電算写植

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

電算写植(でんさんしゃしょく)とは、手動写植による組版作業を電算機=コンピュータで行えるようにしたシステムのこと。電算植字(でんさんしょくじ)ともいわれる。

新聞社を含む印刷会社ごとに異なるシステム(CTS)と写植会社の写植機のシステムの双方を指し、印刷出版業界内では「電算」と言えば電算写植のことを意味する。

本項目では日本の電算写植について述べる。海外での写植システムがコンピュータ化されていった過程はen:Phototypesettingを参照。

概要[編集]

旧来の活版印刷や手動写植の欠点を補い、ワークフローを一新するものとして1960年代に登場した。日本では写研が開発したSAPTONシステムが初の電算写植システムで、まず大手新聞社の支社や地方新聞社などの小規模印刷から導入が進み、その後に朝日新聞社や凸版印刷といった大規模出版社による独自のシステムが開発された(朝日新聞社の「NELSON」、神戸新聞社の「六甲」等)。

1950年代に開発された「漢字テレタイプ」(通称「漢テレ」)というシステムの装置を受け継いでおり、アルファベットやかなが並んだ現在のコンピュータのキーボードではなく、打鍵する漢字の「要素」(部首のようなもの)が大量に並んだ、文字の形で写植する文字を選んで打鍵する、極めて複雑な打鍵装置を使う。写研の初期の電算写植機で採用された、51種類の要素が並んだもの(「一寸ノ巾…」という順番で文字が並んでいたので「一寸ノ巾配列」と呼ばれる)ものが有名だが、後期にはより複雑化した。

電算写植機の打鍵は慣れるとDTPより早いとされたが、オペレーターには活字の文選工と同じだけの熟練を要求された。電算機上で動作する編集組版ソフトウェアも、プログラミング言語と同様のコマンドの羅列で行う(「バッチ組版」「コマンド組版」などと呼ばれる)ため、取り扱いに熟練を要する上に、印刷するまで出力結果が全く分からなかった(後期の製品にはディスプレイが搭載され、ある程度は確認できるようになった)。また写植においては、編集組版の工程だけでなく、下版までの製版の各工程ごとに、高価で複雑な装置と専門のオペレーターを必要とした。さらに、ほとんどの小規模出版で導入されていた写研のシステムは、導入コストもさることながら、フォントが活字時代のような買いきりではなく、印刷するたびに写研にフォント使用料を払わないといけなかった。そのため、普通のパソコン1台で組版から下版までの作業が行え、パソコンの画面に表示されたものと印刷される出力結果が同じであるWYSIWYGを実現し、モリサワのフォントが買い切りで使えるDTPが1989年に登場すると、そのコストの低さ・取り扱いの簡易さ・版下をすぐ確認できる高速性が評価され、まず小規模印刷からDTPに置き換えられていった。モリサワの書体は、写植時代は写研の書体よりも「ダサい」と考えられており、写研の書体よりも安価でありながら使用者が少なかったが、初期のDTPで唯一の選択肢だったということもあり、便利さにはかなわず、1990年代以降は写研に代わってモリサワの書体が広く使われるようになった。

電算写植は初期のDTPよりも高速印刷・大量印刷に適しており、また初期のDTPよりも「美しい」組版が可能だったため、大手新聞社や大手出版社では1990年代以後も電算写植が生き残ったが、DTPソフトの機能が向上した2000年代からDTPベースのシステムに次第に置き換えられている。

写研は出版の電算化と写植化を共にリードし、電算写植システムとフォント使用料で大きな利益を上げたが、そのためにDTPに乗り遅れ、1998年には組版業界の最大手の座をモリサワに奪われることとなった。

なお、1970年代以降に写植機の電算化が進められる一方で、手動写植機の開発も1980年代までは続いており、その堅牢性が評価され、1990年代までは一定の需要があった。最終的には手動写植機もディスプレイ、メモリー、フロッピーディスク装置などを搭載した電子制御式手動写植機となり、電算写植機と遜色ない機能を備えるようになっている。特にモリサワが1986年に発売した手動写植機の最終形態「ROBO 15XY型」は、電算写植機と同様に組版を自動で行う上に、仮印字した写植の位置をディスプレイ上で確認して調整でき、さらに簡単な作図機能も備えるなど、写植機の内部で歯車が物理的に動作して文字盤を動かしている点を無視すればDTPに近い機能すら備えていた。また、電子制御式手動写植機の他にも、電子制御式ではない手動写植機や旧来の活版印刷機など、1990年代までは予算や規模や用途に従ってさまざまな印刷機が存在していたが、これらは「経営者が高齢で新規の投資が難しい」などの特別な理由がない限り、2000年代までには全てDTPに一本化された。

歴史[編集]

日本における電算写植の歴史は、写研の「SAPTON」システムの歴史でもあるので、「SAPTON」システムを中心に記述する。DTPが普及する1990年代まで、写研の「SAPTON」システムは日本の小規模印刷における標準的な電算写植システムとして非常に普及した。

漢字テレタイプ(漢テレ)[編集]

電算写植システムの前史として、漢字テレタイプ(通称「漢テレ」)と呼ばれるシステムがある。

1950年代以前、文書を遠隔通信する際はモールス信号などの電信符号を機械でかなに翻訳する「かな印刷電信」が使われていたが、同音異義語を漢字変換する際のミスが起こりがちだったことから、漢字かな交じり文を高速に遠隔通信するためには主に伝書鳩が使われていた。

そんな中、1954年に読売新聞社と防衛庁によって、漢字かな交じり文を電信で遠隔通信する「漢テレ」と呼ばれるシステムと、人間がキーボードで打字した文字を自動で鋳造し、自動で植字までを行う「全自動活字鋳植機」(モノタイプ)と呼ばれるシステムが試作される。また1955年には朝日新聞社と新興製作所によっても同様の物が試作されるなど、日本の大手新聞社において漢字かな交じり文の遠隔通信システムの研究と自動鋳植機の導入が同時に進められていた。

そして1958年、ついに新興製作所が「漢テレ」を実用化する。これは、漢字かな交じり文を電信的にやり取りするための符号化コード、符号を紙テープ(鑽孔テープ)に記録する文字盤付きの鑽孔機「漢字テレタイプ」、紙テープを読み取とって符号を送信する送信機、遠隔地で受信して紙テープに記録する受信機、紙テープを読み取って印字する「漢字テレプリンタ」(当時はディスプレイがまだ発明されていなかったので、これが現代で言う「モニター」に相当する)などからなるものであった。

1959年には各新聞社の統一文字コードであるCO-59が策定されたこともあり、1960年代初頭には日本の新聞各社において漢テレによる自動活字鋳植システムが急速に普及した。これは記事の受信から活字の鋳植(鋳造&写植)までを自動化し、新聞社の本社や共同通信社などから配信された記事を、日本の各地域の新聞社が受信して漢テレで紙テープ(鑽孔テープ)に記録し、その紙テープの内容を自動活字鋳植機(モノタイプ)が読み取って全自動で鋳植まで行うシステムで、従来の文選や、人間が手作業で打字しながら活字を鋳植するのに比べても圧倒的な高速化が可能となった(なお、自社取材記事の場合はテレタイプを使って自分で鑽孔しないといけない)。

この当時のシステムは、記事の送信・受信装置、記事を紙テープに出力する鑽孔機、紙テープに内容を記録する漢テレ、紙テープの内容を読み取って鋳植する全自動活字鋳植機で構成されていた。まだ活字であり、写植ではなかったが、これらの装置が電算写植システムにも流用されることとなる。

一方、大手新聞社以外のほとんどの印刷所は、依然として人間の文選工が活字を一つ一つ手で拾って版を作っていた。このような状況の中、出版業界では1960年代前半から後半にかけて、写植の導入とコンピューターの導入がほぼ同時に進められ、まず写研が「SAPTONシステム」を実用化した。

アナログ写植機(第2世代電算写植機)[編集]

日本で初めて開発された電算写植機が、写研の「SAPTONシステム」である。この時期の電算写植機は、写植機の中で文字盤が歯車で物理的に動作しているというアナログな方式なので、後のデジタルフォントを利用した方式と対比して「アナログ写植機」と言う。世界的には「第2世代電算写植機」に相当する。

1920年代に写研の石井茂吉と森澤信夫(のちにモリサワを創業)によって写植が発明されたが、写植は主に端物に用いられ、本文組みには従来通りの活字組版が用いられていた。写研は写植を本文組版へも使用されることをめざし、1960年に全自動写植機「SAPTONシステム」を発表。

1965年には新聞社向けの写植システム「SAPTON-N」が実用化され、1967年に朝日新聞北海道支社と佐賀新聞社に最初に納入された。また、書籍や雑誌などの本文組版を対象とした一般向けの写植システム「SAPTON-P」も1968年に実用化され、1969年8月にダイヤモンド社に最初に納入された。

「SAPTON」システムは、全自動写植機「SAPTON」とテープ編集機「SAPTEDITOR」で構成されており、「テープ編集機」で紙テープ(鑽孔テープ)に記録された文字コードを、「全自動活字鋳植機」で読み取って組版する形であった。「SAPTEDITOR-P」では制御部にリレーを用いた組版処理機能が組み込まれた。

「SAPTEDITOR」は後にトランジスタを用いて電子化され、より高度な組版処理機能が組み込まれたが、テープ編集機に対する組版処理機能の拡張要求は増加する一方であり、その全てをハードウェアだけで実現するのは困難だと判断された。そのため、写研はコンピュータを用いた編集組版ソフトウェアの開発に着手する。

1969年に発表された「SAPTON-A」システム用に開発された「SAPCOL」が日本初の一般印刷向けの組版ソフトウェアである。編集組版用ミニコンピュータとしてはPDP-8が用いられ(これは1971年に日立製作所のHITAC-10に置き換えられた)、当時のコンピュータはOSに相当するものを持たなかったため、OS相当のプログラムなども写研が自社で開発した。紙テープ編集ソフトウェア「SAPCOL」の登場で、紙テープ編集機「SAPTEDITOR」はその役目を終えた。

「SAPTON-A」は1970年に朝日印刷工業(官報などを印刷している群馬県の印刷会社)に納入された。これが日本初の電算写植システムである。新聞社向けのシステムも同時に開発され、同年に神奈川新聞社に納入された。

1972年の「SAPTON-Spits」システムでページ組版に対応。1976年には「サプトン時刻表組版システム」により、日本交通公社発行の時刻表が電算写植となった。

CRT写植機(第3世代電算写植機)[編集]

独ライノタイプ社のCRT写植機(海外版。モリサワより展開された「ライノタイプ」の日本語版は、モリサワ独自の打鍵装置が付く)

1970年代から1980年代にかけてはSAPTONシステムの小型化・低価格化・高機能化が進められた。仮印字した写植を確認するディスプレイが搭載され、メディアは紙テープからフロッピーディスクとなった。

1970年代後半に登場した電算写植機は、これまでの写植機のような文字盤を使用せず、コンピュータのメモリにデジタルフォントを記憶させ、コンピュータの指令に応じて所定の文字を取り出し、CRTの蛍光面上にその文字を表示させ、それを感材に露光して写植する方式であり、「CRT写植機」と呼ばれる[1]。文字盤を動かす「歯車」という機械的な稼働部品を無くすことで、さらなる印字の高速化が可能になった。文字の数が少ない欧米では1970年代後半の時点ですでに主流の方式で、日本でも更なる電算写植の高速化の為に求められていたが、日本語の写植では6000字を超えるデジタルフォントを扱う必要があるため、開発は難航していた。しかし写研が1977年に実現した。

まず、従来のSAPTONを改良し、従来と同じ文字盤の中から1文字を選択し、それをブラウン管に投影して文字情報を電子信号化するという「アナログフォント方式」のCRT写植機「SAPTRON-G1」が1977年に開発された。8書体までの文字が利用可能となった「SAPTRON-G8N」は、1980年にサンケイ新聞大阪本社に導入され稼働を開始した。

その後、写研が1976年より提携していた米オートロジック社のCRT写植機「APS-5」を和文化し、デジタル化された明朝体とゴシック体を搭載した「デジタルフォント方式」のCRT写植機である「SAPTRON-APS5」を1977年に発表。株式会社電算プロセス(現在のJTB印刷)に導入され、時刻表の印刷がさらに高速化された。

レーザ写植機(第4世代電算写植機)[編集]

文字と画像を一括して出力するシステムが求められていた。そのため写研は、CRT写植機の開発のために写研が提携したオートロジック社の「APS SCAN」を利用し、図版原稿をレーザーでスキャンするスキャナの「SAPGRAPH-L」を1979年に発表。また文字と画像を一括して出力する「レーザ出力機」の「SAPLS」を1979年に発表。また、レーザ出力機だとドットフォントでは実用に耐えない事から、これまでのようなドットのデジタルフォントではなく、レーザ出力機でも文字が崩れずに出力できる「アウトラインフォント」も開発された。

写研による「レーザ写植機」の実用機は、1980年代前半より相次いで市販された。また、当時は日本の写植業界2位であったモリサワも、1980年に独ライノタイプ社と提携して電算写植機に参入し、同時期の写研の「SAPTONシステム」と同様のレーザ写植機「ライノトロン・システム」を展開している。

また、組上がりを確認しながら(WYSIWYG)編集組版できるシステムが求められていたことから、写研は1984年にワークステーションPERQを利用した編集組版レイアウトターミナル「SAIVERT-N」を発売。画面への表示にアウトラインフォントではなくドットフォントを利用しているという制限はあったものの、電算写植システムにおいてほぼWYSIWYGが実現された。さらに1989年に発売された「SAIVERT-P」は、文字と画像を一緒に扱えるだけでなくペンタブレットを利用した簡単な作図機能も有しており、これを利用することで、従来のように写植で出力された文字と画像を切り貼りした後に烏口などで線を引いて版下を作るという「フィニッシュワーク」が必要なくなることから、従来は手動写植機が使われていたチラシや雑誌広告の制作においても電算写植システムが導入されるようになった。

この「レーザ写植機」が、写研を除く各メーカーの電算写植機の最終形態である。レーザ写植機は、1980年代から1990年代にかけて「写真が高精細になる」「CRTが液晶になる」などの改良が行われた。

「レーザ写植機」で実現された、「文字と画像の統合処理」「アウトラインフォント」などの流れの先に、DTPが登場する。レーザ写植システムで使用された「レーザ出力機」は、後にPostscriptに対応させ、初期のDTPでもMacからの出力機として流用されることとなる。

1985年に登場した史上初の「PostScript対応のレーザ出力機」が、モリサワが提携していたライノタイプ社の「ライノトロン・システム」で用いられていた、1985年発売の「ライノトロニック100」であった。

(なお、この当時使われていた「レーザ出力機」は、PC用として使われているレーザープリンターと同じ原理だが、紙にインクを飛ばすのではなく印画紙やフィルムに感光させる点が異なる。Postscriptに対応(つまり電算写植とDTPの双方に対応)したレーザ出力機を「イメージセッタ」と言う。電算写植またはDTPで制作した組版データを、「イメージセッタ」を使って一旦フィルムに出力し、それを元に改めて刷版を作成するという「CTF(Computer to film)方式」は、電算写植からDTPへの過渡期にかけてよく行われていたが、組版データから直接刷版を作成する「CTP(Computer to Plate)方式」や、刷版を作成せずに組版データをプリンターで直接印刷する「オンデマンド方式」と比較すると手間がかかる上に、フイルムに起因する品質不良が発生する恐れがあるため、DTPの標準化に伴ってほとんど行われなくなった。)

DTPへの移行[編集]

電算写植で印刷された写研の「ゴナ」と、DTPで印刷されたモリサワの「新ゴ」が混在している。「きっぷうりば」は新ゴ、「Shinkansen Tracks」はHelvetica、他の文字はゴナ

モリサワは「MC型手動写植機」の成功で、手動写植の時代には写研に続く組版業界第2位であり、1976年には電子制御式の手動写植機「MC-100型」、1978年にはブラウン管ディスプレイを搭載して写植の印字を史上初めて肉眼で確認できるようになった「モアビジョン」を発表するなどしていたが、電算写植への動きはかなり遅く、モリサワと独ライノタイプ社との合弁会社であるモリサワ・ライノタイプ社によって1980年に発売された「ライノトロン」がモリサワによる最初の電算写植機となった。電算写植機への参入は遅かったものの、「ライノトロン」シリーズの最初の製品であるデジタルフォント式電算写植機「ライノトロン202E」は、発売から3年で100台を納品するヒット商品となった。

1985年、ライノタイプ社はDTPにおいてアップルやアドビなどと提携し、DTPに対応(Postscriptに対応)したイメージセッタ「ライノトロニック100」を発表。同時期、アドビは日本のDTP業界に進出する機会をうかがっており、またモリサワ2代目社長の森澤嘉昭も「(自社の看板商品である)ライノトロニックがMacで動く」という、後に「DTPの創始」とされる1985年に国際印刷機材展ドルッパ(drupa)で行われたデモンストレーションを目撃したことで、DTPに興味を持っていたことから、モリサワはライノタイプの仲介で1986年に米アドビ社と提携。1987年には新入社員の森澤彰彦(モリサワ創業家の跡取りで、後に3代目社長)にDTPを身に着けさせるため、4か月間米アドビ社に派遣するなど、積極的にDTPを推進することになる[2]。モリサワは1989年にアドビよりポストスクリプト日本語フォントのライセンスを取得。同年には日本初のポストスクリプト書体となる「リュウミンL-KL」と「中ゴシックBBB」が搭載されたプリンター「LaserWriter NTX-J」がアップル社より発売され、日本におけるDTP元年となった。

1990年代に入ると、DTPは電算写植を急速に置き換えていく。特に、1970年代から1990年代にかけて非常に広範囲に使われた写研のフォント「ゴナ」とよく似たデジタルフォントが、モリサワの「新ゴ」として1993年に発売されたことが大きく、写研は1993年にモリサワを訴えたが2000年に敗訴した。

特に小規模印刷で大きなシェアを得ていた写研のSAPTONシステムだが、印刷までの工程ごとに複数の高価な専用ハードウェアが必要とされる電算写植に対して、市販のMac1台とDTPソフトの「QuarkXPress」1本で完結するDTPの方が圧倒的に安価であり、また従来は複数の専門オペレータによって分業されていた工程をDTPでは一人で行えるようになるという点でも、小規模システムはDTPへの移行が早く、電算写植のシステムは1990年代前半から後半にかけてMacを使ったDTPベースのシステムに置き換えられた。写研はDTPの流れに対抗すべく、MacやWindowsなどで作成されたデータもSAPCOLで編集できる「SAMPRAS」(サンプラス)システムを1997年に発表したが、DTPベースのシステムと比較すると極めて高価であり、また電算機が写研のサーバーに接続されてフォントの使用1文字あたりで課金されるという「従量課金制」と言う点でも、小規模印刷所には受け入れられなかった。

なお写研の「SAMPRAS」システムは、UNIX(Hi-UX)を搭載した日立のワークステーションがベースのカラー集版システム「SAMPRAS-C」、文章データと画像データを読み込んで保管するデータベースサーバ「IMERGE II」など、市販のサーバーをベースとした複数のハードウェアで構成されている。その中のテキスト編集機「GRAF」は、1960年代から使われている写研の伝統のテキスト編集ソフトウェア「SAPCOL」を内蔵してはいるものの、Windowsを搭載した市販のPCと同じDOS/Vベースのシステムであるため、この時代になると電算写植機はDTPと全く同じハードウェアを用いるようになっている。電算写植はDTPと比べると複数の独自ハードウェアを用いる複雑なシステムに見えるが、熟練オペレーターにとってはこちらの方が逆にDTPよりも扱いやすく、DTPよりも美しい版がDTPより迅速に作成できるという点でも、特に大手出版社においては電算写植を支持するオペレーターが未だ多かったのも、1990年代当時においては事実である。

モリサワの電算写植機は、Windows95の登場後にWindows PCベースのシステムにリプレースされた。しかし1997年当時、モリサワの売上の大半はすでに写植事業では無くPostScriptフォント事業によるものとなっていた[3]。写植業界ダントツ1位の写研と比べると、モリサワの会社の規模は元々それほど大きくなかったということもあり、DTP業界の拡大とともにモリサワの業績は急拡大。モリサワは、1998年には年商ベースで写研を抜いて製版業界トップとなった。

2000年代以降[編集]

大規模出版においては2000年代頃まで電算写植が使われていたが、1999年にQuarkXPressを上回る機能を持つDTPソフトウェアAdobe Indesignが発売され、 Adobe Indesignの機能向上が進むにつれて、大規模出版を含むほとんどの出版がAdobe IndesignベースのDTPに置き換えられた。

2000年代以降にはPCで利用可能なデジタルフォントも充実し、写研を除くかつての写植メーカーがDTP向けのフォントの販売を行っているほか、Indesignでは扱うのが面倒な日本語の大規模自動組版向けのソリューション(モリサワの「MC-Smart」など)も存在している。かつて写植機と言う「ハードウェア」を販売していたモリサワは、デジタルフォントやDTPソフト、その他をひっくるめたソリューションと言う「ソフトウェア」を販売する業態に転換した。モリサワに次ぐ大手だったリョービ(リョービイマジクス)はフォントベンダーとなった後、2011年にフォント部門がモリサワに買収され消滅した。

写研は2000年代以降もDTPへの対応を全く行っていない。そもそも写研は情報公開に消極的で、2000年に写植用フォントを発表して以降の発表が無く、公式ウェブサイトすら存在しないため、DTP時代への対処を検討しているのかしていないのかすらよく解っていない。2011年の「第15回電子出版EXPO」に写研が出展し、写研の名作フォントである「ゴナ」や「ナール」をOpenTypeフォント化する予定があるとのアナウンスを行ったが、2018年現在でも公開されていない。写研は2018年時点でも、写研のフォントが利用できることをウリとする電算写植システムの販売・レンタル・フォント使用料の徴収などを軸とした、独自のビジネスモデルを続けている(その意味で、電算写植の時代はまだ終わっていないともいえる)。

2000年に発売された写研の組版システム「Singis」はWindowsベースのシステムで、Photoshopやillustratorなども利用できるが、「Signis」に搭載された写研のフォントは独自形式で、写研のソフトウェアからしか利用できない。また、「Signis」と組み合わされる写植の各工程の専用ハードウェアはそれぞれ数百万円くらいするため、Mac1台で完結するDTPと比較すると著しく高価であり、さらに使用するたびに使用料がかかかる「従量課金制」である。「Singis」には「SAPCOL」で記述された昔の電算写植データをPDF化する機能もあるため、いくつかの業者においては2010年代以降の電子書籍時代においても活用されているが、写研の閉鎖的なエコシステムは複数のソフトウェアやフォントを自由に利用する前提のDTPとは正反対で、ほとんどの業者においては電算写植時代のデータが2000年代以降に受け継がれることがないまま、電算写植機オペレータの廃業とともに歴史のかなたに消えることとなった。

鉄道のサインシステムは旧国鉄の「すみ丸ゴシック」を使うJR東海を除いて写研のフォントが使われていたが、電算写植の技術を持つオペレーターが少なくなっているため、DTPを使用せざるをえなくなり、看板が古くなって交換する2010年代以後に「写研のフォントとよく似たデジタルフォント」に次第に置き換えられている。

放送業界においては、1984年に写研の電子テロップシステム「TELOMAIYER」(テロメイヤー)が発売され、これは写植を介さずに直接感熱記録紙に印字できるので、その時点で写植ではなくなっている。放送業界ではその後もしばらく写研の電子テロップシステムによるものと並行して、写研の電算写植機によるテロップが使われていたが、例えばNHK年鑑では1994年度以降は「写植」の文字が登場しなくなり、そのころに電算が廃止されたようである。ちなみに放送業界においても、番組制作のデジタル化が進むとともに、やはり電算機と同様に「わざわざ写研の電子テロップシステムを使わなくても、Macに元から入っているフォントで十分」と言うことになり[4]、写研のフォントは2000年代以降にはほとんど使われなくなった。例えばアニメ業界では「プリキュア」シリーズが最後まで写研のフォントを使い続けていたが、2011年の「スイートプリキュア」からフォントワークスのフォントが一部導入され、2013年の「ドキドキ!プリキュア」からフォントワークスのフォントに完全移行した。

なお、日本の電算写植の創始であるSAPTONシステムをほぼ独力で開発した写研の藤島雅宏(2014年に死去)は、「SAPCOL」によるコマンドベースの組版をDTPに拠らずに代替するものとして、晩年はXMLベースのXSL Formatting Objectsの普及に携わっていた。

その他の電算写植システム[編集]

日本の大手出版社や新聞社では、1970年代には独自に開発した「Computer Typesetting System」(CTS)と呼ばれるシステムが各社に構築されることとなる。

NELSONは、朝日新聞社とIBMが共同開発した電算写植システムである。1980年に稼働し、2005年まで使われた。

日経新聞社のANNECSも朝日新聞社のものと同時期にIBMが開発した。

凸版印刷は、1968年に電算写植システム「Computer Typesetting System」(CTS)を富士通と共同開発した。2006年に電算時代の編集組版ソフトウェアのコマンドをXMLベースで置き換え、Adobe Indesignのプラグインとして提供する「次世代CTS」となった。

電算写植の意義[編集]

適当な文字列(「Lorem ipsum」)で先に組版だけをしてしまい、肝心の中の文章は後で割り当てるという「仮組み」がDTP時代には行われるようになった

1960年代に登場した電算写植は、旧来の活版印刷や手動写植に対してメリットとデメリットがあったが、次第に電算写植の方ががよく使われるようになっていった。また1980年代に登場したDTPも、旧来の電算写植に対してメリットとデメリットがあったが、次第にDTPの方がよく使われるようになっていった。

1990年代から2000年代にかけて、日本の印刷物が電算写植からDTPに移行したことによって、印刷物の組版が変化したり、1990年代以前に多用されていた写研のフォントが全く使われなくなるなど、日本の印刷文化において断絶している部分がある。一方で、上記の歴史の通り、「電算写植」と「DTP」は全く断絶しているわけではなく、むしろ活版印刷・手動写植・電算写植へと続く印刷の歴史の流れの先にDTPがあると言える。

手動写植に対する電算写植の利点[編集]

1960年代から1970年代にかけての手動写植に対する電算写植の利点は、以下のようなものがあった。

  • 手動写植は基本的に文字入力と組版が一体化しており、写植機で1文字ずつ文字を入力(感材に印字)していくことで同時に組版が行われるが、電算写植では文字入力と組版を分業化できるようになった。
  • そのため、誤植や変更があった場合、手動写植の場合は版下を1文字単位で切り貼りする必要があり、大変な労力を要していたが、電算写植では保存しておいた組版データ上で修正を行うようになり、大幅な修正も簡単になった。
  • また、組版データを保存しておくことができるということは、版下と校正紙が切り離されることを意味し、校正紙を複数出力することなども可能になった。
  • 歯車の動作に依存する手動機では不可能なような、複雑なデザインがこなせるようになった。

一方で、電算写植の「早く組める」「大幅に直せる」という利点は、「あとで直せるから」という意識につながり、原稿を組版工程に回す前段階で綿密に行われるべき編集者の原稿整理や校正、レイアウトなどがおろそかになった(誤植誤報につながる)という指摘も多かった。暗算による字数計算に基づく紙面レイアウトなどの、活字時代には編集者の基本とされた技能が、組版技術の進化と反比例するように衰退したとも言われる。それはDTP時代になると、かつてならばあり得なかったであろう「仮組み」(とりあえず組んでみて、レイアウトを調節する)などが行われることにつながる。

なお、1960年代当時は文字通り全て手動でハードウェアを管理・制御する形式であった「手動写植機」であるが、1980年代には「電子制御手動写植機」となり、コマンドをフロッピーディスクに記録できるなど電算写植機に近い機能を備えるようになり、電算写植機との差はあまりなくなっていた。

初期のDTPに対する電算写植の利点[編集]

1980年代から1990年代にかけての初期のDTPに対する電算写植の利点は、以下のようなものがあった。

  • 写研のSAPCOL(サプコル)に代表される組版プログラムの開発は、日本語組版のルールに基づくページレイアウトを可能にし、DTPよりも“美しい”組版ができた。
  • DTPでは希望する書体が使えない、和文の組版ルールへの対応が甘い、あるいは数式と和文の混在したページを満足に組めない
  • 対話型の組版(マウスやキーボードでフォントや位置をいちいち指定するような組版)では大量のページ物を組む効率が悪く、「コード」を使った自動組みでは電算写植に一日の長がある

一方で、上記のDTPの欠点は1990年代から2000年代にかけて解消されていった。電算写植からDTPの移行においては、電算写植機の「コード」をAdobe Indesignの「スクリプト」やXMLで置き換える試みがなされ、また日本語の大量ページ物の組版の効率化への要求に対しては、モリサワがMC-Smartを用意した。

なお、1960年代当時は旧来の写真植字の機構を電算機で管理・制御する形式であった「電算写植」であるが、1990年代には市販のサーバーやPCベースのシステムとなり、PostScriptへの対応やWYSIWYGを実現したシステムも登場するなどDTPに近い機能を備えるようになり、DTPとの差はあまりなくなっていた。

関連用語[編集]

出典[編集]

  1. ^ 電算写植の歴史-印刷100年の変革 - 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)
  2. ^ モリサワ 代表取締役社長 森澤彰彦 - 週刊BCN+
  3. ^ 電子の文字 ── モリサワと写研(再掲) – PICTEX BLOG
  4. ^ 【放送のオーラル・ヒストリー】「テレビ美術」の成立と変容 (1)文字のデザイン - NHK『放送研究と調査』 2014年1月号