霧雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

霧雨(きりさめ、きりあめ)または小糠雨(こぬかあめ)は、のような細かいのこと。文学など、色々なシチュエーションで使われている。気象学上では、雨滴の直径が0.5mm未満の雨と定義されている[1]

層雲は別名霧雲といい、雲の粒子が細かいため、雨を降らせるときは粒が細かい霧雨となることが多い。積乱雲積雲の場合は、霧雨が降ることは少ない。

日本における霧雨[編集]

霧雨の天気記号(日本式)

日本式天気記号では、雨を表す「雨の日本式天気記号」の右下に、片仮名の「キ」をつける。この「キ」は、「キリサメ」の頭文字である。

天気を自動で判別する機械が導入され、目視観測を2019年2月から順次終了したことに伴い、霧雨の記録を終了した[2]。機械による天気の自動判別では、雨滴の大きさを判別することは難しいためである[2]

脚注[編集]

  1. ^ 降水”. 気象等の知識・予報用語. 気象庁 (2012年3月8日). 2013年11月8日閲覧。
  2. ^ a b 天気の「快晴」がなくなった 「歴史的転換」迎えた観測:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年4月3日閲覧。

関連項目[編集]