青山学院大学陸上競技部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

青山学院大学陸上競技部(あおやまがくいんだいがくりくじょうきょうぎぶ)は、青山学院大学陸上競技チームである。青山学院大学体育連合会並びに関東学生陸上競技連盟に所属する。1918年創部。活動は主に神奈川県相模原市に構えている。

長距離ブロック[編集]

長距離ブロック・男子の部は1943年靖国神社・箱根神社間往復関東学徒鍛錬継走大会東京箱根間往復大学駅伝競走へ初出場。その22年後の1965年の第41回大会に再び出場を果たし、以降12年連続出場・シード権獲得を2回達成している。しかし、アンカーがゴール150m手前で途中棄権をした1976年の第52回大会を最後に箱根路から遠ざかる。

2004年中国電力で営業マンをしていた原晋(2019年度より、当大学地球社会共生学部教授・兼務)を招聘。5年後の第85回箱根駅伝2009年)記念大会に於いて、史上最大のブランクとなる33年ぶりに同陸上部の出場を果たしたが、総合22位だった[1]

2009年の第41回全日本大学駅伝対校選手権大会に初出場・15位。翌年の第86回箱根駅伝2010年)大会では8位に躍進し、41年ぶりのシード権を獲得[2]

2010年、第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走に初出場・11位。2年ぶり2回目出場の第43回全日本大学駅伝は9位。第87回箱根駅伝2011年)は、10区・アンカーにおいて他3校(日本体育大学國學院大学城西大学)とゴール寸前迄壮絶なシード権争いのデッドヒートを展開し、9位と2年連続してシード権獲得[3]

2011年、2年連続2回目出場の第23回出雲駅伝で10位。2年ぶり2回目出場の第43回全日本大学駅伝は9位。第88回箱根駅伝2012年)は往路・復路共に7位ながら、青山学院大学としては当時史上最高位の総合5位に食い込んだ。

2012年、3年連続3回目の第24回出雲駅伝で「三大大学駅伝」初優勝を達成[4]。だが、第89回箱根駅伝2013年)では8位に終わった。

2013年からアディダスとのパートナーシップ契約を結んだ。

2013年、第25回出雲駅伝は5位、第45回全日本大学駅伝は6位。第90回箱根駅伝2014年)でも最高位タイの総合5位に留まった。

2014年、第26回出雲駅伝は平成26年台風第19号の上陸に伴い、同大会初の開催中止[5]。第46回全日本大学駅伝は3位。第91回箱根駅伝2015年)では、ついに青山学院大としても史上初となる悲願の総合初優勝を成し遂げた[6]

2015年、第27回出雲駅伝で3年ぶり2回目の優勝。第47回全日本大学駅伝で2位。第92回箱根駅伝2016年)で 2年連続の総合優勝を果たした。全区間を首位で通過する完全優勝は、第53回大会の日体大以来、39年ぶりのことである[7]

2016年、第28回出雲駅伝で2年連続3回目の優勝を皮切りに、第48回全日本大学駅伝でも初優勝。第93回箱根駅伝2017年)で完全優勝による3連覇と「大学駅伝三冠」を初めて達成した[8]

2017年、第29回出雲駅伝で2位。第49回全日本大学駅伝で3位。第94回箱根駅伝2018年)において、往路は東洋大学に36秒差で先を越されたが、翌日の復路では圧倒して史上6校目となる4連覇を果たした[9]

2018年、第30回出雲駅伝で2年ぶり5回目の優勝、第50回全日本大学駅伝も2年振り2回目の優勝を達成。第95回箱根駅伝2019年)で2年ぶり2回目の「大学駅伝三冠」と、及び史上3校目となる5連覇を狙ったが、往路6位の大きな出遅れが響き、総合では2位に終わった(復路は5年連続で首位。総合優勝は東海大学[10]

2019年、第51回出雲駅伝で5位。第51回全日本大学駅伝で2位。第96回箱根駅伝2020年)において、2年振り5回目の総合優勝。

2020年4月、長距離ブロック男子新コーチに加藤学園高等学校・元監督の勝亦祐一が就任[11]

第32回出雲駅伝は新型コロナウイルス感染拡大による影響で、6年ぶり2度目の同大会中止[12]

原晋の指導法、メディア出演など[編集]

原晋・長距離ブロック男子監督のその指導法は、NHKテレビでのインタビュー番組によれば、徹底した対話重視や、生徒自身からの自律・自主性を重んじるルール作りを特徴とする。監督の立場からの高圧的な指示を一切せず、生徒達の自律的な相互対話の中から、前向きの動きが出てくることを大事にしている。その上で原晋は「監督が毎日居なくても一々指示を出さなくても、部員達がそれぞれがやるべきことを考えて、実行できるチームだから強くなるのです。つまり『指示待ち集団』ではなく、『部員自らで考える集団』。そういう意味でも私の定位置は、やはりチームから離れた場所で全体を見ていないと、監督の仕事が出来ないというのがモットーです」等とコメントしている[13]

しかしその反面で、大学入学時から全く結果が出ない選手に対しては2軍の寮へ降任、原監督からの指導を一切受けさせない。さらに2軍選手の芽が出なさそうと感じたり、毎日の生活習慣が乱れていたり、怪我の完治が見込めない等と判断すれば、監督自らが選手達に即陸上部からの退部やマネージャーへの転向を勧告するなど、非常にシビアな部分も持っている[14][15]

第91回箱根駅伝・総合初優勝以降の原は、テレビラジオを始めとするマスメディア関連の出演が急激に増加中。TBSテレビ系のスポーツ・バラエティ番組消えた天才』(2019年8月25日限りで不祥事発覚の為打ち切り)へはかつて準レギュラーとしての登場や、2017年10月期のTBS系連続ドラマ『陸王』では、陸上競技総監修の任務と及び本人役での出演に留まらず、またTBS系期首特別番組オールスター感謝祭』では、2015年秋から現在までほぼ毎回「赤坂5丁目ミニマラソン」の実況解説者を務めたり、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』、フジテレビ系『VS嵐』などにもゲスト出演している。

他にも、朝のワイドショー番組『ビビット』(TBSテレビ系・2019年9月27日限りで番組終了)へは、2018年4月から2019年9月まで1年半の間に毎週水曜日のレギュラー生出演を始め、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)『ひるおび!』(TBS系)等情報番組へ、コメンテーターとしての不定期登場や、さらには日本のマラソン国際大会(福岡国際マラソン別府大分毎日マラソン等)でのゲスト解説を担当するなど、原独自による陸上界の活性化も平行して活動を行っている。そして、2018年度の中学校向けの道徳の教科書には箱根連覇の話題が採用され、選手達の日々の生活を通じてライフスタイルを考えさせる教材としても使われている。

大学駅伝成績[編集]

太字は総合優勝達成・及び大作戦名、取り消し線は開催中止の駅伝大会)

年度 主将 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
2004年度 佐藤良仁 第16回

不出場

第36回

不出場

第81回

不出場(予選会16位)

2005年度 大中健嗣 第17回

不出場

第37回

不出場

第82回

不出場(予選会13位)

2006年度 古矢真志 第18回

不出場

第38回

不出場

第83回

不出場(予選会16位)

2007年度 檜山雄一郎 第19回

不出場

第39回

不出場

第84回

不出場(予選会10位)

2008年度 先崎祐也 第20回

不出場

第40回

不出場

第85回

22位(予選会13位)

2009年度 荒井輔 第21回

不出場

第41回

15位

第86回

8位(予選会8位)

2010年度 小林駿祐 第22回

11位

第42回

不出場

第87回

9位

2011年度 川村駿吾 第23回

10位

第43回

9位

第88回

5位

2012年度 出岐雄大 第24回

優勝

第44回

不出場

第89回

8位 「マジンガーZ大作戦」

2013年度 井上尚樹 第25回

5位

第45回

6位

第90回

5位 「S大作戦」

2014年度 藤川拓也 第26回

台風19号接近により開催中止)

第46回

3位

第91回

優勝 「ワクワク大作戦」

2015年度 神野大地 第27回

優勝

第47回

2位

第92回

優勝 「ハッピー大作戦」

2016年度 安藤悠哉 第28回

優勝 「神ってるぞ 青山大作戦」

第48回

優勝 「エビフライ大作戦」

第93回

優勝 「サンキュー大作戦」

2017年度 吉永竜聖 第29回

2位 「陸王大作戦」

第49回

3位 「青山祭大作戦」

第94回

優勝 「ハーモニー大作戦」

2018年度 森田歩希 第30回

優勝 「ヨロシク大作戦」

第50回

優勝 「メラメラ大作戦」

第95回

2位 「ゴーゴー大作戦」

2019年度 鈴木塁人 第31回

5位 「出てこい! 駅伝男大作戦」

第51回

2位 「私、失敗しないんで大作戦」

第96回

優勝 「やっぱり大作戦」

2020年度 神林勇太 第32回

新型コロナウイルス感染拡大で中止)

第52回 第97回

短距離ブロック女子[編集]

短距離ブロック女子も2013年の第82回日本インカレにて4×400mリレー初優勝[16]。2014年の第83回同大会にて4×100mリレーで初優勝を果たし、メンバーの藤森安奈は100mでも初優勝の2冠[17]

関係者[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 【箱根への道】知られざる青学の歴史”. 報知新聞 (2015年1月21日). 2015年2月24日閲覧。
  2. ^ 第86回箱根駅伝 本学は総合8位でゴール! 41年ぶりにシード権を獲得しましたご声援ありがとうございました 青山学院大学
  3. ^ 第87回箱根駅伝、シード権を巡るゴール寸前のギリギリバトルの中でコースを間違えるアクシデント - GIGAZINE
  4. ^ 青山学院大学が箱根駅伝を面白くする(かも)。- ほぼ日刊イトイ新聞
  5. ^ 「第26回出雲駅伝」は、天候の急変により安全確保が出来ない為、中止いたしました。 第26回出雲駅伝公式サイト・2014年10月13日掲載
  6. ^ 青学大 独走で初優勝/箱根駅伝詳細 日刊スポーツ・2015年1月3日掲載
  7. ^ “青学、2年連続2度目の総合優勝…全区間で首位”. 読売新聞. (2016年1月3日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/ekiden/2016/news/20160103-OYT1T50090.html?from=ycont_top_txt 
  8. ^ “青学、箱根3連覇…「大学駅伝3冠」も達成”. 読売新聞. (2017年1月3日). http://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/2017/news/20170103-OYT1T50050.html 2017年1月4日閲覧。 
  9. ^ “【箱根駅伝】青学大・原監督「ライバルはサッカー界、野球界」熱い言葉の裏で大学院で方程式学ぶ”. スポーツ報知. (2018年1月3日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000047-sph-spo 2018年1月4日閲覧。 
  10. ^ 青学大、無念…5連覇ならず総合2位 意地の区間賞連発も届かず スポニチ・2019年1月3日掲載
  11. ^ 青学大、新コーチに元加藤学園高監督の勝亦祐一氏が就任…原晋監督、V6へ“参謀”補強 スポーツ報知・2015年3月15日掲載
  12. ^ 「第32回出雲全日本大学選抜駅伝競走」開催中止について 第32回出雲駅伝公式サイト・組織委員会、2020年7月27日掲載
  13. ^ 青学・原監督「強いチームは指示待ちしない」 2年ぶり王座奪還、名将が作ってきた強い組織 東洋経済オンライン スポーツ・2020年1月3日掲載
  14. ^ ユーモラスな言葉や笑顔が印象的な青学・原監督の「別の顔」 Livedoor NEWS・2015年11月19日掲載
  15. ^ 青学V「最弱」から「格好いい4年」厳しさで変化 日刊スポーツ・2020年1月4日掲載
  16. ^ “【陸上競技】女子短距離、マイルリレー念願の優勝!!”. 青山スポーツ (日刊スポーツ). (2013年9月9日). http://univ.nikkansports.com/press/aoyama/rikujou/012925.html 2015年1月3日閲覧。 
  17. ^ “陸上競技部(短距離)女子が「第83回 日本学生陸上競技対校選手権大会」において2種目で優勝” (プレスリリース), 学校法人青山学院, (2014年9月10日), http://www.aoyama.ac.jp/sp/info/news/2014/01702/ 2015年1月3日閲覧。