青山忠正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青山 忠正(あおやま ただまさ、 1950年(昭和25年)6月 - )は、日本歴史学者佛教大学歴史学部歴史学科教授東京都出身。専門は日本近代史(明治維新政治史)。

経歴[編集]

1976年に東北大学文学部卒業。東北大学大学院文学研究科博士課程満期退学。2000年博士(文学)(東北大学、学位論文「明治維新と国家形成」)。

1983年東北大学助手・1986年大阪商業大学専任講師・1990年同助教授・1996年佛教大学総合研究所助教授・1996年同教授などを経て2005年より現職。

明治維新史学会理事(2000年)。

2006年第4回佛教大学学術賞受賞。

著書[編集]

  • 『幕末維新 奔流の時代』(文英堂、1996年)
  • 『明治維新と国家形成』(吉川弘文館、2000年)
  • 『明治維新の言語と史料』(清文堂出版、2006年)
  • 『幕末維新の個性5 高杉晋作と奇兵隊』(吉川弘文館、2007年)
  • 『佛教大学鷹陵文化叢書18 明治維新史という冒険』(思文閣出版、2008年)
  • 『日本近世の歴史6 明治維新』(吉川弘文館、2012年)
  • 『明治維新を読みなおす』(清文堂出版、2017年)