青山光二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青山 光二(あおやま こうじ、1913年2月23日 - 2008年10月29日)は、日本の小説家

神戸市生まれ。第三高等学校を経て東京帝国大学美術史学科卒業。在学中の1935年、織田作之助らと同人雑誌『海風』を創刊する。戦後、『旅への誘ひ』(1948)などの私小説風連作を発表。1956年、「法の外へ」で直木賞候補。その後、任侠ヤクザ路線に移行し、『修羅の人』(1960)で再度直木賞候補、『小説新潮』賞を受賞。1976年、「竹生島心中」で三たび直木賞候補。1980年、大正末期の土木業者間の紛争「鶴見騒擾事件」を描いたノンフィクション小説『闘いの構図』で平林たい子文学賞受賞。ほかに『われらが風狂の師』は哲学者土井虎賀寿をモデルとした異色作である。1990年、日本文藝家協会永山則夫入会問題で、入会委員長として入会に強く反対した。2003年、90歳で、私小説「吾妹子哀し」で川端康成文学賞を受賞、異能作家の受賞で世間を驚かせた。

著書[編集]

  • 杏壇 通文閣 1941
  • 夜の訪問者 中央公論社 1949
  • 海辺の人 現代社・新書 1955
  • 青春の賭け 小説織田作之助 現代社 1955(のち中公文庫講談社文芸文庫)
  • 女ざかり 現代社 1956(現代新書)
  • 法の外へ 三笠書房 1956
  • 鬼辰の息子 現代社 1957
  • 指名手配 角川書店 1958(のち双葉ノベル
  • 殺人契約 角川書店 1960(角川小説新書)
  • 巷に日は昇る 大和出版 1961
  • 黒い日本人 角川書店 1962(角川小説新書)
  • 斗いの情景 圭文館 1963
  • 修羅の人 講談社 1965(のち角川文庫、「修羅一代」として徳間文庫
  • 獣の倫理 日本文華社 1969(のち「仁義」として徳間文庫)
  • ヤクザの世界 実業之日本社 1970(のちちくま文庫
  • 獣の献身 講談社 1971
  • 幕末剣侠伝 実業之日本社 1971
  • 顔斬り 三笠書房 1972
  • 終りなき賭け 講談社 1975(のち「博徒」として徳間文庫)
  • 喧嘩一代 海軍横須賀刑務所 光風社書店 1977(のち徳間文庫)
  • 喧嘩一代 残侠街をゆく 光風社書店 1977
  • 竹生島心中 文藝春秋 1977
  • サーカス無宿 光風社書店 1977
  • 札師 光風社書店 1978(のち角川文庫)
  • 福原心中 光風社書店 1978
  • 闘いの構図 新潮社 1979(のち文庫、朝日文庫
  • おれは賭場野郎 光風社出版 1980
  • われらが風狂の師 新潮社 1981(のち文庫)
  • 母なる海の声 新潮社 1987 ISBN 9784103323051
  • わが文学放浪 有楽出版社 1988 ISBN 9784408590301
  • 海景暮色 新潮社 1993 ISBN 9784103323068
  • 麗人 新潮社 1996 ISBN 9784103323075
  • 懐かしき無頼派 おうふう 1997 ISBN 9784273029890
  • 美よ永遠に Keats,my genius 新潮社 1998 ISBN 9784103323082
  • 砂時計が語る 87歳の作家の20世紀ア・ラ・カルト 双葉社 2000 ISBN 9784575290776
  • 純血無頼派の生きた時代 織田作之助・太宰治を中心に 双葉社 2001 ISBN 9784575292718
  • 吾妹子哀し 新潮社 2003 (のち文庫) ISBN 9784103323099
  • 食べない人 筑摩書房 2006