霊山辛氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
霊山辛氏
氏族
朝鮮
領地 昌寧郡
家祖 辛鏡
著名な人物 辛ドン重光武雄重光宏之重光昭夫

霊山辛氏朝鮮語: 영산 신씨)は、朝鮮氏族の一つ。本貫慶尚南道昌寧郡である。2015年調査では、187426人である。

始祖は、中国隴西出身で、北宋の八学士の1人として高麗に入国した辛鏡であるという。辛鏡は、1138年に文科及第、金紫光禄大夫と門下侍郞平章事を任官され、貞懿という諡号を受け、昌寧郡の霊鷲山に定住し、霊山辛氏を創始した。しかし、多数の韓国の学者は霊山辛氏も他の朝鮮半島の名字のように朝鮮半島の土着民が模華思想で中国の苗字を使ったと思っている。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]