霞村 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かすみむら
霞村
廃止日 1951年4月1日
廃止理由 新設合併
青梅町霞村調布村青梅市
現在の自治体 青梅市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
西多摩郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 【東京都】
青梅町調布村小曽木村
西多摩村瑞穂町
埼玉県
飯能町金子村
霞村役場
所在地 東京都西多摩郡霞村
座標 北緯35度47分17秒 東経139度16分30秒 / 北緯35.78817度 東経139.275度 / 35.78817; 139.275 (霞村)座標: 北緯35度47分17秒 東経139度16分30秒 / 北緯35.78817度 東経139.275度 / 35.78817; 139.275 (霞村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

霞村(かすみむら)は東京都の西部、西多摩郡に属していた

地理[編集]

現在の青梅市の東部に位置する。

歴史[編集]

村名の由来は、霞川によるとも、また霞下・霞ヶ関などの小字が多いことから名づけたともいう。

村域の変遷[編集]

変遷表

1868年
以前
明治7年 明治22年
4月1日
昭和26年
4月1日
現在
今井村 霞村 青梅市 青梅市
藤橋村
新町村
木野下村
今寺村
谷野村
大門村
塩船村
吹上村
野上村
上師岡村 師岡村
下師岡村
根ケ布村

大字[編集]

※今井村時代からの旧大字(昭和48年完全廃止)として、焼塚(4丁目)、大久保(現4丁目)、水窪(現3.4丁目)、原今井(現2丁目)、堀の内(2丁目)、七日市場(現2丁目)、柳田(現1丁目)、物見塚(現5丁目)がある。現在も自治会等の区分として使われている。

行政[編集]

歴代村長
歴代助役
  • 吉沢与八 1889年6月 - 1893年7月[1]
  • 秋葉貞次郎 1893年4月 - 1897年4月[1]
  • 川鍋丈助 1897年6月 - 1921年8月[1]
  • 関塚金太郎 1921年11月 - 1925年11月[2]
  • 百瀬真澄 1925年12月 - 1926年8月[2]
  • 野崎彦太郎 1926年8月 - 1930年8月[2]
  • 吉永太一 1926年7月 - 1947年4月[2]
  • 五十嵐與作 1943年4月 - 1944年7月[2]
  • 吉沢賢吾 1947年6月 - 1951年3月[2]

人口[編集]

総数 [単位: 人]

1935年(昭和10年)G50.pngG10.pngG10.png 7,035

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『増補改訂 青梅市史 下巻』p.1219
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『増補改訂 青梅市史 下巻』p.1220

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978年、ISBN 4040011309
  • 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180
  • 青梅市史編さん委員会『増補改訂 青梅市史 下巻』、1995年10月20日。

関連項目[編集]