青山学院大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青山学院大学硬式野球部(あおやまがくいんだいがくこうしきやきゅうぶ、Aoyama Gakuin University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。青山学院大学の学生によって構成されている。

創部[編集]

1883年(明治16年)、東京英和学校(青山学院の前身)にて、宣教師であったブラックレージ教授が学生に野球を教えたことで野球部が創設される。

歴史[編集]

1925年(大正14年)に東京新十大学野球連盟に加盟するが自然消滅。戦後の1951年(昭和26年)春季に東都大学野球連盟に加盟する。1953年(昭和28年)秋季リーグにて2部初優勝。

1972年(昭和47年)春、9回目の2部優勝にして入替戦で芝浦工大を下して、念願の1部初昇格。そこからは1部と2部を往復する時期が続いたが、1984年(昭和59年)春に小川博の活躍で中大を下して昇格してからは1部リーグに定着。このことが青学大野球部の知名度向上に大きく貢献。吉田直喜松山秀明奈良原浩など甲子園出場経験者が入部してくるようになり、特に松山から始まるPL学園とのパイプが大きな効果を上げる。1987年(昭和62年)に就任した河原井正雄監督のもとで1988年(昭和63年) 秋季リーグで初の1部リーグ優勝。

1993年(平成5年)、主将小久保裕紀を中心としたチームは、春季リーグ優勝で全日本大学野球選手権大会出場。初出場にして大学日本一となる。1996年(平成8年)も井口資仁澤崎俊和清水将海倉野信次を擁したチームで2度目の大学日本一と、全日本アマチュア野球王座決定戦を制してのアマチュア日本一となった。1999年(平成11年)には2年生エース石川雅規を擁し、3度目の大学日本一と春秋連覇を果たす。2005年(平成17年)も高市俊の活躍により4度目の大学日本一と春秋連覇を果たす。全日本大学野球選手権に滅法強く通算19勝1敗という驚異的な勝率で優勝4回と実績を残しているが、一方で明治神宮野球大会では優勝経験を持たない。

2009年(平成21年)に国士舘大に敗れて25年ぶりの2部降格。翌年春に返り咲くも、2014年(平成26年)秋に専大に敗れて再度降格。河原井監督が退任し、善波厚司が新監督となる。しかしそれ以降1部に復帰できないままであり、2017年(平成29年)には河原井が監督に復帰した。

本拠地[編集]

神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1(相模原キャンパス内、合宿所も併置)

相模原キャンパス設立前は横浜市港北区綱島にグラウンド、合宿所を設置

記録[編集]

主な出身者[編集]

Category:青山学院大学硬式野球部の選手を参照。

選手[編集]

マネージャー[編集]