャリ党[編集]

ぽっちゃりな女性が好みの若手芸人たちがポッチャリ党を設立し、グラビアアイドルの葉川空美を5キロ太らせ“ぽっちゃりアイドル”にするという企画で、過度な痩身至上主義やダイエットブームから女性を守るために企画された。この企画に挑戦した芸人らは、ジャガーズTKO木下隆行魚でFブラック・ボックスビームなど。
富士山のふもとにある「ポッチャリ山荘」に軟禁された葉川のもと、葉川がグルメ雑誌などで指定した料理を芸人たちが自転車で店まで買出しに行くという内容だった(自転車で買出しをするというのは葉川本人は知らなかった。)。初めは東京など比較的近い場所だったが、次第に関西など距離が伸びていき、最終回では何と韓国にまでも至った。最終回のお正月メニューで目標体重に到達してゴールとなり、自転車で買出しをしていたことが知らされるが葉川は、「そうなんだー」というリアクションをとるのみであった。

LAUGH&PEACE 笑いで平和をもたらしたい!![編集]

カラテカ矢部太郎が挑戦し戦時中のアフガニスタン、イスラエルで現地人を笑わせる企画で、笑わしに行こうシリーズの続編と言える。食事は笑わしに行こうシリーズ同様、会話テストの正解で獲得だったが、アフガニスタン編では、2つの言語(パシュトー語ダリー語)があるため、2種類の会話テストをしていた(その分正解したときの食事も2つ)。また、矢部は現地でボランティアも行っていた。

復活!!国境ダジャレ カラテカのはじめてのおつかい[編集]

電波少年INTERNATIONAL』でキャイ〜ンが行った企画のリメイクで、カラテカが挑戦した。第一弾は東ティモールインドネシアの国境で、「西から昇ったお日様が、東ティモール。これでインドネシア、これでインドネシア」(アイドル・フォー天才バカボン」の替え歌)、第二弾はカンボジアタイの国境で「カンボジアの無い奴ぁ 俺んとこへタイ」(植木等だまって俺について来い」の替え歌)と、ダジャレを言う企画だった。矢部は偶然にも以前「電波少年的アンコールワットへの道の舗装」を行った場所で、舗装現場に毎日通っていたカンボジアの少年に出会った。そのカンボジアの少年は、本企画の取材スタッフ中に当時の「ハンサム」こと荒井伸元がいることに気が付き、予定外の感動の再会となった。

ママさんコーラス隊[編集]

ママさんコーラス隊が話題となっているニュースの現場や人物のもとに赴き、それらを皮肉る内容の替え歌を合唱するという企画で、週刊誌『フライデー』への抗議を皮切りにタマちゃん騒動や小柴昌俊田中耕一ノーベル賞受賞、竹中平蔵などを取り上げたが、後述の事情で解散となった。

本番組にまつわる事件[編集]

本番組においては3つの騒動事件が発生している。

フライデー騒動事件[編集]

前身の『進ぬ!』で放送された「15か国少女漂流記」に出演したヨーロッパ人女性が、撮影で重度の火傷を負ったことやスタッフにやらせを強要されたという記事を写真週刊誌『フライデー』に公表した。同番組はこれに抗議する意味で、フライデーを発行している講談社の前で直接ママさんコーラス隊が抗議の意を込めたコーラス(「グリーングリーン」の替え歌)を行った。しかしフライデーは翌週、それに反論する記事を講談社前に来たママさんコーラス隊の写真共々掲載した。

コーラス隊騒動事件[編集]

明治学院大学の学園祭で行われた当時の民主党鳩山由紀夫代表の講演終了後、質疑応答の時間にママさんコーラス隊が無断で壇上に上がり、鳩山代表本人を揶揄する合唱(「山口さんちのツトム君」の替え歌)を行ったところ民主党と大学の主催者が抗議し、これを受けそのVTRは放送中止となり急ごしらえの街頭ロケでごまかした。だが、TBSの情報番組である『ジャスト』がママさんコーラス隊が歌う様子を放送してしまったため、これを受けてママさんコーラス隊は事実上解散となった。

カッパ騒動事件[編集]

カッパ伝説がある岩手県遠野市で、2002年8月からお笑い芸人のモンモン[3]に河童の変装をさせて山で潜伏生活をさせた。目撃情報が地元のケーブルテレビ局である遠野テレビで紹介されたり、投稿写真が『東京スポーツ』(2002年10月23日付け)の一面を飾った[4]が、その写真を投稿したのが番組のスタッフといういわゆる“自作自演”だった。日本テレビ側は「不幸な出来事が続く世の中にロマンを提供したかった」と弁明したが、それでも関係者の怒りは治まらず日本テレビへの訴訟まで検討され、本番組の打ち切りの遠因ともなった。また、小説家京極夏彦もこの報道の直後に公式サイトである大極宮内の自身のコーナーでカッパ騒動事件を取り上げ、同番組および日本テレビのスタッフのスタンスなどを激しく批判している[5]

ネット局の状況[編集]

このシリーズを放送する土曜22時台の放送枠はマストバイ局対象のネットセールス枠であったため、『進ぬ!電波少年』時代に遅れ放送していた秋田放送中京テレビ読売テレビ広島テレビ福岡放送でも同時ネットに昇格した。ただし高知放送などの一部の局では、ネットスポンサーがつかず、ローカルスポンサーをつけて放送していた。反対に『進ぬ!電波少年』時代に同時ネットで放送していたテレビ大分は『ゴールデンシアター』の同時ネットとなっていたため同時ネットは見送られた[6]

『進ぬ!電波少年』時代に遅れ放送していた福井放送四国放送ではテレビ朝日水曜9時枠ドラマの時差スポンサードネット枠となっていたため、この2局では引き続き遅れネットとなった[6]

最終回の『強引にでも全部ゴールさせるぞスペシャル』は、福井放送では同時ネットをされず、後日一部編集した上で昼間の時間帯に録画放送された[7]

スタッフ(最終回時点)[編集]

  • 企画・演出:土屋敏男
  • 構成:海老克哉、小山薫堂そーたに、田中直人、都築浩鮫肌文殊中野俊成、三俣麻弥、川中宏子、今関ちなつ
  • TM:勝見明久
  • SW:村松明
  • CAM:榎本丈之
  • MIX:加賀金重郎
  • AUD:今野健
  • VE:江頭恭二
  • VTR:菅谷典彦
  • LD:内藤晋
  • 中継技術
    • TD:鈴木修一
    • SW:木村健
    • CAM:岩見龍也
  • ロケ技術:NTV映像センター、鴇田晴海
  • 技術協力:青森放送
  • 編集:須藤康則
  • MA:番匠康雄
  • 音効:花岡英夫
  • ナレーション:木村匡也(KYOYA)、伊倉一恵青二プロダクション
  • TK:山沢啓子
  • 美術:小野寺一幸
  • デザイン:本田恵子
  • 広報:三浦剛
  • デスク:小林圭子、藤島悦子、中野里英
  • アシスタントディレクター:堀田康貴、酒井甚哉、辻正記、我妻哲也、立澤哲也、今泉昌子、宮本大輔、麻生聡、林竜太郎、中島彰人、原田浩司、川口香織、豊川かおり、金澤忠延、山口晶嗣、立川昇平、青木章浩、山下亜紀、阿部和孝、深谷圭二、岩崎誠、佐藤大輔、吉良哲平、前みゆき、藤原夕季江
  • ディレクター:香川春太郎、〆谷浩斗、飯島冬貴、高谷和男川邊昭宏、古立善之、鈴木淳一、松橋晃弘、近藤祐治郎、相田貴史、正久仁
  • プロデューサー:鈴木雅人、関根崇史、長濱薫、池田秀一、西出康成、菱沼永司
  • 制作協力:NTV映像センター、THE WORKSEXCEL(現:エクセリング)
  • チーフプロデューサー:吉田真
  • 制作著作:日本テレビ

脚注[編集]

  1. ^ 松本は番組中盤で、同じくチューヤンに扮したカラテカ矢部太郎に入れ替わった後に松本人志として再び出演した。
  2. ^ 放送では天候不順により南極大陸付近の島で立ち往生しているところで終わっている。
  3. ^ モンモンは、前番組の『進ぬ!電波少年』の「電波少年的ペナントレース」では横浜枠にいたが、連敗の影響で体調を崩し、途中でリタイアとなっていた。
  4. ^ 日本テレビ制作『ブラックワイドショー』でも取り上げられたが、その『ブラックワイドショー』での放送が本番組より先だった。
  5. ^ 京極夏彦 (2002年11月15日). “第82号”. 週刊大極宮. さまよう厨子王 ~ 京極夏彦のコーナー. 2018年9月7日閲覧。
  6. ^ a b テレビ大分は2006年10月以降の土曜21:00 - 23:30は日本テレビとの同時ネット枠となっている他(『土曜プレミアム』は時差ネットに降格)、四国放送は土曜22時台におけるテレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマの放送は2007年9月で終了。2007年10月以降の四国放送の土曜22時台は日本テレビとの同時ネット枠となっている。
  7. ^ はみだし刑事情熱系』(第7シリーズ)の時差ネットを放送したため。21時台は穴埋め番組を放送した。当時の福井放送の土曜21時台は『土曜ドラマ』の同時ネットだった(現在の土曜21時台ははテレビ朝日『木曜ドラマ』の時差ネット。『土曜ドラマ』は2008年4月から7日遅れに変更)。
日本テレビ 土曜22:00 - 22:54
前番組 番組名 次番組
THE夜もヒッパレ
(1995年4月15日 - 2002年9月21日)
電波少年に毛が生えた 最後の聖戦
(2002年10月12日 - 2003年1月11日)
雲と波と少年と
(2003年1月18日 - 2月22日)