青山吉次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
青山吉次
Aoyama Yoshitsugu.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文11年(1542年
死没 慶長17年(1612年
別名 与三、佐渡(通称)
墓所 富山県魚津市天神山
官位 従五位下佐渡守
主君 織田信長前田利家利長
加賀藩
氏族 青山氏
父母 青山信昌
前田利長養女長寿院山崎長徳
庄兵衛ら
長正
テンプレートを表示

青山 吉次(あおやま よしつぐ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将前田氏の家臣。加賀藩青山家の祖。官位従五位下佐渡守

生涯[編集]

天文11年(1542年)、青山信昌の子として尾張国で誕生。15歳の時に織田信長に仕えた。その後は前田利家に仕え、寺西九兵衛と前田利昌息女との子である長寿院[1]を正室に迎えた。

天正3年(1575年)、越前府中二十一人衆の一員として功績を称えられ1,000石を授かる。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは前田利長に従い功績を挙げ、2,000石を加増された。その後も末森城の戦い八王子合戦などに利家に従軍。天正13年(1585年)、佐々氏とそれに与力した飛騨の姉小路氏(三木氏)が富山の役秀吉に降伏し、前田家に越中国三郡(砺波・射水・婦負)が与えられると城生城の守将となる。

文禄4年(1595年)には利長に残る新川郡が加増され、上杉家の越中衆(土肥氏・柿崎氏・舟見氏など)から郡内の諸城を子の長正らと共に受け取る[2]文禄・慶長の役では利家に従い肥前国に行き、慶長3年(1598年)に従五位下佐渡守となる。慶長5年(1600年)に起こった大聖寺城の戦いの時、金沢城の守備にまわった。

慶長17年(1612年)6月に魚津で死去した。養子の長正が跡を継いだ。墓は天神山にある。長正は河尻秀隆の娘で芳春院の姪の末守殿とその前夫浅野左近の子である。

なお、吉次継室となった山崎長徳娘が産んだ次男・庄兵衛の次男は祖父・長徳の養子となり、大聖寺藩士山崎権丞家を立てた。

系譜[編集]

  • 父:青山信昌(?-1547?)
  • 母:不詳
  • 正室:長寿院 - 永寿院、前田利長養女、寺西九兵衛娘
  • 継室:山崎長徳
    • 次男:庄兵衛
  • 養子
    • 男子:青山長正

脚注[編集]

  1. ^ 婚礼前に前田利長養女となる。
  2. ^ 蒲生騒動(利家や景勝も大老として調停)に伴う上杉家の東蒲原と新川の交換による。「加賀藩文書」(前田育徳会など)に加増や城の受け取りを記した記録。

関連項目[編集]