露土戦争 (1768年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
露土戦争
露土戦争
1768年-1774年
場所 アストラハンアゾフ
結果 ロシア帝国の勝利
衝突した勢力
ロシアの旗 ロシア帝国 オスマン帝国の旗 オスマン帝国
Military flag of the Crimean Tatars.PNG クリミア・ハン国
指揮官
エカチェリーナ2世
ピョートル・セレビアノフ
ソコルル・メフメト・パシャ
デウレト・ギレイ・カーン
カシム・パシャ
戦力
15,000人 2000人 スィパーヒー
15,000人 イェニチェリ
1000人 軽装歩兵、軽騎兵
50,000人 クリミア・タタール人

露土戦争(ろとせんそう)は、1768年から1774年にかけて、ロシア帝国オスマン帝国との間で行われた戦争である。 ポーランド侵攻と並行して、ロシア帝国オスマン帝国との間に露土戦争を行っていた(第一次露土戦争)。ポーランド制圧を終えたアレクサンドル・スヴォーロフはこの方面に派遣され、1773年4月17日、アストラハン歩兵連隊とコサック騎兵連隊の指揮を引き継いだ。スヴォーロフの部隊はサルティコフ中将の第一軍の隷下に置かれ、全軍の右翼についた。

1773年6月28日、スヴォーロフはドナウ川近郊に築かれたオスマン軍野営地を奇襲して勝利した。オスマン軍はドナウ川を越えて撤退し、ロシアはルーマニアを制してトルコ侵攻の橋頭堡を築いた。

1774年4月、スヴォーロフはバルカン半島に侵攻し、6月19日、コズルドジで8,000名の軍で40,000名のオスマン軍を撃破した。これはオスマン帝国にとって決定的な打撃となった。6月21日、キュチュク・カイナルジ条約が締結され、ロシアはオスマン帝国から多数の利益を引き出した。

今日は何の日(8月26日

もっと見る