青い珊瑚礁 (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青い珊瑚礁
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
種別 ショートドリンク
作成技法 シェイク
グラス Cocktail Glass (Martini).svg   カクテル・グラス
アルコール度数
度数 22~39.6度
レシピの一例
ベース ジン
装飾材料 マラスキーノ・チェリー
テンプレートを表示

青い珊瑚礁(あおいさんごしょう、英:Blue Coral Reef [1][2])は、ジンをベースとするカクテル。このカクテルはショートドリンクに分類される。

概要[編集]

ペパーミントグリーンの鮮やかな色合いを南の海に、赤いチェリーを島や珊瑚に見立てた美しいカクテルである。

1950年昭和25年)5月3日、日本バーテンダー協会の主催で行われた「第2回 オール・ジャパン・ドリンクス・コンクール」の優勝作品[1]。作者は名古屋のバーテンダー鹿野彦司[1]。爽やかなペパーミントの風味とジンが合わさり、すっきりとした飲み口となっている。アルコール度数は22度[3]~39.6度[4]

「青い珊瑚礁」という名称は小説および映画「The Blue Lagoon」の邦題として知られるが、本カクテルの英名は「Blue Coral Reef」であり、ブルー・ラグーンはウォッカをベースとしたカクテルである。

標準的なレシピ[編集]

  • ドライ・ジン - 40ml
  • グリーン・ペパーミント・リキュール - 20ml
  • マラスキーノ・チェリー - 1個
  • レモン - ハーフカットのものを用いる。

作り方[編集]

  1. カクテル・グラスのエッジ(縁のこと)をレモンで軽く濡らす。
  2. 材料をシェイクしグラスに注ぐ。
  3. チェリーをグラスの底へ沈める。

備考[編集]

オリジナルのレシピでは、カクテル・グラスのエッジをレモンで濡らすだけだが、最近ではグラニュー糖でスノー・スタイルにすることもある[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 新版 バーテンダーズマニュアル p263
  2. ^ a b HBAバーテンダーズ オフィシャルブック P228
  3. ^ 決定版 リキュール&カクテル大辞典 P22
  4. ^ リキュールで楽しむカクテル321 P45

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「新版 バーテンダーズマニュアル」福西英三監修、花崎一夫、山﨑正信共著、柴田書店、1995年(参照13版、2004年)。 ISBN 4-388-05765-7
  • 「カクテル大辞典800」成美堂出版編集部編、成美堂出版、2003年。 ISBN 4-415-02264-2
  • 「決定版 リキュール&カクテル大事典」渡辺一也監修、ナツメ社、2004年。 ISBN 4-8163-3734-2
  • 「リキュールで楽しむカクテル321 第2刷」小島武彦監修、日本文芸社、2004年。 ISBN 4-537-20233-5
  • 「2007新版 HBAバーテンダーズオフィシャルブック」社団法人日本ホテルバーメンズ協会著、ごま書房、2007年。 ISBN 978-4-341-13138-8