霜田あゆ美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

霜田 あゆ美(しもだ あゆみ、1967年[1][2] - )は、日本のイラストレーター漫画家

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。短大英文科を卒業後、画材店に勤務[3]

その後、パレットクラブスクールを卒業[4]し、2000年にイラストレーターとして独立。2009年頃からブログ上に漫画の練習をアップし、それをまとめた著書「おそ咲きの花子さん」を2011年に出した[3]。イラストにとどまらず、貼り絵、切り絵、刺繍、版画などにも取り組んでいる[4]堀本裕樹に師事し俳句も作る。

作品[編集]

挿絵[編集]

  • 「ジュニア版 図書館ねこデューイ 町をしあわせにした、はたらくねこの物語」 ヴィッキー・マイロン (角川つばさ文庫)
  • 「犬と私の10の約束」 サイトウアカリ (角川つばさ文庫)
  • 「てあらいがとまらないアライグマ:強迫性障害」 宮田雄吾 (情報センター出版局)
  • 「6歳から親子ではじめる書道教室」 松川昌弘 (芸術新聞社)[5]
  • 「霜田あゆ美の今日はどんな日?」(『読売新聞』 水曜夕刊 popstyle 週1回・一コマ、2019年4月3日 - )[6][7]

カバーイラスト[編集]

  • 「俳句、はじめました」 岸本葉子 (角川学芸出版)
  • 「頭の中身が漏れ出る日々」 北大路公子 (毎日新聞社)
  • 「ネコの目で見守る子育て」 太田あや (小学館)
  • 「虹色ドロップ」 夏石鈴子 (ポプラ社)
  • 「今日もやっぱり処女でした」 夏石鈴子 (角川学芸出版)
  • 「きのうと同じに見えるけど」 夏石鈴子 (角川学芸出版)
  • 「船に乗れ!」 藤谷治 (ポプラ社)
  • 「小説の書きかた」 須藤靖貴 (講談社)[8]
  • 「おばあさん」獅子文六(朝日文庫)

Webイラスト[編集]

  • ダスキンホームインステッド 「おすすめ特集」[9] (2010年から[10]

漫画[編集]

著書[編集]

  • 「おそ咲きの花子さん」 (風濤社、2011年)[19]
  • 「はじめての うらしまたろう」 (教育画劇、2015年)
  • 「はじめての つるのおんがえし」 (教育画劇、2016年)

その他[編集]

  • A.P.J. アーティストダイアリー

脚注[編集]