青山幸完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青山幸完
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦2年5月28日1752年7月9日
死没 文化5年11月8日1808年12月24日
戒名 賢明院殿義興仁山大居士
墓所 東京都港区南青山の長青山寶樹寺梅窓院(浄土宗
官位 従五位下大膳亮
幕府 江戸幕府 奏者番若年寄
主君 徳川家治家斉
美濃郡上藩
氏族 青山氏
父母 父:青山幸道
兄弟 男子二人、幸完、幸卓、幸賢、
妻木頼功、秋田倩季継室、青山幸発正室
正室:水野忠友
側室あり
幸孝、蔵(毛利就寿婚約者、後に水野勝愛正室)、勝(森川俊知正室、後に遠山景祥正室)

青山 幸完(あおやま よしさだ/ゆきさだ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名美濃国郡上藩2代藩主。郡上藩青山家6代。

略歴[編集]

宝暦2年(1752年)、初代藩主・青山幸道の三男として誕生。庶子であったが宝暦13年(1763年)に嫡男とされた。

安永4年(1775年)、父の隠居により家督を継ぎ、奏者番若年寄などを歴任する。松平定信寛政の改革が始まると、その与党として改革に協力したが、寛政3年(1791年)9月に病に倒れて辞職する。1,300両の借金をするなど、藩財政の窮乏化が進んだ。また、藩校・潜竜館を設置している。天明の大飢饉が起こると、一揆の起こりそうな様相を見せるなど、藩政は不安定であった。

その後も寺社奉行・若年寄などを歴任したが、文化5年(1808年)11月8日、死去。享年57。跡を長男・幸孝が継いだ。

因みに徳川家慶の「慶」の読みを憚って、幸完の代から「幸」の読みを「よし」から「ゆき」と改めた。