電流の比較

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本項では、電流比較(でんりゅうのひかく)ができるよう、昇順にする。

電流には正負があるが、ここではその絶対値を扱う。また、電流には直流交流があるが、交流の場合は主に実効値である。

[編集]

因数 単位 値(指数) 説明
10−21 ゼプトアンペア (zA) 160 zA 1.6×1019 A 1秒間に電子1個が流れる時の電流[1]
10−18 アトアンペア (aA)
10−15 フェムトアンペア (fA) 10 fA 1×1014 A 代表的なピコアンメータの電流計測分解能[2]
100 fA 1×1013 A ある種の超低入力バイアス電流のオペアンプのバイアス電流[3]
10−12 ピコアンペア (pA) 10〜50 pA 1〜5×1011 A 代表的なSiフォトダイオード(受光面 数mm2程度)の暗電流[4]
130 pA 1.3×1010 A 温度 300 K で 1 kΩ の電気抵抗に生じる帯域幅 1 kHz 当りの熱雑音(rms値)[5]
10−9 ナノアンペア (nA) 4 nA 4×109 A 温度 300 K で 1 Ω の電気抵抗に生じる帯域幅 1 kHz 当りの熱雑音(rms値)
10−6 マイクロアンペア (µA) 500 µA 5×104 A 商用周波数で人体に感じる最小の電流(感電も参照)[6]
10−3 ミリアンペア (mA) 3 mA 3×102 A 代表的なスタンガン放電電流
10 mA 1×102 A 人が筋肉随意運動ができなくなる感電電流[7]
数〜50 mA 〜5×102 A 一般的なLED素子の発光に必要な駆動電流[8]
100 mA 1×101 A SPring-8の蓄積リングの蓄積電流(代表値)[9]
300 mA 3×101 A 九州シンクロトロン光研究センターの蓄積リングの蓄積電流(代表値)[10]
450 mA 4.5×101 A 高エネ研PFリングの蓄積電流(代表値[11]。1996年12月には773mAを記録[12])
500 mA 5×101 A USB2.0規格において供給できる電流の上限[13]
999.85 mA (0.99985A) 9.9985×101 A 硝酸銀水溶液電気分解したとき、毎秒0.001 118 000gの析出する定常電流値(=1948年以前の1国際アンペアの定義)[14]
100 アンペア (A) 1 A 真空中に1m(メートル)の間隔で平行に置かれた無限に小さい円形の断面を有する無限に長い2本の直線状導体のそれぞれを流れ、これらの導体の1mにつき2×10−7N(ニュートン)の力を及ぼし合う直流の電流(アンペアの定義)[15]
上記で定義したアンペアで表した瞬間値の二乗の1周期平均の平方根が1である交流の電流(計量単位令別表第一の交流電流の規定)[16]
毎秒 1C(クーロン)の電荷が流れるときの電流
1Ω(オーム)の電気抵抗に 1V(ボルト)の電圧を掛けたときに流れる電流
定格100V、100W(ワット)の電球に流れる電流
2.36 A 1時間に1リットル(標準状態,STP)の水素ガスを供給する燃料電池が作り出せる理論上の電流値[17]
10〜60 A 1〜6×101 A 東京電力従量電灯B契約の使用上限電流値[18]
30〜50 A 3〜5×101 A AEDの放電電流[19]
103 キロアンペア (kA) 1 kA 1×103 A 代表的な通勤電車の力行時の電流のオーダー[20]
数10〜数100 kA 104〜105 A 1回の放電電流のおよその大きさ[21]
106 メガアンペア (MA) 5.5 MA 5.5×106 A 核融合実験装置 JT-60 で生成されるプラズマ電流[22]
数〜数10 MA 106〜107 オーロラジェット電流[23]
109 ギガアンペア (GA) 3 GA 3×109 A 太陽圏電流シートを流れる電流のおよその大きさ[24]
数 GA 109〜1010 A 地磁気双極子モーメントから予想される地球コアに流れる電流の強さ[25]
1012 テラアンペア (TA) 1 TA 1012 A 太陽黒点
1015 ペタアンペア (PA) 1 PA 1015 A PSR J0537-6910
1018 エクサアンペア (EA) 0.1〜10 EA 1017〜1019 A 銀河の対称面を流れていると予測されている銀河電流シートの電流の大きさ(予測値)[26]
1021 ゼタアンペア (ZA)
1024 ヨタアンペア (YA) 34.79 YA 3.479×1025 A プランク電流

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電子1個の持つ電荷(電気素量)1.602×1019Cより。
  2. ^ 例えば、KEITHLEY社ピコアンメータ 等。
  3. ^ 例えば、Analog Devices社オペアンプ 等。
  4. ^ 例えば、浜松ホトニクス 等。
  5. ^ 熱雑音の項参照。
  6. ^ 感電の項参照。
  7. ^ 感電の項参照。
  8. ^ 発光ダイオードの項参照。
  9. ^ SPring-8 大型放射光施設 蓄積リング緒言
  10. ^ 佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター 光源装置概要
  11. ^ T. Obina, 『KEK PF及びPF-ARの現状』(Proc. of the 7th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan, 2010). 2009年より2.5GeV運転では450mAのトップアップ運転。
  12. ^ 高エネルギー加速器研究機構 フォトンファクトリー概要
  13. ^ ユニバーサル・シリアル・バスの項参照。
  14. ^ 英語版アンペアの項、及びその参照文献
  15. ^ アンペアの項参照。
  16. ^ 計量単位令(平成四年十一月十八日政令第三百五十七号)
  17. ^ 毎時1リットル=毎秒2.778×104リットル、標準状態(STP)で1molの気体は22.7リットルより毎秒1.224×105molの水素ガスを消費。水素ガス1molあたり電子2mol発生するので、毎秒2.448×105mol=2.36クーロンの電子が取り出せる。
  18. ^ アンペアブレーカーの項参照。
  19. ^ 江南市消防署
  20. ^ 例えば、E501系で直流1,500V、編成出力1,920kW(4M6T)。
  21. ^ の項参照。
  22. ^ JT-60の項参照。
  23. ^ 名古屋大学太陽地球環境研究所りくべつ宇宙地球科学館『オーロラの50のなぜ』P.21
  24. ^ 太陽圏電流シートの項参照。
  25. ^ 地磁気の項参照。
  26. ^ 太陽圏電流シートの項参照。

関連項目[編集]