青丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
青丘駅
3番出入口
3番出入口
청구
チョング
Cheonggu
所在地 大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市中区青丘路朝鮮語版 地下77
所属事業者 ソウル交通公社
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線(5号線)
2面2線(6号線)
乗車人員
-統計年度-
7,982人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
15,951人/日
-2016年-
開業年月日 1996年12月30日
乗入路線
所属路線 5号線
駅番号 537
キロ程 28.8km(傍花起点)
(0.9km) 新金湖 538►
所属路線 6号線
駅番号 634
キロ程 24.0km(鷹岩起点)
◄633 薬水 (0.8km)
(0.7km) 新堂 635►
青丘駅
各種表記
ハングル 청구역
漢字 靑丘驛
平仮名
(日本語読み仮名)
せいきゅうえき
片仮名
(現地語読み仮名)
チョングヨク
英語 Cheonggu Station
テンプレートを表示

青丘駅(チョングえき)は大韓民国ソウル特別市中区新堂洞にある、ソウル交通公社である。

利用可能な鉄道路線[編集]

ソウル交通公社
5 5号線 - 駅番号は537
6 6号線 - 駅番号は634

歴史[編集]

駅構造[編集]

5号線ホーム
6号線ホーム

両線共に地下駅であり、5号線は島式ホーム1面2線、6号線は相対式ホーム2面2線を有する。

のりば[編集]

5号線のりば
上り 5 5号線 東大門歴史文化公園光化門忠正路汝矣島傍花方面
下り 往十里君子千戸河南豊山馬川方面
6号線のりば
上り 6 6号線 三角地孝昌公園前合井ワールドカップ競技場鷹岩方面
下り 東廟前高麗大石渓泰陵入口新内方面

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。なお、6号線の2000年は開業日の12月15日から12月31日までの17日間の平均である。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
5 5号線 乗車人員 5,234 3,860 3,828 3,920 4,135 4,343 4,454 4,443 4,410 4,100 [1]
降車人員 5,037 3,677 3,557 3,781 3,998 4,167 4,035 3,875 3,872 3,685
乗降人員 10,272 7,537 7,385 7,701 8,133 8,510 8,489 8,318 8,282 7,786
6 6号線 乗車人員 2,178 2,853 3,011 3,171 3,380 3,519 3,422 3,292 3,239 3,278
降車人員 2,490 2,805 2,988 3,155 3,297 3,475 3,567 3,620 3,656 3,587
乗降人員 4,667 5,658 6,000 6,326 6,677 6,994 6,989 6,912 6,895 6,865
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
5 5号線 乗車人員 4,075 3,999 4,124 4,220 5,124 4,303 4,012
降車人員 3,790 3,771 3,976 4,035 4,656 4,053 3,833
乗降人員 7,865 7,770 8,100 8,255 9,780 8,356 7,844
6 6号線 乗車人員 3,469 3,529 3,767 3,802 2,793 3,606 3,970
降車人員 3,685 3,707 3,853 3,915 3,208 3,811 4,137
乗降人員 7,154 7,235 7,620 7,717 6,001 7,417 8,107

駅周辺[編集]

ソウルの古くからの中心部に近い住宅地となっている。

隣の駅[編集]

ソウル交通公社
5 5号線
東大門歴史文化公園駅 (536) - 青丘駅 (537) - 新金湖駅 (538)
6 6号線
薬水駅 (633) - 青丘駅 (634) - 新堂駅 (635)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 서울도시철도공사 > 알림정보 > 자료실

関連項目[編集]