青山八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青山八幡宮
所在地 〒426-0009
静岡県藤枝市八幡997
位置 北緯34度53分02.6秒
東経138度16分23.0秒
座標: 北緯34度53分02.6秒 東経138度16分23.0秒
主祭神 誉田別命玉依姫命息長足姫命
社格 郷社
創建 天喜康平年間(1063年~1065年)?または寛治2年(1088年)?
例祭 9月15日
地図
青山八幡宮の位置(静岡県内)
青山八幡宮
青山八幡宮
テンプレートを表示

青山八幡宮(あおやまはちまんぐう)は静岡県藤枝市八幡(やわた)にある八幡宮である。

概要[編集]

藤枝市北部の潮山から南東に細長く伸びた尾根筋の末端に所在する。境内はかつて八幡山砦という城塞でもあった。

創建年代は不明だが、伝承によると奥州へ下向した源義家が、山城石清水八幡宮天喜康平年間(1063年1065年[1]、または1088年寛治2年)[2]勧請したことで成立したとされる。

武門の神として武家の信仰厚く、1591年天正19年)に豊臣秀吉から170石5斗の社領について諸役と山林竹木の役を免除する朱印状を発給されており、江戸時代に入ると徳川家康からの庇護を受けた。酒井忠利ら、歴代田中城主からも厚い崇敬を受けたという[3]

旧暦8月13日~15日には例大祭として放生会が開催され、流鏑馬が行われた[4]。大祭の神輿渡御に藤枝宿の屋台が付き従ったのを起源として「藤枝大祭り」が始まったという[5]

八幡宮での藤枝大祭りは1868年慶応4年)以降の神仏分離令により衰退してしまうが、1874年明治7年)に同市藤枝5丁目の飽波神社に引き継がれ、現在に続いている[6]。また八幡宮でも毎年新暦9月には例祭が行われている[7]

祭神[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「青山八幡宮」藤枝宿HP
  2. ^ 藤枝市史編さん委員会編 2013 pp.56、pp.102
  3. ^ 藤枝市史編さん委員会編 2013 pp.102
  4. ^ 藤枝市史編さん委員会編 2013 pp.56-57、pp.102-103
  5. ^ 「藤枝大祭り」藤枝市公式HP
  6. ^ 藤枝市史編さん委員会編 2013 pp.103
  7. ^ 「色づく秋に織りなされる神事と祭り」藤枝市公式HP

参考文献[編集]

  • 藤枝市史編さん委員会編 2013『図説 藤枝市史』 藤枝市

関連項目[編集]