霧村悠康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

霧村 悠康(きりむら ゆうこう[1]1953年 - )は日本小説家医師画家。本名・木本安彦奈良県生まれ。[2]

大阪大学医学部卒業後、大阪大学微生物病研究所附属病院、大阪大学医学部附属病院で腫瘍外科の臨床医として活躍。腫瘍免疫学および生命科学に関する論文も多数発表している。現在、大手製薬会社メディカルアドヴァイザー兼勤務医。[3]

『摘出―つくられた癌』が第22回新風舎出版賞フィクション部門最優秀賞を受賞。以降、医療ミステリーを多数発表。2013年以降は主に電子書籍(アドレナライズ)で作品を発表している。

著書[編集]

黒いカルテシリーズ[編集]

  • 摘出―つくられた癌(2005年10月 新風舎
    • 【加筆・修正】摘出 完全版―つくられた癌(2006年12月 新風舎文庫)
      • 【改題・修正】摘出―黒いカルテ(2009年11月 静山社文庫)
  • 昏睡―かくされた癌(2006年9月 新風舎)
    • 【加筆・修正】昏睡 完全版―かくされた癌(2007年12月 新風舎文庫)
      • 【改題・修正】昏睡―黒いカルテ(2010年2月 静山社文庫)
  • 細菌感染―つくられたカルテ(2007年7月 新風舎文庫)
    • 【改題・加筆・新編集】教授室―黒いカルテ(2010年5月 静山社文庫)

女医・倉石祥子(祥子&乱風)シリーズ[編集]

  • 特効薬 疑惑の抗癌剤(2008年7月 二見文庫
  • 死の点滴(2009年1月 二見文庫)
  • 黒い研究室(2009年7月 二見文庫)
  • 感染爆発(パンデミック)―恐怖のワクチン(2010年5月 二見文庫)
  • 女医・倉石祥子 死の病室(2012年3月 二見文庫)
  • 死の最終診断(2013年4月 アドレナライズ)

副作用解析医・古閑志保梨シリーズ[編集]

  • 透白の殺意(2008年11月 ぶんか社文庫)
  • 悪魔の爪痕(2009年2月 ぶんか社文庫)
  • 脳漿溶解(2009年5月 ぶんか社文庫【上・下】)
  • 内視鏡検査室(2010年4月 ぶんか社文庫)
  • 腐肉の処方箋(2011年2月 ぶんか社文庫)

美人内科医・南野由利香シリーズ[編集]

  • 暗闇―美人内科医南野由利香(2010年12月 静山社文庫)
  • 覚醒―美人内科医南野由利香(2011年6月 静山社文庫)

シリーズ外[編集]

  • 瘢痕―殺意の陰に(2006年7月 文芸社
  • 全身麻酔(2008年10月 ぶんか社文庫)
  • 脳内出血(2008年10月 だいわ文庫
    • 【改題・大幅加筆修正】医学論文捏造殺人事件(2013年9月 アドレナライズ)
  • ロザリアの裁き(2009年3月 二見文庫)
  • 細菌No.731(2009年3月 だいわ文庫)
  • 吼える遺伝子(2009年10月 静山社文庫)
  • 夜診(2010年8月 静山社文庫)
  • 悪医の病棟(2012年4月 徳間文庫
  • 境界―最終治療と謎のカプセル(2012年5月 静山社文庫)
  • 神魔の火焔(2014年4月 アドレナライズ)

映像化作品[編集]

テレビドラマ

出典・脚注[編集]

  1. ^ 小説家デビュー当初は「きりむらはるやす」と表記していたこともある。摘出―つくられた癌【著者紹介】”. 紀伊國屋書店BookWeb. 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ 公式サイト「霧流庵」トップページ
  3. ^ 「夜診」著者紹介”. 紀伊國屋書店BookWeb. 2013年3月3日閲覧。