青山京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あおやま きょうこ
青山 京子
本名 小林 みどり
生年月日 (1935-11-23) 1935年11月23日(82歳)
出生地 日本の旗 日本 東京市世田谷区
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1952年 - 1967年
配偶者 小林旭(俳優、歌手)
主な作品
映画
生きものの記録』(1955年 黒澤明

青山 京子(あおやま きょうこ、1935年11月23日 - )は、日本の元女優。本名は小林 みどり。東京府東京市世田谷区(現東京都世田谷区)出身。夫は俳優・歌手小林旭

経歴 [編集]

香蘭女学校中等科卒業後、玉川聖学院高等部在学中の1952年に、東宝丸山誠治監督作品『思春期』に登場する女子高校生役のオーディションを受け、2000人の中から合格し、本名の中西みどり名義でデビューした[1]。映画公開後に青山京子と改名[1]。同年に退学処分となったために、文化学院へ転校して卒業。

東宝の5期ニューフェイスとして演技の勉強を続け、1953年以降50本余の東宝作品に出演した。中でも1954年の『潮騒』は相手役の久保明とのコンビで、女優として大きく躍進する作品となった。1958年にフリーとなり、松竹の『江戸遊民伝』など時代劇女優で脚光を浴び、1960年だけで18本の映画に出演する。1967年、小林旭と結婚して、引退した。

エピソード[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 思春期(1952年)
  • 生きる(1952年)※ノンクレジット
  • 春の囁き(1952年)
  • 吹けよ春風(1953年)
  • 恋人のいる街(1953年)
  • 飛び出した日曜日(1953年)
  • 母と娘(1953年)
  • 続・思春期(1953年)
  • 赤線基地(1953年)
  • 十代の誘惑(1953年)
  • 伊津子とその母(1954年)
  • よい婿どの(1954年)
  • 風立ちぬ(1954年)
  • 潮騒(1954年)
  • やんちゃ娘行状記(1955年)
  • 恋化粧(1955年)
  • 花嫁立候補(1955年)
  • 麦笛(1955年)
  • 制服の乙女たち(1955年)
  • くちづけ(1955年)
  • 朝霧(1955年)
  • 生きものの記録(1955年)
  • 若い樹(1956年)
  • 逃げてきた花嫁(1956年)
  • 暗黒街(1956年)
  • チエミの婦人靴(1956年)
  • 無法者の島(1956年)
  • 不良少年(1956年)
  • 現代の欲望(1956年)
  • 与太者と若旦那(1956年)
  • 好人物の夫婦(1956年)
  • 裸足の青春(1956年)
  • 哀愁の街に霧が降る(1956年)
  • 婚約指輪(1956年)
  • サザエさん(1956年)
  • 眠狂四郎無頼控(1956年)
  • 星空の街(1957年)
  • 雨情(1957年)
  • 続・サザエさん(1957年)
  • 花嫁は待っている(1957年)
  • 狙われた娘(1957年)
  • サザエさんの青春(1957年)
  • 智恵子抄(1957年)
  • 家内安全(1958年)
  • 東京の休日(1958年)
  • 裸の大将(1958年)
  • 弁天小僧(1958年)
  • すずかけの散歩道(1959年)
  • 天竜の鴉(1959年)
  • 江戸遊民伝(1959年)
  • 若き日の信長(1959年)
  • おしどり道中(1959年)
  • 紅あざみ(1959年)
  • 鳴門の花嫁(1959年)
  • 抱寝の長脇差(1960年)
  • 大江戸の侠児(1960年)
  • 右門捕物帖 地獄の風車(1960年)
  • まぼろし大名(1960年)
  • 清水港に来た男(1960年)
  • 嫁さがし千両勝負(1960年)
  • 恋しぐれ千両勝負(1960年)
  • 男ならやってみろ(1960年)
  • 姿なき暴力(1960年)
  • 若殿千両肌(1961年)
  • 尾張の暴れ獅子(1961年)
  • 赤穂浪士(1961年)
  • 月形半平太(1961年)
  • ちゃりんこ街道(1961年)
  • はやぶさ大名(1961年)
  • 権九郎旅日記(1961年)
  • ひばりのおしゃれ狂女(1961年)
  • 男の嵐(1963年)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本映画史研究(2) 東宝映画50年のあゆみ(2)』 19頁。

参考文献[編集]